2003年夏実施
青森県2次試験情報

ロコタンさんより提供していただきました

Nov.27,2003

 記憶に頼る大変なことであるにもかかわらず、青森県2次試験の報告をしてくださいました。来年度の受験生にとって、貴重な情報になります。ありがとうございました。浩@管理人

1日目

○性格検査・・・YG性格検査(マークシート)

○論作文・・・「教育は人づくり」といわれますが、あなたはこれをどう受け止め実践しますか。社会(?)の現状と自分の体験を踏まえて具体的に書きなさい(50分)。


2日目

○模擬授業(7分)
模擬授業は 個人面接の中に含まれる。模擬授業が終わったらそのまま個人面接になる。30分前に控え室で模擬授業のテーマが渡され、構想を練る。メモをしてもよいが、後で回収される。時間帯、受験区分によってテーマが違うらしい。A、B二つのうちから好きなほうを選べる。 私の場合は小学校で受験して、

A あなたは「小・中学校○年一組(自分で設定できる)」の担任です。あなたの担任するクラスは○○大会(体育大会かな?)で一致団結し優勝しました。このこと(団結力)を今後にいかしていくために、学級の時間を使って子どもたちに話しなさい。・・・といった意味の内容でした。詳しくは忘れました。

B あなたは「小・中学校○年1組(自分で設定できる)」の担任です。あなたの担任するクラスで、数名の子が放課後残って教室のごみを拾っていました。このことを翌日の学級の時間に子どもたちに話しなさい。

○個人面接(30分)
@模擬授業について
・そのテーマを選んだ理由。
・子どもたちにどんなことを訴えたかったのか(=ねらい)。
・点数をつけるとしたら何点か。
・その他、ねらいから派生した質問がいくつか聞かれた。(私の場合はBを選択し、”褒める”ときに気をつけなけらばならないことについて、など)→結構しつこく聞かれた。
☆黒板とチョークと教卓をイメージした机がある。受験生と三人の面接官のみ。

A学級経営について
・不登校の子を迎えに行った子が遅刻してきたらどう指導するか。
・授業中好き勝手なことをしている子にどう指導するか。
・個性を伸ばすための教育。
・担任をもったらどんな学級にしたいか。
☆抽象的なことを言うと、確認されたりつっこまれたりする。

B面接調書(個票)について
・資格について、なぜその資格をとろうとしたのか。(私の場合は”ラジオ体操指導員資格”について。資格をとったきっかけと、ラジオ体操のよさについて)
・体力に自信はあるか。
・赴任地はどこでもいいとあるが、本当にどこでも大丈夫なのか。
・青森県以外にどこかの県を受験したか。
・民間を考えなかったのか。
☆自分の特技や資格についてしゃべれるようにしておくべき。


 試験日から時間がたってしまったので、記憶はあいまいになってしまいましたが、だいたい上記のような感じです。わりと和やかな雰囲気で行われました。私は未熟者ですので、模擬授業で7分はキツかったです。去年は4分で生徒指導系統のテーマだったらしいです。”うしろのこくばん”でロールプレイングのスレッド(トップページの倉庫「卒業文集」にアップする予定です。現在、「うしろのこくばん」で読むことができます・・・浩)がありましたが、私も同じ意見です。一人芝居で子どもの反応を踏まえたリアクションをしなくては間がもちませんでした。
 50代くらいの男性の面接官が3人座っていらっしゃっいましたが、模擬授業の間は何の反応もありませんでした。私は恥を捨てて、はじめに「おはようございます!」と挨拶をして、「声が小さいな、もう一回!!」などと時間配分を考慮して授業をはじめました。せっかくある黒板も使わなくては!と焦り気味で、板書にも苦しみました。模擬授業で間を持たせる効果的な方法があったらいいですね。

ありがとうございました。浩@管理人

トップページへ   人物重視試験情報・もくじへ

 浩の教室・トップページへ