2003年夏実施
茨城県2次試験情報

pikoさんより提供していただきました

Oct.18,2003

 記憶に頼る大変なことであるにもかかわらず、茨城県2次試験の人物重視試験および実技の報告をしてくださいました。来年度の受験生にとって、貴重な情報になります。ありがとうございました。浩@管理人

小学校
1日目

・適性検査
(MMPIの簡易版。550問中前半400問分を答える)60分

・小論文(小中共通、持ち帰り可。マス目がある横書き、800字)60分
 「新学習指導要領においては、体験活動等を生かした心に響く道徳教育を推進することが求められています。そのかなめである道徳の時間において、体験を生かした心に響く道徳の授業をあなたはどのように展開していきますか。具体例を挙げながらあなたの考えを800字以内で述べなさい」

・集団討論(7人。席は8人分あった。受験生だけの机で円を作る。 試験官は円の外側に3人いた。問題兼メモ用紙は回収された。)50分
 「基礎基本を大切にする学習指導を進めるにあたって考えなければならないこと」といった内容。メモはしてよいが 持ち帰りはできなかった。はじめに一人2分程度考えを述べてから、自由に討論をする。司会は立てない。 面接官は移動しながら、一人ひとりの表情もみていたようだ。 最後にグループとしての意見をまとめて発表する。発表者も自由。

・個人面接 30分
 面接官は3人。2次試験の要項に書いてある自己PRを3分メモを見ないで発表する。 私は3分内で収まったが、3分過ぎると途中で切られたようだ。前半はおもに、自己PRからの質問。後半は他の自治体で実務経験があったのでその時の話を聞かれた。「子どもをしかれるのか」など圧迫に近い形で聞かれた人もいたそうだ。(他の受験生からの話)

2日目

・ピアノ実技(一番のみ。3分)
 小学校の共通教材から1曲選択して弾き歌い。楽譜を2部コピーしておき試験官に1部渡す。昨年は時間で演奏を切ると聞いていたので3番まで練習して行ったが、今年は「1番まで」と指定された。簡易伴奏、本伴奏の指定はないので自分の能力に合わせて選んだ。(私は簡易伴奏)

・基本の運動 90分ほど  

・マット運動(倒立前転→開脚前転→後転→開脚後転)練習後、一人ずつ行った。  

・バスケットボール3on3(受験番号で区切られ約3分の試合形式で行われた)

ありがとうございました。浩@管理人

トップページへ   人物重視試験情報・もくじへ

 浩の教室・トップページへ