2003年夏実施
大阪府2次試験情報

役多さんより提供していただきました

Dec.16,2003

 記憶に頼る大変なことであるにもかかわらず、大阪市2次試験の人物重視試験の報告をしてくださいました。来年度の受験生にとって、貴重な情報になります。ありがとうございました。浩@管理人

大阪府二次試験(小学校)の情報です。

集団面接 約40分 (第二面接室)
個人面接 約8分 (第一面接室)

*必ず集団面接→個人面接の順番でした。
2年前は当日で、集団面接→個人面接というグループと、個人面接→集団面接というグループがありました。

集団面接
受験生6名 (女性4名 男性2名)
面接官 3名 (男性のみ)

面接官一人だけが話し&質問をする。他の2名は個票を見ているのか、私たちの様子を見ているのか、一言も発せず。

質問1:みなさん講師をされていると思いますが、受け持っている学年と 最近、難しかった、もしくは困難な経験をお聞かせください。

では、今から集団討論をしていただきますが、司会者を立てずに、結論をださなくてもいいです。テーマ「みなさんは講師を経験されていますが、 新卒の人のと違い・負けない点をみなさんで討論してください」 受験生、全員で2〜3回の発言がありました。

討論の中での内容についての質問がされました。
○ 皆さんは自己評価してフレッシュ(新鮮さ)を持っていますか?
○ 子どもにどんな教育・力を付けさせることができますか?30秒考える時間をあげます。挙手制で答えてください。

もっと質問があったと思うのですが、忘れました。ただ、女性の受験生の発言に対して、面接官が一言、突っ込んでいました。場合によっては、その受験生に答えさせたり、時間が無いからか、突っ込みぱなしということもありました。

個人面接
○ 試験が終わったら何をしますか?
○ 小学校を志望した理由?
○ 社会以外で得意な科目?その理由?
○ 苦手な科目?その理由?
○ 高校の正採を辞めた理由
○ オーストラリアでのサッカーコーチライセンスの内容
○ 小学生でどんな力をつけられるか?
○ 30秒でアピールしてくだい。

個人面接では、すべて手短に、簡潔に質問内容に答えなければならなかった。長くしゃべると、「はい!わかりました」と間があいたところできられる。個人面接はほとんどが、その人の特性に対してのもので、一般的な質問はよっぽどのことがない限り、質問されないと思われます。

1次の面接でもそうであったが、質問に対して、自分の言葉で話すことが求められる。教科書・答申などに載っている言葉を引用するのでは駄目ですね。面接官は引用、もしくは、 一般論的な答えに対しては、これでもか!というぐらいに突っ込んできていました。 受験生のオリジナリティ(個性)を発揮しないといけないのではないかと痛感させられた。

では、新卒にそんなことを求めるのかというと・・そうではないと、今回の大阪府の2次試験の 面接を受験するにあたって情報を集めたが、一貫性が全くなく・・・そのグループに適した 面接を用意しているのではないかと思われる。あるグループでは、ロールプレイングを課したり、 「100万円あったらどうしますか?」など何を質問されるか分からない。

この傾向が今後も続くのかというと不確実であるが、大阪府の対策としては、教職教養の知識をどれだけ自分の中に取り込んで、それを自分らしさに変えていくかがポイントになってくるのではないかと思われる。

ありがとうございました。浩@管理人

トップページへ   人物重視試験情報・もくじへ

 浩の教室・トップページへ