2004年夏実施
大阪府1次・2次試験情報

きみこさんより提供していただきました

Nov.23,2004

 記憶に頼る大変なことであるにもかかわらず、1次・2次試験問題・人物重視試験の報告をしてくださいました。来年度の受験生にとって、貴重な情報になります。ありがとうございました。浩@管理人


平成17年度大阪府教員採用試験(中学社会) 試験情報

●一次/集団面接(25分。面接官2人。欠席者がいたため4人グループ)

1 今朝、新聞読んできましたか(挙手させる。「おお、全員ですね」の声)。ではその中から1つ記事を選んで、どんな授業をしますか(挙手制/全員)。
2 部活動などで、教育的愛情や熱心のあまりちょっと叩く、という体罰についてどう思う?(挙手制/全員)
3 「これだけは誰にも負けない、だから自分を採用してくれ」という点をアピールして下さい。(端から全員)。
4 制服をミニスカートにして登校した生徒がクラスに一人いたとして、どんな指導しますか。(全員。「これは男性から答えていただきましょうか」という指示) 。
5 やんちゃな生徒が、「新任の教師を困らせたろ」という感じで質問してきた。生徒が目の前にいると仮定して答えて欲しい(いわゆるロールプレイ。端から全員)。
(質問)「先生、明智光秀は何で信長を殺したんやろな?」「信長がそのまま生きてたら、どうなってたやろな?」「信長が生きてたら、天皇さんをどうしたやろな?」「信長が生きてたら、そのあとどういう社会になってたやろな?」
6 できれば誰にも言いたくない、秘密にしておきたい、という自分の欠点を教えて欲しい(端から全員)。

※面接官はおだやかな方で、こちらの緊張をほぐしてくれるような、くだけた口調で話しておられた。
※面接官は圧迫ではないが、答えた内容に突っ込んで来ることも多々あった(例 「大企業にお勤めじゃないですか!いいんですか、給料減りますよ」など)。

●二次/集団討論 (25分。面接官3人。6人グループ)

テーマ 「中学校教員として必要な資質について、25分で討論してください」
※討論をはじめる前に、椅子を扇形に並べ替えるよう、指示される。
※テーマが発表される前に、自己紹介として、受験番号、氏名、自分は他人からどのような人だと言われるか、一言で述べる。
※司会は立てず、結論は出さなくてよい。時間が来たら切られる。答える時は考えのまとまった方から手短に、と指示される。

●二次/集団面接 (10分くらい。面接官3人、質問するのは1人のみ。6人グループ)

1 地域が学校に求めるものは何だと思うか。(挙手制/全員)
2 いま現在、中学校教員としての資質を高めるために努力していることを具体的に述べよ。(挙手制/全員)
※集団討論に引き続き、同じ部屋で行われる。集団討論と集団面接を合わせて40分、と控室で事前に目を通した注意事項の紙に書いてあった。
※扇形に並べた椅子を、再び横一列に並べ戻してから面接が始まる。
※答えた内容について、さらに詳しく突っ込んで質問された人もいた。

●二次/個人面接 (12分。面接官3人、質問するのは1人のみ)

1 受験番号、氏名、他の人はあなたのことをどういう人だと言うか。
2 集団討論はどうだったか。何点くらいか。
3 (個票の職歴を見て)ずっと高校でお勤めだったようだが、どうして中学を志望するのか。
4 (個票に書いた授業の失敗談について)差しつかえなければもっと具体的に教えて欲しい。
5 (個票を見て)教育実習で中学校に行かれたようだが、印象に残っていることはあるか。
6 実習した中学校で、今の子どもはこんなところが自分と違うなと思う点はあったか。
7 授業にいつも、教科書などの準備せずにやってくる生徒に対して、どう指導するか。
8 (個票を見て)クラブを色々とやって来ているようだが、これほど色々クラブを変えているのはなぜか。
9 保護者はどのようなことを学校に望んでいて、どのように連携していくか。
10 大阪府があなたを採用するとこんなに良いことがある、というアピールを20秒で。

※質問してくる面接官は、丁寧に話を聞いてくださったという印象でした。


ありがとうございました。浩@管理人

トップページへ   人物重視試験情報・もくじへ

 浩の教室・トップページへ