2004年夏実施
埼玉県1次・2次試験情報

ZIPさんより提供していただきました

Sept.30,2004

 記憶に頼る大変なことであるにもかかわらず、1次・2次試験問題・人物重視試験の報告をしてくださいました。来年度の受験生にとって、貴重な情報になります。ありがとうございました。浩@管理人


埼玉県小学校

1次

 図工の実技は、定番「手」です。今回は「水をすくう手(水の質感が分かるように)」でした。 また、県教委だよりから問題が出たりします。(教育予算のところや教育週間の日にちなど) インターネットで入手できますので、目を通しておくこと。

 面接について 質問事項が数たくさんあるので試験員によってちがいますが、 自分の長所(一つ)、教員の欠格事項と法規名、教育委員の設置の法規名 など、法規も聞かれる可能性がありますので、注意を!

2次

 今回は場所が2ヶ所で行われました。受験番号によって違うのですが、同じ駅の南と北にある小学校を使用しています。間違えないように・・・

 実技試験 予定表を見てもらうと分かるように、人によってはピアノのあと時間が空くので対策を。お昼の後、時間があるのでお昼はしっかり食べてもよいかもしれない。

 鉄棒は、逆上がり→腕支持後方回り→腕支持前方回り(連続2回)を行う。3つの技は連続ではなく、試験員の合図で次の技を行う。失敗したら次の技を行い、やり直しはなし。今回は、練習して列の後ろに並び直すのではなく、すぐに本番でした。

 水泳は平泳ぎ→クロールの順、50秒経つと笛が鳴り途中でもやめる。(25mだけ練習有り)

 論文
「教育力のある教員とは、またそのために自分が努力し、実践していることを述べる」 ※ちょっと題は、あやふやですが、こんな感じのことです。

 模擬授業
面接の直前(5分ぐらい前)に待っている廊下で手渡される。 黒板を使用してもよい。
 今回は3・4年生の国語「読む指導」について。(「場面や情景が分かるように読む」だったかな?) 教材は、「ゆうひのゆうびんやさん」という詩でした。

 個人面談
 質問事項が数たくさんあるので試験員によってちがう。今回は、
読書に対する学校の取り組み。
基礎・基本について、またその取り組み。
できない児童へ、どう対応するか。
地域の教育力について。
体力向上について学校での取り組み。
自分が一つだけ教員としてやっていくこと。

場面指導
 受験番号の若い順に行う。その場で紙を引いて読み上げすぐに指導を演じる。その他の受験生は児童役を演じる。5分間で行い、終わったら次の人が紙を引いて読み上げ指導を演じるの繰り返し、全員が終わったらそれに対して意見交換を行う。
明日が夏祭りでそれに対する指導。
林間学校の班行動に対する指導。
図書館が町にできた。それに対する指導。
うわばき隠しがあったときの指導。
1学期に不登校だった児童が明日から学校へ来る時の指導。
遠足で天候が不安な時(雨の可能性もある場合)の持ち物の指導。
グルーピングで一人になってしまう児童がいる時の指導。

指導は全て個人ではなく、クラスへの指導です。

※午前と午後の途中で問題が変わっていたので、前の人の情報を聞く場合には注意。集団面接 初めに同じ時間帯の人全員が部屋に入り、提出書類の確認をする。
※ 成績は卒業した大学のものでOK。通信で免許を取った人は卒業大学の1通でよい。
※健康診断ですが、漏れのある人が多いです。とくに聴力を数値で書いていないことが多い。

1分間で自己紹介。 いじめがあったら、どうするか。 県の3つの達成目標を一ついう。 またどれが重要か理由も。 子供を知る、子供の目線にたつとは具体的に。また、そのために自分がすることは、指導力のある教員とはどんな教員か。昨年度では法規を聞かれたり、細かいところまで突っ込んで聞かれたこともあったそうです。

一般


全科


ありがとうございました。浩@管理人

トップページへ   人物重視試験情報・もくじへ

 浩の教室・トップページへ