2004年夏実施
大阪府2次試験情報

ルパンさんより提供していただきました

Sept.27,2004

 記憶に頼る大変なことであるにもかかわらず、2次試験問題・人物重視試験の報告をしてくださいました。来年度の受験生にとって、貴重な情報になります。ありがとうございました。浩@管理人


大阪府2次面接試験レポート(高校 理系科目)

1.タイムテーブル

13:00 集合
場所:大阪府立労働センター(エル・おおさか)
地下鉄谷町線、京阪電車 天満橋 徒歩5分

13:00 控室に入室
      受験番号順に5〜6名で1グループ
      教育委員会職員の方より説明
      受験票,面接個票の提出
      鉛筆で登録用紙に記入(氏名、住所、電話番号、受験校      種、取得免許等)

13:15 集団討論のため面接室に移動

13:20〜13:45 集団討論(25分)

13:45〜14:00 集団面接(15分)

14:00〜15:00 個人面接(12分/人)

(集団討論・集団面接と個人面接では部屋を交替)

2.集団討論

  面接官 3人(a,b,c共に50代男性)
  面接官a 主に説明
  面接官b 集団面接時に質問
  面接官c 何も話さずに観察するのみ

  テーマ 「これからの教員に求められる資質」(25分)
  注意点 @司会者の役割は決めない。
      A他の人に聞き易く、話が途切れないようにする。
      B時間が限られているので、一人の人がしゃべりすぎない。集団討論の時のみ、席は馬蹄形
       
  グループメンバー 5名

3.集団面接

集団討論に引き続き(15分)

すべて面接官bの質問
「今後教壇に立ったときに自分に必要な資質と、それをどのようにつけるか」 (挙手で一人1分)
「生徒との信頼関係を築いていくために特に注意したい点」 (挙手で1人30秒)
「生徒の目線に立ってという場合に注意すべき点」 (挙手で1人一言)

4.個人面接

  集団討論・集団面接と別室(12分/人)
  面接官3人
  面接官d 50代男性(主に質問)
  面接官e 50代男性(後半で質問)
  面接官f 40代男性(何も話さずに観察するのみ)

面接官d(以下d)「受験番号と名前をお願いいいたします」
d「集団討論のテーマは何ですか」
d「これからの教員に求められる資質とは何だ思いますか」
d「社会人としての理想像とは具体的にはどのような人ですか」
d「それを具現化するために具体的にあなたはどんなことをしますか」
d「教科指導で生徒にやる気を起こさせるためにどのような指導をするか」
d「生き方の指導をするとはどのようなことか」

(ここまで、最初の質問「集団討論のテーマは何ですか」に関する質問)

d「大阪府を受けた理由は何ですか」
d「教員として自分にしかできないことは何ですか」
d「校内で煙草を吸っている生徒を見つけたときどう対処しますか」
e「生徒から『なんで(某科目)なんか勉強せんとあかんねん』と言われたとき、どう答えますか」(2回のツッコミあり)
d「最後に言いたいことを30秒でどうぞ」


ありがとうございました。浩@管理人

トップページへ   人物重視試験情報・もくじへ

 浩の教室・トップページへ