2005年夏実施
北海道2次試験情報

まささんより提供していただきました

Oct.19,2005

 記憶に頼る大変なことであるにもかかわらず、1次・2次試験問題・人物重視試験の報告をしてくださいました。来年度の受験生にとって、貴重な情報になります。ありがとうございました。浩@管理人


北海道 中学国語 2次試験

 はっきりと覚えていないのもありますが、面接は教室によって、また面接官によって違います。以下は私の場合です。

1.クレペリン検査・YG性格検査
2.小論文

テーマは「確かな学力」を育むことについて、あなたはどのように考えるか。また、教師として、どのような努力をしますか。具体的に述べなさい。

これを800字以内でまとめます。

3.個人面接

20分前後です。

教室に入って、席に着席。
3分間スピーチ(自己PR・志望理由)

その後、色々聞かれました。
例を挙げると、

○いじめをうけている生徒がいた場合どのような対処をしますか。
○保護者から「もっとしつけを厳しくしてほしい。」という要望が出た場合にあなたはどう答えますか。
○授業中騒いでいる生徒にどう指導するか。
○体罰についてあなたはどう思うか。
などです。

その他には「特別支援教育」・「外部評価」・「確かな学力」について聞かれました。人によっては、「今関心があるニュース」・「今読んでいる本」なども聞かれたそうです。あと、お約束の「赴任地はどこでも構わないか。」や「部活動は持つことができますか。」という質問もありました。

4.集団面接

5、6人で1グループ

全部で75分。その内45分で集団討論。

テーマは「障害等を持った児童生徒への指導」でした。

テーマは時間によって様々で、「基本的な生活習慣を身につけさせるには」「キャリア教育」について出されたグループもありました。

討論終了後、一人2分間ずつで討論での感想・反省など考えた点を発表。
それから、一人ひとりに質問(障害者を支援するための具体策など)をして終了しました。
テーマに関する質問が大半だと思います。たまに個別に質問をすることもあるそうです。 


ありがとうございました。浩@管理人

トップページへ   人物重視試験情報・もくじへ

 浩の教室・トップページへ