2005年夏実施
大阪府2次試験情報

inopさんより提供していただきました

Sept.5,2006

 記憶に頼る大変なことであるにもかかわらず、1次・2次試験問題・人物重視試験の報告をしてくださいました。来年度の受験生にとって、貴重な情報になります。ありがとうございました。浩@管理人


大阪府小学校教諭2次試験の集団討論・個人面接(社会人選考)です。

<集団討論>

 テーマ:「自尊感情を養うためには」 
 
議論の後、集団面接になり

(1)「先程の討論の中でもありましたように、自分を好きになるということから、”自分の得意とすること、自慢できること”をなるべく多く30秒でPRして下さい」(挙手制で)

(2)「社会人選考ということで、大阪府としては、新しい風を吹かせて
ほしいと願ってます。社会人経験を教育現場で、活かせることを話してください」(端から順番に全員)


<個人面接>

 1.待っている間何を考えていましたか?

 2.集団討論の点数をつけるとしたら何点ですか。また、その理由は?

 3.面接官が個票をみて「○○に現在お勤めですね」と確認があり、担当業務を簡単に説明してください。続いて、その業務は一人で担当しているのですか?
 
 4.昨年は受験されましたか?昨年度の結果は?

 5.(個票から)「システムアドミニストレータ」を簡単に説明してくだ   さい
 
 6.15年間勤務されていて、紆余曲折あったことと思いますが、率直に、教員志望は何ですか

 7.小学校希望ということで体力面は大丈夫ですか?

 8.球技で出来る種目は?苦手な種目は?マットは?水泳は?鉄棒は?大丈夫ですか?

 9.小さな子供達に気をつけてあげたいことは何ですか?(学年指定はありませんでした)

 10.最後に20秒差し上げます。 

 このような感じでした。面接官は、比較的穏やかでした。
 私自身の回答は、割愛させて頂きましたが、上記の問いに、比較的端的に答え、教育観であるとか、専門性をはなせることもなく昨年の多少の圧迫面接と比べると、力の抜けたような質問でした。

 今回含め、2回の個人面接を通して、私が思うことは面接の回答に正解がないということです。複数の評価者(面接官)があくまで主観的な思いで評価する以上、幾通りの解があってしかるべきであると思うからです。

 面接には、最後の最後まで苦しみましたし、合否が出るまでいろいろと自問自答し悩みました。今後、受験されます方に、一言だけ言うとしましたら「最後の最後まであきらめないこと」です。ご健闘をお祈りします

 最後に、当勉強会には、2年にわたって、大変お世話になりました。この場を借りて心からお礼申し上げます。


ありがとうございました。浩@管理人

トップページへ   人物重視試験情報・もくじへ

 浩の教室・トップページへ