2005年夏実施
大阪市2次試験情報

GMさんより提供していただきました

Oct.27,2005

 記憶に頼る大変なことであるにもかかわらず、1次・2次試験問題・人物重視試験の報告をしてくださいました。来年度の受験生にとって、貴重な情報になります。ありがとうございました。浩@管理人


大阪市 2次試験 面接試験内容
受験校種:小学校

〈受験の流れ〉
@控え室に集合
A係の方から面接の段取りの説明
B模擬授業の内容をくじで決める。それを30分間で考える。
C面接官の方が呼びに来られて、面接室へ。
D面接開始(集団面接→模擬授業→個人面接)
E個人面接終了次第、帰宅。

面接内容
受験者6名、面接官3名
面接時間:集団・模擬授業 50分、個人面接 各10分
面接事項:
 集団面接
  @受験番号と氏名。
  Aどんな教師になりたいか。
  B模擬授業の順番決め(順番と評価は関係ないとの説明あり)。

 模擬授業
  最初に、何年生の何の指導をするのかだけ伝える。
  A:六年生に校内に不審者が入ってきたときのための事前指導
  B:六年生に敬語の学習指導
  C:六年生の分数のわり算の学習指導
  D:一年生に夏休みについての事前指導
  ☆E:校区内の集合住宅で性犯罪が起こった。六年生に事故防止の指導
  F:「ふるさと」の指導

 集団面接
  C自分の模擬授業を振り返って、80点が合格ラインとすると、合格ラインに達していますか、達していませんか。

 個人面接
   願書に基づいて、3人の面接官の方から順番に質問をされる。
○ @大学院まで進学して、小学校を受験するのはなぜか。
  A自宅の最寄り駅の確認。
  B盲・聾・養護学校を希望しないとあるが何か理由があるのか。
  C出身・実習小学校、クラブ活動の確認。
  D他県は受験したか。(受験していないと答えると)何か理由があるか。
△ E恩師の名前は覚えているか。
  F恩師のどういう点が素晴らしいと思ったのか。
  Gどういう教師にはなりたくないか。
  H友だちから呼ばれているあだ名はあるか。
  I友だちからあなたはどう見られているか。
  J友だちから指摘されたあなたの悪いところはどこか。
  K両親はあなたが教員になることをどう考えておられるか。
□ L大学院で読書教育の研究をされていたらしいですが、子どもたちに読書のどんなことを知ってほしいか。
  M現在行っているボランティア活動の活動内容について説明しなさい。
  Nそのボランティア活動を行って、どんな力がついたと思うか。
  O小学生相手に授業をするにあたってどんなことに気を付けたいか。
  P(Oの質問に対して「説明が長くなる点を気を付けたい」と答えたら)低学年では丁寧めに説明することが要求されると思うが、いかがか。
○ Q保護者の方が家庭訪問で、新採の先生だとわかったら「大丈夫か」と聞いてこられるそうですが、あなたはどう答えたいですか。

(○・△・□は三人の面接官の方を指しています。)

面接を受けて

・昨年までは、面接個票を、大阪市は当日書くことになっていましたが、今年はありませんでした。そのかわりに願書に書いたことに関して、質問してくださいますので、自分のアピールしたいことを答えることができると思います。

・面接個票を書くと思っていたので、40分前に着いて、控え室に行きましたが、入室することができました。筆記・実技面接の時は、会場には20分前にしか入室できませんでした。また、控え室、面接会場ともにクーラーがついていました。

・模擬授業の際、順番に受験者が一人、理解がなかなかできにくい児童役になって模擬授業を受けることが条件の一つとなります。その順番は、模擬授業をし終わり、次の受験者の模擬授業の際にその児童役になりきって受けるということでした。模擬授業の順番が最後の受験生は、一番最初に模擬授業をする受験生の時にその役をします。児童役になっている時も評価の対象になっているそうです。


ありがとうございました。浩@管理人

トップページへ   人物重視試験情報・もくじへ

 浩の教室・トップページへ