教採一般教養(その16)

 正解は、2。

 飛鳥文化は、朝鮮三国(高句麗、百済、新羅)や中国六朝の文化的影響を強く受ける。渡来人たちによる文化形成といっていい。他に法隆寺夢殿の救世観音像、中尊寺天寿国曼荼羅繍帳。

 白鳳文化は、670年代以降に顕著。次の天平文化の文化的地盤を形成。薬師寺金堂の薬師三尊像も記憶せよ。

 北山文化は、室町3代将軍足利義満の時代花開く。宋元風の水墨画が流行し次の東山文化時代に雪舟が大成する。

 国風文化は、遣唐使の廃止ゆえに唐風文化摂取が途絶えた賜物といえる。日本的な展開を見せ、大和絵や仮名文学も発生

 天平文化は、唐の文化を余すところなく取り入れた奈良の文化であり、担い手は貴族である。鎮護国家の立場から寺院建築が進む。唐招提寺の金堂や正倉院の鳥毛立女屏風。


問題に戻る 日々旁午・表紙へ 浩の教室・トップページへ