教採一般教養(その18)

 正解は、5。

 神武景気(1955〜57)は、重化学工業への設備投資が経済全般に波及した。「神武以来の〜」という意味で名づけられた。

 岩戸景気(1958〜61)は神武景気をさらに上回る好景気。

 オリンピック景気(1963〜64)は公共投資が増えたので経済が潤った。もちろん東京オリンピック。第18回の夏季開催。開催日にちなんで体育の日(10・10)ができる。

 いざなぎ景気(1965〜70)は消費好調57ヶ月も続いた。3C(車・クーラー・カラーTV)が売れたわけである。バブルが51ヶ月だから長期景気良好だったことがわかる。


問題に戻る 日々旁午・表紙へ 浩の教室・トップページへ