教採一般教養(その9)

 正解は、3。ドイツがバグダード鉄道を中心として進めたのは3B(ベルリン、ビザンティウム、バグダッド)政策。一方3Cは、ケープタウン、カイロ、カルカッタの頭文字。イギリスの帝国主義的戦略の拠点である。1についていえば、あのアラビアのローレンスが活躍する。イギリスの軍人。対トルコ反乱を指導しました。このほか要点をあげると、パリ講和会議の後に設立されたのが国際連盟。ヴェルサイユ条約が結ばれたのもこの頃。クレマンソーは当時のフランスの首相。ワシントン会議の後、日英同盟廃棄、対華21ヶ条要求も破棄された。


問題に戻る 日々旁午・表紙へ 浩の教室・トップページへ