浩の教室・平成19年夏実施1次試験予想問題(シート式C)

■次の各文は、平成19年1月に出された教育再生会議第1次報告についての記述である。正しいものを○、誤っているものを×とした場合、正しい組合せはどれか。1〜5から一つ選べ。

A 塾に頼らなくても学力がつくようにするため、従来の路線である「ゆとり教育」を反省し、薄すぎる教科書を手直しし、授業時数を1割増やすなど、応用力強化プログラムを導入する計画を提言している。

B いじめと校内暴力を決して許さず、いじめられている子どもを教員は守り、いじめている子どもや暴力をふるう子どもには、その愚かさを認識させ、具体的には出席停止制度を活用する。

C 努力を惜しまない教員を支援するため、メリハリのある給与体系を導入する。具体的には、優秀教員の表彰を各自治体ごとに実施し、免許更新上優遇制度を特別措置し、実効ある教員評価を実現する。

D 家庭を教育の原点とみなし、「家庭の日」を設けて保護者の教育責任を明確にする。同時に、地域社会に子どもを育てる自覚を促し、具体的に地域リーダーとして、社会教育コーディネーターを地域住民に委任する。

E 学校は保護者や地域住民に情報公開し、教育課程などの達成状況を説明する必要がある。それを教育水準保障機関に依頼するなど、監査システムをしっかりと機能させる提言をしている。


  A B C D E
1 ○ × ○ × ○
2 ○ ○ × ○ ×
3 × ○ × × ○
4 × ○ × ○ ×
5 ○ × × × ○

(この問題ひとつに対し、解説はA4版で8枚くらいあり、関連項目を丁寧に説明、網羅しています。申し訳ないながら、有料ですので、上記問題に対する解答解説は、サイトには掲載いたしません。お配りするレジュメは、このほか、出題可能性のある分野から作問し、10数題を用意、時事資料とあわせて全部で100ページを超えます。教採関係の参考書や模擬試験によく見受けられる貧弱な解説を批判し、プロデュースしています)

トップページへ 浩の教室・トップページへ