2002年夏実施
大阪府2次試験情報

AIさんより提供していただきました

Sept.13,2002

(校種・小学校)

集団面接について。(一番最初に実施)

 面接官は3人。討論のテーマは「学校週5日制について」。こちらは20分間です。その後その話し合ったことを踏まえて、質問があります。私たちのグループの質問は2問。

1、「学校週5日制で保護者は少なからず不安を感じている。懇談会に参加してくれた保護者に対し、このことをあなたはどう説明するか。面接官を保護者に見立てて話してください。」

2、「学校週5日制になる利点は何か」でした。

こちらの質問も挙手制ですが、全員があたり20分ぐらいでした。この40分間で、集団面接は終了です。


個人面接について。(集団面接終了後実施)

 一人約8分。面接官によって雰囲気はだいぶ違うようです。私は少し圧迫?だったような気がします。質問内容はかなり多く、質問もポンポンテンポよくされます。質問内容は、

「どうして中・高の免許があるのに、小学校受験なのか。」
「小学生のいいところは何か」
「教師になることを決心したのはいつか」
「他の職業に就きたいと考えたことはあるか」
「教員養成系の大学への進学は考えなかったのか」
「小学生に英語教育が必要なのはなぜか」
「他県は受験したか」
「どうしてその県を受けたのか」
「どちらも受かったらどうするか」
「あなたのアピール点を30秒で言え」
などなどです。
 記憶に残ったものしか書けませんでしたが、参考にして下さい。

AIさん、掲示板「うしろのこくばん」からの転載を快諾していただき、ありがとうございました。来年度受験生の参考になります。

トップページへ   2次試験情報・もくじへ

浩の教室・トップページへ