2002年夏実施
横浜市2次試験情報

徹夜2号さんより提供していただきました

Nov.22,2002

(校種:小学校)

論文テーマ

「環境教育についてあなたは担任としてどのような取り組みをするか。あなたの見解を述べよ」。

これに関しては非常にラッキーでした。本命ということもあり、1次の時に市役所の広報誌を配布するコーナーに出向き、めぼしい広報誌をいくつか持ち帰り、面接対策もかねて目を通していた中に、横浜市の環境問題に対する取り組みについて載っていたものがあったため、それをベースにして、自分が何をしたいか書きました。

模擬授業

テーマ「運動会と子ども」の中に、サブテーマが「二人三脚」、「玉入れ」、「綱引き」、「リレー」、「応援合戦」などがあり、そのサブテーマの中から好きなものを選んで、授業展開を5分で考え、4分で授業しました。

昨年、板書はだめだったのですが、今年はOKでした。

私のグループはみんな「応援合戦を楽しくするにはどうしたらよいか」、「運動会を盛り上げるには何をしたらよいか」、各種目の方法について授業をしていましたが、私は「綱引き」を選び、「丁度、運動会で綱を使ったのだから、ついでに勉強にも使いましょう」と導入で持ちかけ、綱の先に砂の入ったバケツを結びつけ、鉄棒に巻きつけたものと仮定し、バケツを地面から持ち上げるには、どのようにしたらよいか考えさせ、支点・力点・作用点について学ぶ授業に持っていきました。

個人面接

Q1,横浜を志望した理由
Q2,横浜市のどういう所に住みたいか。
Q3,「商店街」をテーマにした場合、どのような授業を考えるか。
Q4,大学卒業後、長い間、同じ会社でアルバイトをしていたようだが、民間でのアルバイトを長い間、していたのは何故か。(半年間、講師をしていたにもかかわらず、講師をする前の会社に戻ったことに疑問を感じたようです。)

最後にロールプレイングがありました。

Q,あなたのクラスのB君が、テストを返却している時にいきなりAさんの答案を破って、捨ててしまいました。あなたならどのような対応をしますか。

徹夜2号さん、メールにて情報提供していただき、ありがとうございました。来年度受験生の参考になります。

トップページへ   2次試験情報・もくじへ

浩の教室・トップページへ