勉強会のお知らせページへ 勉強会報告一覧ページへ 勉強会の内容ページへ 勉強会申し込みページへ


浩の教室・第95回勉強会の模様

 本日は、第95回当サイト主宰勉強会に多数ご参加いただきありがとうございました。Iさんには、この夏の教採試験までの勉強のやり方、どのように過ごしたのかを具体的に語っていただきました。ありがとうございました。新しくご参加いただいたお2人の方、いかがだったでしょうか。また、よろしくお願いします。この勉強会は、入学金もなければ、授業料もありません。参加できないときのご負担は当然ながら不必要です。こうして経済的負担を最小限度にしつつ運営していますので、時間があえば、またご参加ください。

 2次合格のツボは、やはり、継続的に学習を進めることにありそうです。それと同時に、Iさんは学校ボランティアで現場感覚を磨かれていました。このことについては、後で質問がありましたように、教員を目指すワタクシたちにとっては重要なことですね。講師として経験を積むことが様々な条件からできなかったとしても、ボランティア活動を通して学校現場を知ることができますね。大学生の方も、社会人の方も、是非、学校世界に近づくような行動をしてください。

 次に、「議論のたたき台としての教育学講義」をいたしました。今回は、結構進んで、レジュメ4枚をようやく消化できました。教育の理想主義と現実主義を、現在の教育問題と関わらせながら講義しました。教育時事的な関心を絡めつつ、みなさんに聞いてみたり、質問したり、1時間ばかりですがお話させてもらいました。次回また、レジュメを配りますので、一緒に学びましょう。みなさんからの活発なご意見をお待ちしております。

 そして、大阪府の過去問解答解説です。今回は、心理学の問題でした。スタンダードな出題で、ここは1対1対応で解答が導き出せるものでしたが、キーワードをご確認ください。ネズミ、ネコ、アカゲザルと動物がたくさんでました。そして、同化、調節、代理、最近接領域、スモールステップ、CAIなどの内容をご確認くださいね。次回もまた1題やりましょう。

 最後に、集団討論の模様をお伝えします。今回のテーマは、今夏大阪府で出題された、「公立の小中高等学校に求められているものについて議論してください」でした。このテーマに、7名の方が25分間議論してくださいました。A〜Gさんとして、その発言の主旨を追っていきましょう。

 まずテーマの確認をされ、なにをこのテーマのトピックにするか示されたのがDさんでした。ここ数回先頭バッターを担っているDさん、意欲的な姿勢です。Dさんは、「公立学校」の「公立」に着眼され、地域との「連携」を議論しましょうと問題提起されました。なぜなら、私立でも「連携」は大切であるが、公立は校区との関係から重要な議論のトピックになるからです、と理由付けされました。こうした理由の説明によって、、なぜ、「連携」が公立校に関連あるかが明確になります。つづけてCさんが、公立校に求められているのは、保護者からの期待に応える教育を提供することであり、その具体的内容は、社会性を身に付させること、たとえば学校外でもマナーをもって振舞うこと、社会活動することであると述べられました。

 Eさあんは、「地域」との連携によって、学校教育において足りないことを補うとし、具体的に語られます。すなわち、中学校1年生の部活を指導する機会を持ったとき、彼らがあらゆることに不平不満を感じていること、メンドイという言葉を乱発することに気付かれたそうです。しかも、現状の生活を当たり前とし、感謝の心がないとみなされています。だからEさんは、自分のおかれている環境がいかに恵まれているかを知る必要があるとされ、他の国の生活現状を知ってみるといいと述べられました。そのためには、本を読むことになり、図書館の活用が必然となると説明されました。

 Fさんは、このEさんの発言に関連し、教育を受けられるありがたみということを問題にされました。教育は人生を豊かにするものとの立場から、学びの大切さを強調されます。教育は一面的な見方を是正してくれ、事柄を複眼的にみるヒントをくれると話されました。このご意見が、公立校に必要なものであることを立証するよう述べられると、もっとよい発言になります。Gさんは、多様な角度から物事をみることは、「生きる力」を養成することになるし、社会性を育むことにもなると付け加えられました。

 Aさんは、ここでテーマに立ち返り、公立校には地元の児童生徒が進学するので、地域との「連携」が重要になると見解を示され、私立に対して公立で求められるものの中身を議論に取り上げようとがんばっていました。公立校にはいろんな「幅」の児童生徒が進学する。「公立の高校なら、卒業さえできればいいと考える生徒もいれば、進学したい生徒もいる」と就職、進学といった進路の多様性に触れられました。ここでは、だから「求められるもの」はなんなのか、もう一歩掘り下げて意見が聞きたいところです。いい問題提起に、ご自身が解答を与えてこそ、集団討論の名手になれるものです。

 Bさんは、多様な家庭環境の児童生徒が公立校には集まってくることを承認し、そこでの教員が持つべき資質として、人権感覚を取り上げられました。Bさんは、この1回しか発言がなかったので、もう少し集団に絡むようにしてほしいですね。次回期待しています。Dさんは、多様な背景を持つ児童生徒が通う公立校において、Bさんのいわれる人権感覚を磨くのは理解できるところであると述べられ、児童生徒一人ひとりを大切にする姿勢が公立校に問われているとご意見されました。テーマから離れていないことをアピールするため、このように「公立」云々と発言の中に付け加えることは、ひとつのテクニックであるし、有効ですね。このことをいいかえてCさんが、教員の力量として個性に応じた教育ができるかどうかが求められていると述べられました。

 Fさんは、以上の議論を受けて、様々な児童生徒が出会う場所が学校であるとし、そうした学校で「しめつけ」がきついことに危惧されています。これは何のことかというと、これをしてはダメという戒告的な「評価」が多いということらしく、児童生徒を伸ばす方向で「評価」をしなければならないとご意見されました。はじめて討論に参加されたFさんにありましては、まずは発言をしてみることが肝要で、その意味では努力が認められます。今後は、その上に、ご自身の発言とテーマとの関連性を常に念頭において議論参加されることを期待しましょう。Cさんは、Fさんのこうした問題意識を「積極性」を評価すると捉えなおし、Cさんの先ほどの発言つまり社会性と関わらせて、挨拶の励行を主張されました。通学路に立って小学生に挨拶の声を掛けるボランティア活動をしている地域の人びとの姿をみて、いい光景であると感じられたそうです。地域との協力体制が必要であると実感した一駒でしょうね。

 Gさんもこのご意見に同意され、挨拶がコミュニケーション能力を高め、地域との「連携」を高める根拠でもあると発言されました。Gさんの発言は、すっきりまとまっており、手短でいいのですが、他の方のご意見の焼き直しでしたので、ちょっとインパクトに欠けます。ですから、もっとご自身が問題提起するように、すなわち集団に貢献するような内容を持った発言を心掛けてくださいね。

 ここでAさんは、どんな児童生徒でも受け容れるのが義務教育(高校も準義務教育といっていいでしょう)としての公立校の宿命であるとし、それに対して私立は「選ぶ」姿勢があると述べられました。そして、公立校がそうであるなら、保護者が学校に期待し確実に求めるものがなんなのか、これを分析し、提供するように考えることが、公立校に求められているのではないかとご意見されました。Aさんはこのテーマを議論する前提に、公立と私立との違いを鮮明にしたいとの思いがあったようですね。これは確かに正しい。しかし、そこに拘泥していても議論は進まない。すごく悩まれているようでした。公立と私立との違いつまりカラーの違いをはっきりさせるだけでも、20分はかかるでしょう。ちなみに、私立は独立校です。それに対して公立はいわばネットワーク校です。私立には建学の理念ほか、独自性が強く求められます。講義のときに申し上げたように、進学校というカラー、中退者を「救済する」カラー、いじめが絶対にない安全性カラーといったように、独自の「ウリ」を備えて、学校運営をしていく。これに対し、公立はそうした独自色があまりみえない。たしかに公立校にも各学校に目標があります。ただそれが、公立と一括りにされていることでボンヤリしてしまうのではないでしょうか。先にネットワークといったのは、公立校はそのすべての校が教育委員会と連携しています。だから、横一線意識が抜けないのかもしれませんね。そのあたりを民間人校長の登用によって変化させようとの試みがあるわけですが、まだ結果が出ているとはいえません。こうした意味からは、公立校には、一校一校のカラーを見せ付けることが求められているのではないでしょうか。ではどこに見せ付けるのか。それこそ「地域」にでしょう。

 Aさんの発言につづき、Eさんは、「人として大切なことを教える」ことが公立校には求められているとされました。たとえば食べ物のありがたみ。自然学校に参加した経験から、残飯の多い現状を知り憤慨したことをお話されました。また、Eさんは、同じく自然学校で鴨を捕まえて食べた経験を語られ、命の大切さに触れられました。一言でいえば、人間教育が公立校に求められているということができるでしょう。ただこれは、先に私学と公立との違い云々のあとの発言であるので、だれでも気がつくのですけれど、命の大切さを教えること、人間教育は、私立でも公立でも要求されます。公立の小中高等学校に求められるものと限定されないわけですね。こう考えてくると、ほんとに難しいテーマであることがわかります。

 いま、上で鴨を食べたということを書きましたが、そのことと関連し、Dさんから発言がありました。朝食を摂らない児童生徒が増えていることに鑑み、食育を指導することが求められているのではないか、そうしたご意見です。Dさんは、農業体験を具体的には求めるわけですが、1年かけて米作をする困難さに触れさせることの提唱、それから先の命の大切さにかかわり、ニワトリの解体ということも総合でやるべきではないかと発言されました。Fさんは、魚も切り身で売っていて、捌いて食べるものではなくなっているといわれ、ご自身のバングラディシュ体験から、牛を一頭捌くバングラディシュの風習を話してくださり、そうした生活と結びつく事柄つまり体験学習を学校教育で提供するべきであるとご意見されました。また、命の大切さを実感することで、いじめ問題の解消にもつながると考えられているようでした。

 Dさんは、Fさんの発言を受け、いじめのない学級作りも求められていると述べられました。最近のいじめに関する報道にも触れられ、これが切迫した教育問題であることを強調し、イキイキ勉強できる学校、一人ひとりを大切にする学校、レッテルを貼らない学校、ということを挙げられました。Gさんもこれに同意される発言をされました。

 Fさんは、議論を振り返りながら、多様な環境の児童生徒が集まる公立校は、多様な環境で育った人びとが集まって構成されている社会そのものとみなされ、そうした多様な人びとが協力して何事かに取り組み仕事を達成していくものである。その練習の場が学校ではないのかと述べられました。

 Cさんは、公立校は地域に密着している。卒業してからも地元に住む。だから地域の特徴を知った「連携」を推進するべきであると述べられ、ここで25分間が終了しました。

 このテーマは、「議論の間口が広い」テーマです。今回は地域との「連携」が「求められるもの」に想定されました。この議論を見守っていた他の勉強会参加者のコメントを紹介しましょう。まず、地域連携を議論するのはいいが、どうも議論があっちへいったりこっちへ来たりで、一貫性がないようにみえた。公立とは何かの定義がなかった。小中連携も視野に入れて多様な「求められるもの」を最初に提出してもよかったのではないか。命の大切さを議論するあまり、「公立」がどこかにいってしまったように感じる。地域との連携をトピックにするなら、自治会など具体的な話をするべきではないか。公立校に求められることとして、学力確保の問題が、まったく出なかったのはなぜか。「新しい時代の義務教育を創造する」答申が生かされていない。などなど。です。

 ワタクシの感想は、討論再現の行間に挿入していますが、「テーマ」から離脱するのが一番集団討論において問題になるということです。自分の発言がテーマとどう関連するのか、それを片時も忘れないこと、これを今回の討論の反省、教訓としましょう。でも、はじめて参加された方や討論をしたことがない方が参加される勉強会です。こうした失敗から学ぶことが、なによりも大切です。挫けない、次はがんばる、これで参りましょう!

 こうして勉強会を進めている最中も、例の自殺予告の問題がどうなっているのか、気にかかっていました。「自分の担当している児童生徒がひとりでも自殺したら、ワタクシたち担任は、それを一生背負っていかなければならない」。予防策も大切です。

 都知事のように、「いじめだとみるか、どのようにも取れる」(『スポーツニッポン』2006年11月11日付、以下、カッコ内は同じ)と、ワタクシにはいえません。軽率です。また、森氏が、「ボールを投げ付け練習させることがいじめだとみるか、その子を育てようとしたある種の強化だったのか。これはどのようにも取れる」とか、「われわれも学生時代スポーツして、グラウンドを10周回ってこいとか、いろいろやられた。それも、もし今のお母さんや社会が見るといじめとなるのだろう」、「いじめだと言えばいじめだけど、おれを鍛えるためだ(と)、自分で反省しながら回っているわけだからありがたいことだと思う」なんて、他人のことを一切考えないようなことをいう無神経にも驚かされます。こんな人が総理大臣をやっていたなんて、残念です。

 本日申し上げていた「教育時事メール配信」はやってみようと思います。勉強会参加者で必要な方は、メールくださいね。

(2006年11月11日)

勉強会のお知らせページへ 勉強会報告一覧ページへ 勉強会の内容ページへ 勉強会申し込みページへ

浩の教室・トップページへ