勉強会のお知らせページへ 勉強会報告一覧ページへ 勉強会の内容ページへ 勉強会申し込みページへ


浩の教室・Tsudoiの模様

 18日土曜日は、「浩の教室■TSUDOI」の日でした。お集まりくださった25名のみなさま、ありがとうございました。こうして、当サイト主宰勉強会で出会い、切磋琢磨してきたみなさんが、一堂に会してくださって、シミジミよかったなと思っております。非常に楽しい2時間の宴となりましたね。みなさん一人ひとりから、勉強会の思い出や4月以降の抱負も聞くことができました。富山、東京、大阪、兵庫、滋賀、三重、名古屋、愛知、それぞれの地で、学びの種を蒔いてくださいね。

 お忙しい中、現役の先生方にもご参加いただき、この4月から新規採用されるみなさんに「お言葉」をかけてくださいました。K先生、Y先生、ありがとうございました。きっと合格者たちは、そのいただいた言葉を胸に、それぞれの配属先で、がんばってくれることでしょう。また、司会をかって出てくださったTさん、Hさん、ありがとう。でも、集団討論よりラクだったでしょ。

 今回、あかんかった方も3名ご参加くださり、合格者から、その方々にエールをおくりました。一緒に勉強していても、あかん場合があります。それが現実で、「試験」というものでしょう。苦しい中、めげずによく参加してくださいました。

 今年度の合格者には、新卒採用の方もいますが、何度も落ちて今年とおった方もいます。その中には、13回目のチャレンジであったとか、5回目であったとか、それぞれ苦しみぬいて、ようやく採用となった方がいます。あかんかった気持ちを十分理解していると思います。その、苦しみを知っている合格者から、今年あかんかった方にエールをおくっていただきました。「他人より10パーセント多く勉強しよう」、「あきらめないで努力すれば必ず実る」、いい言葉でした。何度も悔し涙を流して、ようやく合格した方からの言葉だけに実感があります。

 合格し勉強会を卒業するみなさん、来年を目指してがんばっている方に、どうか力をかしてやってください。すでに、2次合格報告のために勉強会にご参加いただいている方もいらっしゃいまして、ありがたく思っています。またちょくちょく来ていただいて、集団討論や個人面接にコメント付けていただくようお願いいたします。ワタクシの言葉よりも、あるいは合格した方からのコメントのほうが、価値があると思われるからです。

 合格したみなさんのために、TSUDOIの席上で、少しばかりお話させていただきましたが、「合格した君へ」も用意しております。読んでくださいね。今年、勉強会出身者の8割が合格しましたが、それを来年度も実現したい。すでに来年を目指して新しく参加してくださっている方が多数いらっしゃいます。

 合格したみなさんは、今後忙しくなるでしょう。しかし、ワタクシが示したボランティア精神を理解してくださるなら、その忙しい時間の数パーセントを、みなさんにつづく後輩たちに割いてくださいね。25日は満席になりました。その方々に、今後もアドヴァイスをお願いします。

(2006年11月18日)

勉強会のお知らせページへ 勉強会報告一覧ページへ 勉強会の内容ページへ 勉強会申し込みページへ

浩の教室・トップページへ