勉強会のお知らせページへ 勉強会報告一覧ページへ  勉強会申し込みページへ


浩の教室・第124回・勉強会の模様

 先週の日曜日は、当サイト主宰第124回勉強会を開催いたしました。ご参加のみなさま、お疲れさまでした。この日は、1分間スピーチ大会でした。みなさま、力作を手に携えてこられました。

 まず、15人の参加者を3グループに分け、5人づつ、1分間スピーチをしていただきました。これでワンクール。1分しては30秒待機、また別の方が1分間しては、待機、これの繰り返しです。そして、この5名の発表について、すべての方が一言づつコメントをしていきます。もちろんワタクシからもいたしました。

 この作業を残りのグループでもいたします。ここまでで3時間かかりました。みなさんも気を抜くことができないので、大変だったですね。自分に対してコメントをたくさんいただきたいなら、他の方にも真摯にコメントしなければならないからです。全員の方から一人ひとりに対してコメントするわけですから、当然かぶった感想もありましたし、ちがった見方もありました。問題点が抽出され、手直しにはいります。

 13時からはじまって、参加者全員の発表と相互批評が終了したのが、16時10分、そこから、文面を再考、本番にも耐えうるものを各自20分間を使って書き上げます。

 そして、第2回目のスピーチ開始。会場は17時までですので、この最後の30分間をぎりぎりまで活用します。2回目のスピーチに関しては、ワタクシからのコメントのみを差し上げる仕方にいたしました。みなさん1回目よりよくなりました。

 たくさんの方に聞いていただいて、練り直したものですから、十分通用するものであると考えられていいです。

 問題はここからです。いま、1本目の原稿が出来上がりました。これに加え、もう1、2本作ってください。ヴァリエーション豊かに用意しておくことが、心に余裕をもたらします。

 今回参加が叶わなかった方の原稿もみます。完成原稿まで導きます。ただし、ナマ中を2杯おごってくださいね(笑)。

 みなさんの力作、お預かりしました。これは個人情報ですから、決してサイトなどには掲載いたしませんし、その他の場所でも漏らすことはありません。

 来年度を目指す方のために、今後、閲覧だけの形で(つまりコピーなどはもってのほか)、珈琲会で後輩達の参考にさせていただくことをご了承いただき、誠にありがとうございます。

(2007年5月27日)

勉強会のお知らせページへ 勉強会報告一覧ページへ  勉強会申し込みページへ

日々旁午・表紙へ 浩の教室・トップページへ