勉強会のお知らせページへ 勉強会報告一覧ページへ  勉強会申し込みページへ


浩の教室・第6期 第45回(通算241回)勉強会の模様


 この日曜日、当サイト主宰勉強会にご参加のみなさま、お疲れさまでした。今回は、集団面接を3グループと、個人面接を実施いたしました。集団討論は希望者がほぼいませんでしたので、割愛しました。

 集団面接では、最初に40秒かけて、志望動機を含んだ自己PRをしていただいていますが、みなさん内容が固まってきて、よい感じです。どのような自己PRをするか、3つくらい考えておいてください。勉強会に参加するごとに、違う自己PR内容にして、違った自分をみなさんにお披露目してください。そうした新鮮さが、勉強会への充実した参加につながります。すでに3つ作っている方もいらっしゃいますね。磨きをかけてください。

 こうした作業は、エントリーシートとかぶる内容の自己PRだけでなく、そこに書いていないことを要求する面接に対応する力を付けるためでもあります。

 ずいぶん手垢がついてきた「良く出るかもしれない面接質問集」ですが、基本的な質問事項はここにあると信じて、応答を煮詰めていってください。その際、自分自身の言葉で応答の内容を考えるように。誰かのを聞いてそれを借用しても、情熱を語ることはできません。そうした応答は、面接官にすぐ見破られてしまいます。

 自己PRのあとの質問事項は、この6月からグレードアップして取り組んでいますが、まだちょっと「Aさん」の立場になるとむつかしいようです。当サイト主宰の勉強会では、この「Aさん」を必ず経験していただいています。「Aさん」とは、集団面接で端に座る方のことを指します。Aさんは、なんでも最初にさせられるので、質問でもすぐに応答しなければなりません。後で応答する方よりも、当然ながら、考える時間がありません。苦しい立場です。この試練を何度か経験することで、受験本番でどう対応すればいいかが、なんとなくわかってきます。「なんとなく」が大切な感覚なのです。

 シートベルト式で集団面接をしていると、Aさんだけでなく、Bさんもシンドイですかね。

 今回、個人面接希望者が3名いらっしゃいました。3名とも自信を持って挑んできてくださいました。集団面接に食傷気味でもあったのでしょう。個人面接では、集団面接と違って、他者との比較もありませんので、応答内容で勝負することになります。イロイロとポイントを書いてもらったペーパーを有効に活用し、さらに煮詰めていってください。

 ああ、もう1次まで1ヶ月を切りました。ラストスパートです。

 あ、日曜日は、ワタクシの体調不良で、みなさまにはご迷惑をおかけしました。ガラガラ声で聞き取りにくかったでしょう。どうもね、今年の風邪は長引きますし、ノドがやられますので、ご注意ください。

 お医者さんでチェックしてもらって、インフルエンザでなかったのが、救いでした。インフルエンザなら、勉強会中止にしなければならないところでしたので。

(2009年6月21日)

戻る 浩の教室・トップページへ