勉強会のお知らせページへ 勉強会報告一覧ページへ  勉強会申し込みページへ


浩の教室・第8期 第4回(通算346回)勉強会の模様

 第4回勉強会にご参加いただいたみなさま、お疲れさまでした。昨日は、府立高校教諭のM先生、三重県養護教諭のK先生のお2人をお迎えすることができました。お忙しいところありがとうございました。

 勉強会ではまず、先生方にお話をうかがうことからスタートしました。M先生には、教育現場の現状の報告も絡めてお話くださいまして、強い刺激を受けました。高校中途退学のことや生徒指導一般、また、担任としてのあり方など、興味深くお聞かせいただきました。もちろん、採用試験のことについても、アドバイスをいただきました。K先生からは、教職をめざす覚悟をお聞かせいただきました。三重県から毎週のように大阪まで通ってこられて、念願叶い三重の養護教諭として現在活躍されています。K先生には、採用試験の勉強についてどういうふうにすればいいかのモデルを提示してくださいました。

 お2人の先生ともに、この勉強会の卒業生であり、こうして合格体験報告に来てくださることにありがたく思っています。「絶対合格して、この教室で今度は合格体験報告をしたい!」と受験生時代におっしゃっていたK先生、夢は実現しました!

 勉強会は、このあと、先生方とのフランクな質疑応答と同時に、資料の自由閲覧の時間をとりました。

 その後、大阪府1次試験の2番と3番の問題の検討に移りました。あまりガチガチに勉強、勉強となると、やる気も空回りしますので、冗談を随所に交えながら、しかし、真剣に問題の解説と問題に関連する資料の精読、さらに出題傾向についてを述べさせていただきました。次回はまた3番のつづきからというちょっと半端な形になりますが、よろしくお願いいたします。3番の生徒指導関連では、M先生やK先生に実態とのすりあわせをしていただきました。現実と答申類とがどういうように関連しているのかいないのかがわかりました。こうして資料が血肉化していくのではないかと考えます。

 10月2日の第1回から昨日の第4回まで、合計12名の当勉強会卒業生にして合格者の先生方に来ていただきました。厚くお礼申し上げます。私は、できるかぎり後輩たちを指導して、先生方のもとに届けます。みかけたら、声をかけてやってください。

 ★来年度をめざす第8期・勉強会の受付を開始しています。みなさま、一緒に勉強しましょう。よろしくお願いします。ちなみに、年間およそ80回ほど開催される当サイト主催勉強会ですが、その内容をお伝えします。
 ★年間通じて、開催すれば必ず人物重視系科目を実施し、みなさんの主体的な参加意識を高めます。
 ★10月は、合格者の方が勉強の方法を伝授してくださいます。1年間の「闘い方」を伝えるほか、合格者が作成されたノートなどをご覧になれるでしょう。
 ★10月〜12月までは、大阪府ほかの1次試験の教職教養出題を分析し、課題を掘り起こします。開催ごとに試験問題を分析したペーパーを配布します。
 ★1月〜3月には、上記を補填しつつ、集団面接も実施します。この時期、プログラムは、1次対策としての集団面接になります。
 ★1月〜5月にかけて、抜き打ち的に教職教養の質問を浴びせます。
 ★1月〜1次直前まで、「自己売り込みのツボ」を実施します。これは、参加者の前で「自己を3分間で語る」コーナーです。
 ★4月以降、水曜日も勉強会を開催します。これを「水曜会」と呼んでいます。学生の方や土日参加が難しい方などのために開催しています。週末開催とほぼ同じプログラム構成となります。
 ★6月には予想問題を用意し、少なくとも大阪府の試験の教職教養部分は9割獲得を実現します。
 ★4月以降は、個人面接にも力を入れます。4月以降は、集団討論、集団面接、個人面接といったプログラムになり、かなり実践的になります。
 ★1次試験終了後は、集団討論と個人面接、模擬授業に特化します。とりわけ、個人面接と模擬授業に力を入れます。1次向けの対策と違い、2次向けの対策として、パーソナルなところに焦点をあて、質問していく方法をとります。
 ★1次の前、2次の前には、面接個票、エントリーシート、こうした提出資料の完成を、勉強会と同時並行で実施しています。メールでやりとりしたり、勉強会終了後の珈琲会で対応します。
 ★秋、霜月後半には、合格を祝う会、来年のチャレンジャー交えて、「祝挑会」を開催します。もう8年開催している当サイト勉強会ですが、勉強会卒業の、先輩の現職の先生からエールをいただけます。
 ★こうした年間のプログラム、参加費は、1回1000円〜1200円とコピー代のみ。予備校と違うのは、スクラムを組んで、全員合格をめざすこと。1次免除者も、早い時期から体制を整えておかないと、直前になってウロウロしてしまいます。どうぞご参加を。
 競争と友情と愛情と、絆を大切に長期ロードを闘います。予備校の面接対策に1日2万払うなら、ワタクシのところに通った方がいいと、岐阜や愛知から毎週来られた方もいます。1度参加して、継続できると思えばそれでよし、たいしたことないと思えば、止めるがよし。前金で数万円も数十万円もいりません。ただ、座席の予約が必要です。1回開催あたり20席くらいしかありませんので。月に4回きても4000円。年齢層は、大学3回生の方から、2人のお子さんのお母さままで、40歳代の方も参加されています。「来るもの拒まず、去るものちょっと追う」のスタンスで運営しています。

(2010年10月23日)

戻る 浩の教室・トップページへ