勉強会のお知らせページへ 勉強会報告一覧ページへ  勉強会申し込みページへ


浩の教室・第8期 第41・42・43回(通算383・384・385回)勉強会の模様

 この土日に勉強会にご参加いただいたみなさま、オツカレさまでした。とうとう4月も第4週、はやいもので、ゴールデンウィークに突入します。さすがに今年は行楽計画ではなく、教採対策計画を立て、推進することと存じます。

 ちょっと心配なのは、マークシート試験の対策です。たとえ、人物重視といわれていても、さすがにマークシートが半分以下ではダメでしょう。今年から、30問の出題のようですが、24問は正解したいところですね。デッドラインはわかりませんが、20問はギリギリほしいです。これだけとれば、安心できますので。

 とすれば、もっともやらなければならない対策は、一般教養ということになります。教職教養は、やっていて楽しいし、ある程度まとが絞れますから、みなさんも勉強にハリが出るでしょう。しかし一般教養は幅が広いし忘れかけている数学や理科、あるいは歴史や地理も登場します。ちょっとでもやっておくことが肝要でしょう。

 すでに勉強会のメンバーにはお伝えしていますが、時事通信社の全国過去問がベストです。一般編と教職編がありますので、両方やってみてください。

 上に色を変えて紹介していますが、教職の予想問題対策を、今年も実施します。みなさまからのお申し込みをお待ちしています。定員は多少増やすことが可能です。

 さてこの土日は、いつものように自己売り込みのツボと模擬授業、集団面接でした。ツボはイロイロな観点から意見をいただけるのでやりがいがあるでしょう。4月27日の水曜会で、「自己売り込みのツボ」は終了します。みなさま、報告担当オツカレサマでした。でも、きっと役に立ったはずです。これができていれば、エントリーシートはもう8割完了という感じですからね。土日では、Hさんの報告やHさんの報告がありました。ツボの文章から、一般的な問題に還元して議論できるといいと思っていましたが、今回、古典と文化的背景の関連は、いいテーマとなりました。Hさんだけでなく、みなさんに考える視点を提供できたと思っています。

 また、久しぶりのチャレンジでもっとも難しいと思われる教科を受験されるYさんのツボをお聞きしました。内容的に盛りだくさん書かれていましたものの、教員になりたい情熱が伝わる文面でした。

 模擬授業も順調です。毎回2名づつ担当してくださっている感じです。小学校の算数から、高校の化学までイロイロ聞けて楽しいです。

 土日の集団面接は、ちょっとメンバー固定気味ですね。あまりチャレンジしていない方、是非是非やりましょう。新しくご参加いただいて、すぐさま手を挙げて参加されている方、なかなかやりますね。みどころあります。今回の集団面接は、土日ともに点数が低かったようです。やはり3点セットのシートベルト式だと、なかなか回答が苦しいようです。2つは答えられても、最後がしんどいケースが多いし、3つの内容が似通っているところで損をしている発言者もいました。

 また、集団としての評価も下しますけれども、元気さや雰囲気が大きく左右しますね。次に内容的にいい主張がそろっていること、です。全体として暗い感じになっていると、どうにも点数を付けにくいです。おそらく本番でもそうでしょう。

 さて第3回目となった水曜会。平日昼間にお集まり下さったみなさま、オツカレさまでした。水曜会は新しい方の出席率も高く、新鮮な感じがあります。土日と両方ご参加いただいている方などは、ぜんぜん別の視点からのご意見があって、いいんじゃないでしょうか。もっと、もっと、語っていただいてけっこうですので、イロイロな意見を出しましょう。最近、英語を目指す先生方が増えてまいりました。今期も、イングリッシュディスカッションの開催を考えています。現職の英語教諭の先生方にもお声掛けし、開催をもくろんでおります。京都や堺で1番を目指すIさんには、切り盛りしていただきたいところです。よろしくお願いいたします。

 水曜会は18人ジャストで満席が続きます。大学4回生も多く、参加しやすい体制を整えています。タイミングの問題もありますけれどもキャンセルがあれば、是非お申し込みくださいね。

(2011年4月23・24・27日)

戻る 浩の教室・トップページへ