勉強会のお知らせページへ 勉強会報告一覧ページへ  勉強会申し込みページへ


浩の教室・第8期 第53・54・55回(通算395・396・397回)勉強会の模様

 浩の教室主宰勉強会の第400回を記念して、みなさまから昨日アップしたような灰皿をいただきました。ありがとうございます。

 順番が逆になりますけれども、その1週間前の勉強会の模様を少々振り返ることといたします。6月1、4、5日開催の勉強会にご参加いただいたみなさま、オツカレさまでした。この水曜日から、個人面接に挑戦される方がちらほらいらっしゃいました。時期が時期だけに、1次直前の対策として集団面接に手が挙がる場合が多いのですけれども、その中で、しっかり個人をみつめ直すためにも、「個人解剖」に挑戦されるのはよいことです。1次の、表面的なところしかわからない、また、作ってきたことをいえばなんとかなる集団面接とは違い、個人面接は、時間の限りドシドシつっこまれますし、応答にも深みが必要となります。

 これまで集団面接でそれなりに「合格点」を得ていた方々も、発言内容から根掘り葉掘りたずねられると、苦しい様子となりました。掘り下げ型の質問の「浴びせ」に耐えうるよう、今一度自分の教育的な思考をたたき上げなければなりません。いま、そのことに気付けるのは幸せなことです。

 集団面接は、今月から「正常化」いたしまして、3点式シートベルトの質問を中止しました。1次の集団面接が、なんと簡単になったことかと驚かれたことと思います。いちばんしんどいシーズン半ばを乗り越えました。今後は調整作業となります。みなさん、いい感じですよ。他の受験生よりおおよその方が抜きん出ています。是非、本番で、グループを引っ張る役割を担ってください。

(2011年6月1・4・5日)

戻る 浩の教室・トップページへ