勉強会のお知らせページへ 勉強会報告一覧ページへ  勉強会申し込みページへ


浩の教室・第11期 第27回(通算619回)勉強会の模様

 3月30日の勉強会について報告しましょう。もう、3月も終えました。1次まで残り4ヶ月ですね。試験が近づいてきた実感があります。

 遅遅として進まず、まだ和歌山の問題をこねくり回しています。文字にすると少ないですが、解答解説中はみなさんに聞いてまわってますし、ワタシなりの脱線が多いので、90分くらいかけて解答解説しています。30日も実は2問しか解説していないのですが、問題にまったくでていないカントのお話までしてしまって、時間を喰いました。それにしても、和歌山の15問目は難問ですね。こんな日本教育史の問題は全国的にも出題例はないのではないでしょうか。


さて、日本教育史の解答解説のつづきです。

 もう、簡単に、リンクをはりつつ、引用するにとどめて起きます。最初は、「仮説実験授業」です。これは、板倉聖宣(いたくらきよのぶ)によって提唱された授業です。「昭和5年5月2日生まれ。34年国立教育研究所にはいり、のち同研究所物理教育研究室長。退職後,板倉研究室を設立。おもに物理学史を研究。38年仮説実験授業を提唱し,科学教育の改革にとりくむ。43年遠山啓(ひらく)らと教育雑誌「ひと」を創刊。東京出身。東大卒。著作に「科学と方法」など」。「仮説実験授業」については、http://www.kasetsu.org/をどうぞ。

 水道方式は、http://www.kasetsu.org/を参照してください。数学者の遠山啓が主張した教育方法で「筆算を基本とする算数教育の方法」。タイルを使う方法である。

 生活綴方とは、「生活の中で感じたことや考えたことをありのままに表現させる作文。この作文を通して、児童の社会的現実への認識を高め、ひいては教育全体の改革を意図したもの。これを主張した民間教育運動は昭和4年(1929)ごろから登場し、戦時下の中断を経て戦後復活」。以下、wikipediaの説明です。「生活綴り方教育は、日本特有の教育法といえるものである。かつて、国民の多くが受ける日本の教育の内容では、科学的な内容は重視されておらず、このような認識を形成することは困難であった。そんな中で子どもに科学的な認識をつけさせようと考えたいくらかの教師たちが利用したのが、作文教育である。作文を書くことで社会や自然を見つめさせることが目的であった。  明治初期、作文は教育の一つの対象とされていた。この時代の作文教育は、形式主義とされており、現在の領域でいうところの「説明文」を文語体で書くことが目標とされていた。やがて、1900年の小学校令によって、「作文」は「綴り方」となり、生活を綴ること、平易な文章で書くことが求められるようになった。樋口勘次郎は、生徒の自発的活動として文章を書くことを重視した。そこで、「自由発表主義の作文教授」を提唱し、後の生活綴り方の考えの土台となるひとつの考えを提示・実践した。 大正期になると芸術教育運動と近い綴り方運動が起こり、生活を描いた教材が豊富になった。また、北原白秋などの児童自由詩が生まれ、子どもたちが自由に詩を創作する基盤が形成されていった。昭和になると軍国主義が国家を覆うようになり、教育がその先端をいくようになる。大正自由主義の時代にはまだあった自由な教育への許容が、昭和になると不寛容になり、教育はますます国家統制が強くなっていった。戦後、日本の教育は占領軍による大きな改革が行われ、アメリカ流の経験主義が大々的に導入された。その結果、十分に消化しきれず学力低下を招くことになった。綴り方教育は、そうした批判のひとつとして影響力をもった。そして戦前弾圧された綴り方教師たちが現場に復帰し、再び生活綴り方を学校の現場に取り入れはじめ、日本作文の会という組織が結成され、今日に至っている」。

 最後の「合科教授」だけが、西洋の教育方法。ネット上では、「教科別に行われる分科教授に対し、教科を統合して教授すること。各教科を相互に関連づけ、児童・生徒の全人的育成をめざす。主として低学年で実施。合科学習」との説明や、「20世紀初頭ドイツで普及した。複数の教科を統合し、子どもの興味や生活経験を中心に知識や技能の教授を総合的に達成しようとする。日本では1920年、奈良女子高等師範学校付属小学校(木下竹次)の合科学習に始まる。コア・カリキュラム運動、1990年の小学校「生活科」設置も合科学習の流れと見られる」との説明がある。

 次の問題は、西洋教育史の問題です。ペスタロッチについての説明文の中から、誤っているものを選ばせます。『一般教育学』は、ヘルバルトの著作ですので、これが間違いになります。ペスタロッチは、新教育運動の前段階に位置づけられる教育思想家。スイス革命前後を生きた。ヘルバルトで覚えておかなければならないのは、4段階教授法。明瞭、連合、系統、方法、です。

(2014年3月30日)

戻る 浩の教室・トップページへ