勉強会の開催日程ページへ 勉強会報告一覧ページへ  勉強会申し込みページへ


浩の教室・第14期 第3回(通算765回)勉強会の模様

 本日、当サイト主宰勉強会にご参加いただいたみなさま、お疲れさまでした。ありがとうございました。

 第3回からは、合格者の報告はなく、ワタシからの講義と面接練習、および資料の閲覧となっています。

 講義は、2013年に公布された「いじめ防止対策推進法」についての全般的な説明をいたしました。実践的な講義にするため、問題演習形式の配布プリントを解説する形をとっています。今回の場合、法律ですので、重要な語句を穴埋めし、参加者に印象付ける手法をとったほか、同法が登場した背景についても、お伝えしました。なお、同法はたくさん条文がありますが、その中でも、目的、定義、基本理念を問題化し、解説では、その他の重要なと思われる、ということは出題可能性の高い条文をいくつか拾い上げ、それをも穴埋め問題化し、解説を試みました。

 どうしても法律の文章ですので、乾いたものでありますし、回りくどい表現や何度も同じ言葉が登場するわけで、読むのも一苦労になります。それらを現場に解き放ったらどうなるのか、法律の運用について現実的な例をあてはめて、みなさまにはお伝えしました。

 単に法律の文章を覚えるのはたいへんですけれど、現実に重ね合わせたときにどうであるのかを推測し、そうした角度から法律の文章を読み取れば、やや覚えやすくなるのではないでしょうか。

 講義のあとは、個人面接練習に移りました。久しぶりの実践的練習で、感覚が鈍っていなかったでしょうか。奈良県を志望のOさんが果敢に挑戦してくださいました。内容は個人情報ですので伏せます。いまいちど、基本に立ち返り、よくある質問事項つまり志望動機などを固める必要があるでしょう。それは、参加者全員の仕事となります。といいますのは、この夏に受けてから、残念な厳しい結果に終了したあとも、個々人の努力はつづいているわけでして、そうであれば、志望動機にも変化があるからです。

 こうした地道な作業の積み重ねをこの時期からしておくことが肝要かと思われます。

 最後に、自己売り込みのツボの資料閲覧のほか、合格者のノートが多数ありますので、どのように勉強してきたのかといったことの「記録」として紹介し、実際に手にとってもらって読んでいただきました。今後、ご自身が作成することになる目標になるでしょう。

(2016年10月9日)

勉強会の開催日程ページへ 勉強会報告一覧ページへ  勉強会申し込みページへ 浩の教室・トップページへ