日々旁午

2016


■本日は、阪神大震災から21年です。大震災でお亡くなりになったすべての方に哀悼の意を捧げますとともに、ご遺族の心中をお察し申し上げます。ワタシも、まったく軽微ではありましたが、一被災者としてこの震災を忘れることはありません。その後に起こった新潟、そして東日本大震災。ご冥福を祈るほかありません。
 16日は、当サイト主宰勉強会を開催いたしました。ご参加のみなさま、オツカレさまでした。新しくご参加いただいた方、ありがとうございました。
 当日は、思うところがあって、みなさまに勉強会の方針の変更についてのご意見を賜りました。教職教養の勉強をどのように進めていくか、あるいは、面接練習に集中し過去問解答解説を省略してしまうか、ということに関してでした。結論を申し上げますと、大阪圏のそして過去問解答解説の時間を30分程度に絞り、継続するということになりました。たしかに、マークシート対策は自分の力でできるものです。しかし、その一方で、まったく教職教養に触れていなければ、重要な教育術語に対する感性が鈍ることもありえます。こうしたことから、継続を決めました。次回からも、よろしくお願いいたします。
 16日は多数のご参加の予定でしたので大阪圏の解説を省略しました。いつものように自己売り込みのツボと個人面接練習でした。売り込みのツボは2巡目にはいり、初回のチャレンジよりもよいものに仕上げて報告がされてきています。とてもよいことです。3分間で語る文面を仕上げれば、話す力も飛躍的に向上します。空きがあれば、2回目の挑戦も受け付けていますので、お申し込み、お待ちしています。
 個人面接練習では、かなりの変化球的な応答を求める練習もいたしました。これはこれで頭がフル回転したのではないでしょうか。今後も、「手を変え品を変え」、多様な面接練習スタイルを用意し実施して参ります。
 みなさまの勉強会へのご参加をお待ちしています。思い立ったら吉日です。
Jan.17,2016
■新年の勉強会の開催は、1月9日からでした。満席のご参加、ありがとうございました。ご参加いただいた方の主体的な練習を優先することから、この日は大阪圏の過去問解答解説を省略し、自己売り込みのツボと個人面接練習の2本立てといたしました。
 自己売り込みのツボは、3分間で自分自身を語るコーナーといっていいと思います。毎週1名か2名にチャレンジしていただいています。みなさん、一所懸命に文面を作成して来られますが、なかなか完全なものとはならず、いろいろな指摘を受けて、最終的に仕上げられることを期待しています。
 個人面接につきましては、この時期になって、かなり個人差がでてきているようです。秋からのタメ、あるいは昨年からのタメがある方と、最近ようやく取り組みはじめた方とでは、ヤパリちょっと違います。応答の内容や、いわゆる「面接官対応力」が伸びているようですね。
 しかし、まだ半年ありますから、十分、間に合います。新しくご参加いただいた方の中には、レベルが高かったことに驚かれた方もいらっしゃったのではないでしょうか。がんばりましょう。
Jan.16,2016
■きょうになって昨年末の勉強会について書くのはいささか恥ずかしい気持ちがしております。だいぶんサボっていたといわれても致し方のないところ…。
 年末の勉強会は、師走の忙しい26日に開催されました。もう、ずいぶん前のように感じます。
 内容的には大阪圏の過去問解答解説、自己売り込みのツボ、個人面接練習でした。こちらの3本立ては、年内変更ありませんでした。
 思うに、大阪府の1次試験のあり方が変更されたのに伴い、個人面接を練習する時間を増やすのは当然の対応でありましょう。すでに1月期、2回勉強会を開催していますが、個人面接練習の配分を増やしていくことといたします。
Jan.15,2016

日々旁午・表紙へ 浩の教室・トップページへ