日々旁午

2010



■この土曜日に当サイト主宰勉強会にご参加いただいたみなさま、お疲れさまでした。卒業生にして現職の先生方からのご報告も終了し、「どういうふうに勉強して合格したのか」の個別ケースを知ることができ、作戦の立て方もちょっとづつわかってきたのではないでしょうか。
 11月の初回であったこの土曜日は、大阪府の1次過去問解説の3番と、集団面接を実施いたしました。3番の問題の文部科学白書引用が長かったこともあり、詳細にみていくと同時に、そこから面接質問を作り出して、みなさまにたずねていくという方法をとりました。今後も、こうした実践的な勉強の方法をとっていきます。つねに勉強会の場では緊張し、答えきれる自分をつくっていってください。いま、すらすら答えられなくてもいいのです。その完成型は、さしあたり7月上旬であればいいのですから。
 土曜日にイロイロとでた質問事項をノートに書きとめられていると思います。それらにどう回答するか、あらたにノートを作っていってください。そうした勉強を通して、基礎を固めるわけです。1問1答式の勉強は、教員採用試験では意味がほとんどありません。あやまった勉強方法でとりくんでいくと時間を浪費します。多くの合格者を出しているこのサイトと勉強会を信頼するのであれば、ぜひ、こうした方法をとりいれてやってみてください。
 来週は、府1次の4番を解答解説します。法規の問題なので、「考える」ことが少ないのかどうか。どうなのでしょう。来週、一緒に検討してまいりましょう。時間があると思われますので、ようやく講義にも着手できそうです。
 最後に、集団面接を実施いたしました。こちらは、大阪府ほか、本番に即した集団面接を行ないます。今回の参加者は5名、28分間で8問程度をたずねました。みなさん、しり込みせず、手を挙げて参加してくださいね。今期初回となった集団面接でしたので、ごく簡単な質問からはじめました。ニュースや息抜きの仕方、どんなクラスを作りたいかなど、基本的なものです。今後、あらゆるパターンの質問をしてまいります。がんばってくださいね。集団面接終了後に講評しましたけれども、現役の大学3年生Tさんの面接参加は、フレッシュな感じを吹き込んでくれました。なにより、「挑戦してやろう」の意気込みが素晴らしい。講師や社会人のかたに負けず応答しようという姿勢が、最終的にモノをいいます。今年、悔し涙を呑んだIさん、なんでダメだったかわからない応答でした。すこし間が開いたので、応答するのにしんどいかなと思っていたのも、なんのその、力落ちていません。しかし、何かが足りなくて厳しい結果だったわけですから、今年はそのあたりを、つめていきましょうね。特別支援のお2人は、互いに切磋琢磨できる相手がみつかってよかったです。ライバルであり、なかよしであり、の態度で、今年を乗り切ってください。はきはきしたお2人の印象が、傍聴しているみなさんに伝わったことでしょう。Nさん、いい味出してます。
 ようやく本格的に始動した勉強会、飛び飛びの参加ではなく、継続してご参加されると、よくわかってくるようになります。校務や冠婚葬祭ありますが、極力、間を空けることなく勉強してください。
 さて、本日も「合格した参加者の声」をアップしています。ご覧ください。
(11/8)

日々旁午・表紙へ 浩の教室・トップページへ

■10月の末に、今年も大阪府の教員採用試験の結果が発表されました。悲喜交々でした。みなさんも、合格をかみ締め、雪辱を期すの立場に立っていらっしゃることと思います。あるいは、理不尽な感覚を持った方もいらっしゃるでしょう。競争試験ではなく選考試験であるところに、教員採用試験の難しさとわからなさがあるといえます。したがって、知識量がいくらあっても、なかなか難しい試験となるのでしょう。今年も、当勉強会出身者で、1次35点でダメだったかたがいらっしゃいます。ぜひ、捲土重来していただきたく思っています。
 あきらめると教員になることはできません。どこかにまだ問題点があったのでしょう。それが、知識なのか、面接なのか、はたまた運なのか、それはわかりません。ただ、もう10年以上受験生をみていて思うのは、運も絶対あるということです。集団面接のグループがどのようであるのかも、運です。どんな面接官にあたるのかも運です。当日の運を最大限に増幅することが、合格を手繰り寄せる方法であることはまちがいありません。
 では、どういうように手繰り寄せればいいのか。それは、ここに書けるものではありません。なぜなら、それは、語りつくすことができない分量になるからです。
 今年合格されたみなさま、300人以上のかたが年に辞める教員の世界です。いまの初志を大事に持ちつづけ、教員生活を貫徹してください。
 「合格した参加者の声」を2通アップしています。苦しみぬいた上での合格までのレポートです。来年をめざすかた、参考にするべきでしょう。
(11/4)

日々旁午・表紙へ 浩の教室・トップページへ