日々旁午

2017


■あすは、当サイト主宰教員採用試験対策の勉強会を開催いたします。すでにお申し込みのみなさまに、ご案内のメールを差し上げています。あすは、午前中ではなく、13時からの開催となります。みなさま、よろしくおねがいいたします。
 なお、あすは、当方から、教職教養のレジュメを持参いたします。
Nov.10,2017
■当サイト主宰教員採用試験対策勉強会には、現在、遠く高知や徳島、また、愛知から通ってこられる方がいらっしゃいます。ありがたいことです。
 私自身も、広島、香川、島根、長崎に参りまして、教員採用試験対策学習会の講師を担当しています。各地のみなさま、また、近畿の各府県をめざすみなさま、来年夏の教員採用試験のために、そろそろエンジンをかけましょう。
Nov.7,2017
■大阪府の教員採用試験や奈良、兵庫の教員採用試験の対策勉強会を開催しています。11月、12月の日程を挙げています。みなさまからのお申し込み、お待ちしています。
 大阪府の教員採用試験は、その状況がかなり変わってきました。受験科目などにも多少の変更はありました。2次までだったのが、3次までとなりました。
 大阪府の場合、チャレンジテストを実施しておりますが、かなり変質したようです。というのは、受験生の一人からお聞きしたのですけど、合格率が1パーセントなんですね。かなり厳しい試験となりました。6000人受けて60人程度なんですから、さすがに懸命に勉強していないと苦しいでしょう。
 また、大阪市の試験では、数学の倍率が10倍に。もう、7年も、8年も前になりますが、そのときは1倍を切っていて、大丈夫かと心配したものです。
 こうしたことから考えますと、もう「大量採用」ではないということです。いかに人気のない大阪であろうと、簡単には受かりません。そうした時代になりました。
 人物重視ととも学力も重視する、本来の試験の形に元に戻ったということです。だからこそ、対策する価値があります。ペーパーは自分でもできます。しかし、人物対策は一人では無理です。
 合格をめざしてがんばっている方、一緒に勉強しましょう。お待ちしています。
Nov.6,2017
■今週は勉強会をお休みしました。霜月の頭は、大学でいえば学園祭がありますし、一般社会的にいえば文化の日の連休がつづきますし、そうした理由から、ワタシもお休みさせていただきました。
 といっても、お休みの間に、いま手がけている論文を仕上げました。原稿用紙で80枚くらいなのですが、相手方から制限をいただきまして50枚になりました。かなりカットしました。
 そうしたわけで、この9月や10月、そしてつい最近まで、資料に没頭する日々がつづいておりました。まだ〆切が先(来年初旬)なのですが、いまから書いたものを寝かす期間です。
 2月の頭にも〆切りがあるので、まるで水泳のレースのように、向こう岸にタッチして、いまから取り組む様相です。
 今週末は勉強会を開催いたします。みなさま、よろしくお願いいたします。
Nov.5,2017
■大阪府の教員採用試験の結果もでて、あるいは喜び、あるいは厳しい結果に苦しまれている方もいらっしゃると思います。厳しい結果の方も、そろそろ落ち込みから回復されたでしょうか。ぽつぽつとご連絡いただいています。ダメだった方も、連絡くらいはほしいものです。
 大阪府ほか、教員採用試験は難しい試験です。教員への道を、あきらめないのであれば、めげずに体勢を整えて、次のチャンスに備えましょう。
 苦しみは 次の自分を 作ります あきらめないで 先をみつめましょう
Nov.4,2017
■はやくも霜月に入りました。今月の花は、セントポーリアです。月末には学霜会を開催します。当サイト勉強会の卒業生にして現職のみなさまとの会合です。みなさまからのご連絡、お待ちしています。
Nov.1,2017

日々旁午・表紙へ 浩の教室・トップページへ