日々旁午

2013


■如月も晦日。はやいものである。今月はゆったりしていたなあ。毎年、嵐の前の静けさで、如月は、のほほんと過ごせる。もちろんそれは、大学の授業が休みというほかに意味はない。のほほんとしているわりに、PCを叩いて下拵えは継続しているのである。業務委託契約系統の仕事は、休みを許さないから、休めば休んだ分を取り返そうと突貫工事をして帳尻をあわせなければならない。
 今月はこの旁午を一日も欠かさずに更新できたのではないだろうか。小出しに勉強会の模様をアップしたり、ユーチューブを貼ってごまかしたり、そういうような更新ではあったが、サイト的には充実しているように装っている。サイトの配色も変更したし、ウツトモの助言を取り入れて、構成もよくしたつもりである。
 明日から弥生。睦月の水仙、如月の梅、そして弥生の桃、卯月の桜。花を愛でるのもよかろう。桃の季節はいささか雨が多い。傘の出場機会も増えるのだろうな。
 教採的には、1次まで、あと5ヶ月ですね。まあ、まだ時間はある。卯月を過ぎればみんながみんな本格的に勉強をしはじめる。その前に弥生から取り組むのもよい。雪洞に明かりを点けて勉強しましょうか。
Feb.28,2013
■やはり、広島の問題は、むつかしい。しかも、完答でないと点数をもらえないので、うろ覚えでは対処できない。記述式で部分点がない試験など、広島教採くらいではないか。
 条文の穴埋問題はあるけれども、条文全体を書かせるような出題もある。もう10年も広島教採の分析をつづけてきたが、この傾向に変わりはない。
 対策をどうするかだが、もう、これは、すべて正確に覚えるほかない。広島教採は、1次で教職教養と専門教養が出題されるが、合格者でも、教職教養は20%の得点獲得率で合格しているのである。なぜ、広島は、かたくなに、このような出題方式を継承しているのだろうか。
 春4月から、今年もまた広島に通います。広島教採対策講座、4月21日(日曜日)が初回となります。ご参加のみなさま、よろしくお願いいたします。
Feb.27,2013
■集団面接を最後に実施いたしました。挑戦者は5人、時間は20分程度でした。質問事項は、ストレス解消法はんなんですか、自己分析し、自分の長所を述べてください、友人関係を長くつづけるコツを教えてください、おもしろい授業とは、どのようなものですか、いい残したことはありますか、でした。今回、時間が押しまして、実施時間が短くなったことをお詫び申し上げます。その代わり、いつもはあまりじっくりみることのできない先輩たちの残していってくださったノートや模擬授業の指導案集、自己売り込みのツボ集をご閲覧いただきました。さすがに個人情報ですので、コピーはできませんが、手書きで写すことについてはOKを出しています。
 さて、集団面接ですが、みなさん、一定程度流暢にお応えいただきました。今回は、合格した卒業生のYさんにご参加いただきまして、十分にお時間を提供できなかったですが、コメントをいただきました。ありがとうございました。Yさん曰く、この時期にここまで応答できているのはすばらしい、とのこと。記してお伝えいたします。ワタシといたしましても、多少、まとまりない発言もあったものの、おおよそいいかなというつもりで、45点を差し上げました。ハハハ〜 点数の根拠は、当日申し上げたとおりです。次回また、がんばってくださいね。
 みなさま、当サイト主宰勉強会4月期にお申し込みくださいましてありがとうございます。お申し込みされた方すべてに返信を差し上げています。メール内容にしたがって、ご返信よろしくお願いいたします。
 4月期の水曜の勉強会は、座席があります。平日の午後と、たいへんな時間帯ですが、みなさまからのお申し込み、お待ちしています。
Feb.26,2013
■「模擬授業のポイント」では、みなさんからの質問も受け付けました。実践的なご質問や過去問をあげられた方もいらっしゃいました。応答にご納得いただければ幸いです。
 模擬授業は多くの自治体において2次試験科目です。大阪府の昨年の2次試験テーマの一覧表もありますので、それを希望者に配布いたしました。当然、この夏のテーマは昨年と変わるでしょうから、新たに対策が必要です。それでも、大阪圏ではあらかじめテーマがわかっていますし取り組みやすいでしょう。テーマが指示する学習指導要領のページを参照し、さらにそれをもとに教科書を検討し、指導案を作成すればOKだからです。
 つづいて、自己売り込みのツボの報告に移りました。今回のご報告はMさんです。Mさんはここ1年講師として勤務していたフレッシュマンといっていいでしょう。それだけに、学校でどのようなことをしてきたかの報告的な売り込みとなりました。それが、報告書の提出のように感じられて、面接時に売り込める熱意が伝わるものであるかどうか疑問でもありました。このあたりが検討課題です。
 最後に集団面接でした。この模様については、次回更新といたします。
 ところで、本日は当サイト主宰勉強会、4月期の受付開始日でした。土日は1分で座席が埋まりました。水曜平日午後開催は空席があります。みなさまからのお申し込み、お待ちしています。
Feb.25,2013
■昨日は、当サイト主宰勉強会に多数ご参加いただきましてありがとうございました。新しくご参加いただいた方もいらっしゃいました。いかがでしたでしょうか。せっかくの休日を勉強会に消費いただいたかいがあったでしょうか。いまは、反省の念ばかりです。
 昨日は、ワタシの方から「模擬授業のポイント」についてお話させていただくことからはじめました。資料としましては、右欄のページをリンクしていただきましたら、同様のものをみることができます。当サイトを閲覧いただいているみなさま、よろしくご参照下さい。
 勉強会では、この資料を題材に、これまでの勉強会において蓄積してきましたワタシの感覚的なもの、そして、卒業生が残していってくださった指導案を活用し、すすめてまいりました。資料には書いていない情報なども提供することができました。今後の模擬授業の実践に、是非、生かしてください。
(以下、次回更新)
Feb.24,2013
■本日は、当サイト主宰勉強会を開催いたします。ご参加のみなさま、よろしくお願いいたします。あすは、模擬授業のポイントと自己売り込みのツボと集団面接となります。
 また、勉強会終了後は、珈琲会、そして、厳燭会を開催いたします。厳燭=現職です。当サイト勉強会卒業生にして現職の先生方の集まりです。懐かしいお顔を拝することを楽しみにしています。
Feb.23,2013
■このレヴューがいちばんわかりやすいかな。買って4ヶ月なのですが、まだ走行距離500km。どっかいくかな、と思うけど、思うだけでどこにもいけないです。ときどきミナミに乗りつけるだけ。それもまだ数回かな。
 まあ、いまは仕事がたいへんだし(いつもか)、車でお出かけというわけにはいきません。みんなも勉強がんばっているし。それに、2階建ての駐車場の上にあるので、下の車を出すのが億劫。逆に、それがよいのかも。
 もうすぐ保険料や税金の徴収の季節ですね。車は維持するのがたいへんだから、若者が車から離れていくのかな。車って、実務的に活用するほか、ヤパリ、遊びの道具だし、それそのものが趣味であるひともいます。
 来週、ドナルド=フェイゲンとポリスを聞きながら、阪神高速でも走ろうかな。ストレス解消に。

Feb.22,2013
■ここからの眺望はたのしい。ひとの往来を眺めたり、警察官の交通整理を眺めたり、PC作業に疲れたときに目を遠くにやれるからである。
 心斎橋と千日前通りが交差する地点もそう遠くはなれていないから、ひとが束になって流れているのもわかる。がんこ寿司の看板やミフネの看板、エイブルや美粧館の看板もある。高速道路が東西に走っている。
 雑多、雑居ということばが、これほどしっくりくるところはない。パチンコ屋と銀行とファッションビルが雑然と建設されている。
 ここにいる間に、信号は、何度、変わっているのだろう。3分間で信号が変わるとすれば、1時間で20回変わることになる。1日に480回か。2時間の滞在で、40回、人が歩くのを切断されている。
 ここからは普通に見える横断歩道も、近づいてみれば、白線の幅は50cmはあるのだろう。自転車のマークもじつは大きく路面に描かれているにちがいない。そんなくだらないことを妄想したりなどする。
 そんな、いつもと変わらぬ風景に安心を覚える。
 こういう場所のどこかに事務所を借りるのが、年来の夢である。一度、下見にいったこともあるが、諦めてしまった。それは、この街の喧騒のひどさが理由の一つであるが、もう一つ、やはり、ペイできないのではないかと思うからである。場所柄、一坪単価が高いのは仕方がない。だが、そのことよりもむしろ、雑居ビルだと新しく参加される方の信頼を得がたいのではないかという危惧が、事務所を借りない最大の理由である。
 ここは、ワタシを育ててくれた街だし、愛着が強い。いまも大好きな街である。と同時に、恐ろしい、厳しい街でもある。時々、ここにいて、ツイッターでつぶやくのは、こうした感想が綯交ぜになって、厳しく楽しい街であることを再自覚したくなるからである。それに、切ない街でもあるからである。単独行動を受け容れてくれる街でもある。
 そういう場所に事務所を開くのは、夢のままにしておくのが、いいのかもしれない。これは、弱気だからではない。この街を愛しすぎて、敬して遠ざけるのが、あるいはいいかも知れないと考えるからであり、また、この街はやはり、不思議な話ではあるが、ワタシのプライベートな空間としてremainしておきたいからである。
Feb.21,2013

日々旁午・表紙へ 浩の教室・トップページへ