日々旁午

2008



日々旁午・表紙へ 浩の教室・トップページへ

おしらせ今後、当サイト主宰勉強会にキャンセルがありましたら、この「旁午」欄においてアナウンスし、再募集をさせていただきます。再募集はの記号を用いまして表示いたします。開催日程はこちらです。ただし、キャンセルのあった当日朝にご連絡いただいても、連絡がとれません。ご了承ください。その意味では、極力キャンセルされる方は早めのご申告お願いします。
当サイト勉強会で使用している問題集や参考書ほかを、大阪駅前第2ビル地下2階で、いつでも購入することができるようになりました。地下2階にレンタルボックス・キャビン(06-6344-0509:営業時間/平日11:00〜19:30/土日祝11:00〜18:00)というお店に陳列しています。問題集のほか、しょうもない小物も置いていますのでご覧ください。合格お守りのキティちゃんも!
現在、「シート式A」、「シート式B」、「シート式C」、「平成19年夏実施大阪府過去問解答解説集(教職教養部分のみです)」、「新しい答申『幼稚園、小学校、中学校、高等学校及び特別支援学校の学習指導要領等の改善について』の解説付資料集(答申そのものをワタクシの判断で精選し、縮減したものに解説を少しだけつけたもの)」、などをおいています。
 なお、今年1月17日付の答申「子どもの心身の健康を守り、安全・安心を確保するために学校全体としての取組を進めるための方策について」もおいています。こちらは、解説2枚と「ふろく」を含め、30枚ほどに仕上げました。答申類は、安価にて提供します。
レンタルボックス・キャビン店内に連絡掲示板が設置されています。連絡掲示板にご要望を記入いただければ対応しますので、必要な資料あるいは問題集について簡単にコメントくださいませ。たとえば、現在、「平成17年夏実施大阪府過去問解答解説集」、「平成18年夏実施大阪府過去問解答解説集」、「シート式A」はおいていませんが、コメントがあれば、おきたいと思っています。そのほかは、こちらのページ(日程の下に資料の一覧表があります)、および、こちらのページを、どうぞご覧ください。よろしくお願いします。

各種資料ほかをご購入いただいた方々、ありがとうございました。お礼申し上げます。

日々旁午・表紙へ 浩の教室・トップページへ

みなさま、本日は、当サイト主宰勉強会(5月期)申し込み開始日でした。1分で満席となりました。メール到着の数秒の違いもありました。ありがとうございました。折角申し込まれたにもかかわらず、満席のメールをご返信するのは心苦しいのですが、教室のキャパの問題がありますのでお許しください。現在、水曜日開催のみ空いております。よろしくお願いします。
(3/31)

日々旁午・表紙へ 浩の教室・トップページへ

3月29日の土曜日(JRなんば駅近辺開催、13時より)、および4月5日の土曜日(JR大阪駅近辺開催、13時より)に、それぞれキャンセルがありました。それぞれ先着1名の募集となります。右上のメールフォームより、みなさまからのご連絡お待ちしています。ドコモほか、携帯からのお申し込みは、ご遠慮ください。ブロックされて返信のメールが届かない可能性が高いからです3月26日06時36分に、4月5日の1名を締め切りました。ご応募ありがとうございました。お申し込みされた方にはご返信しています。ご確認ください)。

日々旁午・表紙へ 浩の教室・トップページへ

あす土曜日、あさって日曜日は、当サイト主宰勉強会を開催いたします。すでにご参加予定の方々にはメールにてご連絡を差し上げておりますが、よろしくお願いします。土曜と日曜では開催場所が異なりますのでご注意ください。
 両日ともに、プログラムはほぼ同一です。よろしくお願いします。この週から、集団面接の練習を行ないますので、がんばってくださいね。大阪府の1次対策として、本番さながらに実施いたします。集団面接は時間が許せば2回やりまして、最後に集団討論を行ないます。人物試験対策に力をいれる所存です。集団討論のテーマは、土日同じテーマです。「学校でどうすれば豊かな人間関係、友人関係がはぐくまれるでしょうか。豊かな人間関係とはどのようなものか指摘しながら、議論してください」といたします。
 なお、答申の勉強をどうするか、少し考えております。1月17日に報道発表された資料はまとめてありますので、そちらを配布し、ごくごく簡単に解説するかどうか迷っています。重要な答申であるのには間違いありませんので、そのプロットだけでもみなさんと確認したい気持ちが強いです。勉強会の場において、ご意見いただければ幸いです。
 では、あす、あさって、よろしくお願いします。

(3/28)

日々旁午・表紙へ 浩の教室・トップページへ

先週、今週と激動の日々を過ごしておりまして、更新はいうまでもなく、ご連絡等々におきましてもすぐのご返信ができず、申し訳ありません。ま、プライベートなことですので、ここで「激動」の内容を暴露する必要もないので、ひとこと「ウホホ」と書いておきます。
 昨年秋からはじめて土日に休みをとることが叶い、休みとはこんなによいものなんか〜と実感しました。休み癖がついてはいけませんのでがんばります。もう新学期もすぐですので、講義ノートの点検、レジュメの作成など、しっかりやりますね。
 みなさま、水曜会の方も満席がでるまでにお申し込みいただいております。ありがとうございます。充実した時間を提供しようと考えておりますので、よろしくお願いします。
(3/26)

日々旁午・表紙へ 浩の教室・トップページへ

3月30日の日曜日、および4月13日の日曜日に、それぞれキャンセルがありました。JR大阪駅近辺開催、13時よりです。それぞれ、先着1名の募集となります。右上のメールフォームより、みなさまからのご連絡お待ちしています。ドコモほか、携帯からのお申し込みは、ご遠慮ください。ブロックされて返信のメールが届かない可能性が高いからです(3月24日01時23分に、3月30日の1名を、3月24日16時32分に、4月13日の1名を、それぞれ締め切りました。ご応募ありがとうございました。お申し込みされた方にはご返信しています。ご確認ください)。

日々旁午・表紙へ 浩の教室・トップページへ

Aさんの提示された像は、つづく発言の中で「生きる力」を備えた像であると換言されました。前回更新の最後に「考えてくださいね」と投げかけたのは、「生きる力」がみなさんに浮かぶかどうかを確認したかったからです。そうすると、へこたれない児童生徒を育成する代表的授業時間として、総合学習があがるでしょう。Aさんの発言論旨もこのようにすすみました。そこでは中学校における作文がとりあげられたのですが、美化活動に関する作文をまとめたときの話題がありました。
 ここで話題転換がありました。Bさんの発言です。Bさんは、これまで教員の目からみた像を語ってきたけれども、生徒自身にも保護者にも理想像はあるので、こうした要求をも十分に組み込んでいくことが期待されていると述べられます。Fさんもこのご意見に同意し、こうなりたいという力を引き出すのが教員であり、こうした人間になりたいということを引き出すのが授業時間であるとご意見されました。Eさんは、Bさんのご意見に対し具体的に応じようとされ、保護者の願いを受け容れるため、担任が家庭にインタヴューにいき、保護者の我が子に対する期待をビデオに収め、それを学級で放送するのはどうかと提案されました。Aさんは、こうした議論の最後に、素の子どもと向き合っていくことが期待されているとまとめられました。
 Fさんは、学校でみられない児童生徒の一面、つまり、クラブや地域行事でみせる児童生徒の意外な姿に注目し、それをみて感動しつつも、その児童生徒の特質あるいは個性を引き出していくことがよりよい指導になるのではないかと述べられました。そのためには、しっかりした児童理解、生徒理解がEさんいわれるように重要になってきます。また、Bさんが提起されたアンケートによる適性検査を用い、どういう人間になりたいか、また、どういう能力を持っているのかを探ることも教員の仕事でしょう。Aさんは「自分で気づかなかった自分の発見」と表現されました。これは最後の発言者Fさんの、自己同一性、アイデンティティーの課題となります。スピーチ大会を通して、あるいは人権教育を通して、この課題は生きるためのヒントを培うことになるのですね。
 さて、以上で討論は終了です。最後の方で、保護者の像を語ると転換があったところでは、テーマからずれないようにする注意が必要でしたが、何とか大丈夫でした。今回の討論には、ほめる指導といったことがありませんでしたし、最近の児童生徒に欠けていることも議論にありませんでした。まあ、議論からこぼれる論点は20分間とかぎられた時間ですので致し方ありませんね。好奇心、チャレンジ精神といった教員として求めたい像も、言及するべきことでしょう。
 みなさま、もう春ですね。これからはじまる集団面接、個人面接、がんばってくださいね。
 そうそう、この週末から、ちょっと更新お休みいただきます。
(3/21)

日々旁午・表紙へ 浩の教室・トップページへ