日々旁午

2009



日々旁午・表紙へ 浩の教室・トップページへ

当サイト勉強会で使用している問題集や参考書ほかを、大阪駅前第2ビル地下2階で、いつでも購入することができるようになりました。地下2階のレンタルボックス・キャビン(06-6344-0509:営業時間/平日11:00〜19:30/土日祝11:00〜18:00)というお店に陳列しています。下の写真、ロボットが目印です。問題集のほか、しょうもない小物も置いていますのでご覧ください。

現在、「シート式C」、「シート式D」、「平成19年夏実施大阪府過去問解答解説集(教職教養部分のみです)」、「平成18年夏実施大阪府過去問解答解説集(教職教養部分のみです)」、などを陳列しています。

レンタルボックス・キャビン店内に連絡掲示板が設置されています。連絡掲示板にご要望を記入いただければ対応しますので、必要な資料あるいは問題集について簡単にコメントくださいませ。コメントがあれば、おきたいと思っています。そのほかは、こちらのページ(日程の下に資料の一覧表があります)、および、こちらのページを、どうぞご覧ください。よろしくお願いします。

各種資料ほかをご購入いただいた方々、ありがとうございました。お礼申し上げます。

日々旁午・表紙へ 浩の教室・トップページへ

(再掲)みなさま、当サイト主宰勉強会に、多数お申し込みくださり、ありがとうございます。日程と申し込み状況をご覧になられればお分かりのように、満席状態がつづき、ご迷惑おかけしております。何分、小さな教室で実施している関係上、募集人数は限定されてしまいます。どうかご容赦ください。
 こうした問題を解決するため、この4月からは、水曜日も開催いたします。水曜日の午後、大阪市内までご足労いただける方、是非、一緒に勉強しましょう。当サイト主宰の勉強会は、何かを売りつけたり、宗教団体であったり、政治団体であったりではまったくありません。ただ、開催にあたって是非とも必要な経費から、参加1回あたり1200円は必要となりますのでご理解ください。1回あたり、参加者は上記の1200円と、ご案内のペーパーや資料あわせてコピー代20円〜100円くらいが必要になってまいります。100円というのは、資料が10枚ということを意味します(@10円)。
 いずれの曜日の開催も、どちらかといえば女性が多い状態です。おそらく、サイト経由で勉強会に行きたいなとお考えの方でも、とりわけ女性の方は、怖くて二の足を踏んでおられる方もいらっしゃると思います。そこは、当サイトの運営姿勢から、判断いただくほかありません。
 最近では、口コミで、当サイトの勉強会の存在が静かに広まっています。また、多数の合格者を輩出し、その合格者からのご紹介などによりまして、今年は参加者が急激に増えています。多様な要望にすべて応えることはなかなかむつかしいですが、継続的なご参加を可能とする制度(水曜会継続参加制度)も用意いたしました。
 しかし、はじめてご参加の方も、すんなり勉強会に参加いただけるように配慮しております。みなさまからのお申し込み、とりわけ、比較的すいている状態の水曜日午後へのお申し込み、お待ちしています。
 水曜日は、土日開催の内容のほか、少し考えるところありまして、初回は簡単に、採用試験の概要などをお伝えしたいと考えております。これまで当サイトにて紹介したこと、卒業生が残していってくださった受験報告、そのほかを活用し、いわば、教員採用試験の「ツボ」をお話したいと思います。なお、「まだ、勉強をはじめたばかりなんだけど」とか、「まったく勉強法がわからない」とか、「いまからで大丈夫なのかな」などといった疑問や心情をお持ちの方にも、少しはお答えできると思っています。
 現在、メール受付中です。先に参加費を振込いただくことになりますことをご理解ください。こちらのページを参照ください。みなさまからの参加お申込お待ちしています。よろしくお願いします。

(再掲)数学質問応答会のご案内(←クリック!)
 このたび、「浩の教室」では、「数学質問応答会」を開催することに決定いたしました。以下、同会の趣旨につきまして、箇条書きにて説明いたします。
 @はじめての試みですので、4月に2回のみ(4月11日sat、4月26日sunの午後、大阪市内の生涯学習センター)開催します。好評いただければ、5、6月期も開催を考えてまいります。
 A開催にあたりまして、数学の専門家をお招きいたします。2、3名の予定です。
 B開催時間は1開催あたり、4時間です。
 C通常開催の「浩の教室」は1000〜1200円ですが、今回の数学質問応答会は、1回参加あたり2000円の振込先払いとなります。2回とも参加できますが、その場合は4000円となります。前納の2千円は、「キャンセル、欠席」された場合は、申し訳ないながらご返金できません。ご理解、容赦ください。定員に達した時点で締め切りらせていただきますが、以後「キャンセル待ち」として随時募集の扱いをさせていだだきます
 Dなにか、講義をこちらから提供するものではありません。これからみなさんが教採1次試験に向けて数学を独力で勉強しているうちに、どうしてもわからないところが出てくると思います。それを講師に聞くというスタイルです。したがって、開催当日より数日前までに、事前に自分でわからないところを整理してくることが参加条件となります。雰囲気的には、「休み時間に先生のところにわからない問題を教えてもらいにいく」といった感覚で実施いたします。
 E質問の内容、程度は、大阪府の1次試験における数学の出題に準じます。過去問でわからないところのほか、みなさんが独自に勉強している数学の問題集、参考書のわからないところを聞く、ということもOKです。
 F募集人数は、10数名です。あまり多いとひとりあたりの質問にお応えする時間が少なくなるからです。なお、同じような問題が質問に挙がれば、集約して説明するなどの手段をとります。
 G現在、申込受付中です。先着順です。お申込は、右上の「メールフォーム」の「浩の教室:その他ご連絡」を選択いただき、本文に「数学質問応答会参加希望」とお書きの上、お名前と連絡先の電話番号をご記入ください。折り返しご連絡差し上げます。お申込をすればその確認メールが必ずすぐに自動返信されます。到着していない場合は、不受理ですので、ご注意ください。

日々旁午・表紙へ 浩の教室・トップページへ

更新を途絶えてしまい、失礼いたしました。ちょっとの間、大阪にいなかったからです。中部の関、美濃の方にいってまいりました。本日夕方帰阪したのですが、関の刃物展示会館は軒並み休みで残念でした。あちらは月曜ではなく、火曜休館が多いようです。
 さて、28日は、当サイト勉強会に多数ご参加いただきありがとうございました。当日は、「自己売り込みのツボ」と集団面接を実施いたしました。「ツボ」はお2人の方に報告いただきましたが、Nさん、Tさん、お疲れさまでした。Nさんの「ツボ」原稿は、とてもうまく作成されていました。Nさんご自身の教育の実際面がよくあらわされていて、傍聴のみなさんからの反応もよかったですね。次の課題は、この原稿を前にして、5月の「1分間スピーチ」用に、どのように縮めるかですね。一番イイタイコトを精選し、まとめてみましょう。何個か作っておくのが得策です。Tさんは、2回目のチャレンジ、前の原稿が長かったのを反省し、手際よくまとめてこられました。分量的にはもう少し短くてもいいですね。Tさんも、「1分間スピーチ」で、どういうように展開すべきか悩んでくださいね。
 次に、集団面接を実施いたしました。集団面接は、主として大阪府の1次試験対策なのですが、他府県の方にとっても同様の科目がある場合は有効な勉強になるでしょう。今季初の集団面接でしたが、いかがだったでしょうか。2グループの実践となりましたけれども、各参加者に反省点があって、それらを指摘したつもりでした。なかなか面接官役をしながらポイント指摘するのは大変な作業です。本番では12、3分の設定ですけど、今の練習の時期、倍ほど時間をとってやってみました。クタクタになりましたか?
 集団面接の質問事項のだいたいは、右欄の「よく出るかも知れない…」に掲載しているものを、「面接官」口調で発問したものです。今後はヴァリエーション豊富に実施していきますので、是非、予習してきてくださいね。
 集団討論も大切ですが、なんといっても1次を通過しないとなにもならないとの立場からしますと、集団面接の力をある程度付けておかなければなりません。ご参加のみなさまのご意見を反映させつつも、少しの間、集団面接に力点をおいて実施していこうと思っています。是非、個別にみなさまからご意見ください。メールお待ちしています。

(3/31)

日々旁午・表紙へ 浩の教室・トップページへ

あすは、当サイト主宰勉強会を開催いたします。ご参加のみなさま、よろしくお願いします。
 あすは、自己売り込みのツボ、集団面接の順番で実施します。講義はお休みいたします。というより、集団面接をしますと、おそらく時間が足りないのではないかと思われるからです。
 久しぶりの集団面接、みなさん、がんばってくださいね。よく出るかもしれない教採面接質問集をじっくり検討してください。おそらく3つのグループに分けて実施することができるでしょう。このあたり、状況によって行ないますね。
 さて、数学質問応答会の期日が近づいてまいりました。すでに問題を提出いただいた方もいらっしゃいます。明日までにメール添付かFAXにて、「わからない問題」を届けてくださいね。よろしくお願いします。
 広島県教員採用試験対策の方も、レジュメが徐々にできあがりつつあります。ホッとしています。いま、40数枚なんですけど、もう少し増えるかな。なんとか4月になる前に形にできて安堵です。しかし、400字で書かせる問題は大変ですね。論作文がない分、代替措置といえばそうなんでしょうけど、それで100分とはシンドイ試験です。
 あ、大分のこと、もうご覧になった方もいらっしゃるでしょうが、なんと、3次試験までするそうですね。うーん、汚職はそういうことで解決するものではないのにな。教育長がまだ居座っているところにこそ、問題があると思っています。なんで辞めないのかまったく不思議です。大分では2人が訴えていると思いますが、詳細報道や原告のサイトとかないのでしょうかね。遠く大阪から大分の裁判所にいくことはできません。しかし、非常に関心があります。去年大分に合格した勉強会卒業生にたずねてみようかな。

(3/27)

日々旁午・表紙へ 浩の教室・トップページへ

いやいやいや〜、WBC盛り上がりましたね〜、10回表のイチローのヒットはナマで観戦しておりましたよ。最後にやってくれました。
 さて、気になる大阪府教委の発表ですね。福岡の会場のほか名古屋にも会場設置するとはね。まあ、これはいいんですよ。以下、新聞記事、『産経新聞』3月24日付からです。
 「4月1日に受験案内を発表し、5月8日に受け付けを終了。1次選考の面接テストは7月11、12、18、19、20、25のうち1日を指定して実施し、同月18、26日のどちらかに筆答テストを行う。結果発表は8月12日。同月22日から9月下旬にかけての2次選考をへて、10月26日に最終選考結果を発表する」。
 1次面接の実施に関しては日程を増やして対応しているので問題ありませんね。4月1日に確定するのかどうか、この記事からだけではわかりませんが、1次筆答テストが18日か26日かわからないというのは、どういうことなんでしょうかね。例年第4週だったのですが、第3週にするというのは他の自治体との関係なのか、堺市との関係なのか、よくわかりませんね。ま、まさか堺と別日程にするはずはないでしょうから、関東方面の自治体の様子見なんでしょうか。それとも、もう、関東方面は決まっていて、大阪府が場所など事務処理的な問題をまだクリアできていないだけなのでしょうか。謎ですね。
 「おおさか教志通信」46号では、
第1次選考    面接テスト    全校種教科等
(右記のうち、一日を指定します。) 7月11日(土)<福岡会場>、12日(日)<名古屋会場>、18日(土)・19日(日)・20日(月・祝)・25日(土)<大阪会場>
第1次選考    筆答テスト    全校種教科等
(右記のうち、一日を指定します。) 7月18日(土)、26日(日)
と説明されています。この書き方からすれば、18日と26日と2回に分けて実施するのかな。そうであれば、同じ問題を出題するわけがないですね。でも、これって、本当にどうなんでしょ。当然26日受験者の方が有利だと思うんですけどね。この理解の仕方は、ワタクシのまちがいなんでしょうかね。
 まあ、ワタクシたちとしましては、勉強の上では別段変わるところはないでしょう。残すところ3ヶ月と少し、がんばりましょうぞ。
 勉強会は1週間抜けました。28日は、自己売り込みのほか、集団面接を実施します。はじめて集団面接なるものを体験される方もいらっしゃるでしょうし、簡単に説明をいたしますね。それゆえに、議論のたたき台としての講義と集団討論はお休みにいたしますね。
 さて、数学質問応答会の開催も近づいてまいりました。ご参加予定のかたがたには、近々、メールを差し上げますのでご確認よろしくお願いします。

(3/25)

日々旁午・表紙へ 浩の教室・トップページへ

5月期の当サイト主宰勉強会へ多数お申込いただき、ありがとうございました。水曜日はまだ空席ございますが、土日開催は、5月24日に空席あるだけとなりました。お申込いただいたすべての方にご返信しております。よろしくご確認ください。
 追記:5月24日も満席となりました。
(3/23)

日々旁午・表紙へ 浩の教室・トップページへ

本日22日の22時より、当サイト主宰勉強会5月期の申込を受け付け開始いたします。
             クリック → こちらです ← クリック

 恐れ入りますが公平性を期すために、時間厳守でお願いします。また、受付後、お申込されたアドレスが間違っていないかぎり、また、受信拒否していないかぎり、必ず順次ご返信いたしますので、何度もお申込画面から送信するのをお控えいただけますようお願い申し上げます。
 なんども送信されますと、サーバーがダウンします。過去にもサーバーがダウンして最悪の状態、つまりこちらからメールを送信することができない状態になりましたので、ご理解のほど、よろしくお願いします。しかし、「ちゃんと受け付けてくれたかどうか」は気になると思われます。以下、ご説明します。
 @みなさまからお申込のメールを受信した後、自動的にお申込されたアドレス宛にコピーメールをお届けします。このメールが届かない場合は、受付していない状態です。このメールが到着するのにも少し時間がかかります。30分経過して到着しないようでしたら、再度お申込ください。
 Aその後で、再度、こちらから受付完了の正式なメールを、お申込いただいた方一人ひとりに、個別に送信します。そのメールの件名は「○○さま 浩の教室 △△」となっています。多数の方からメールをいただく関係上、30分から2時間くらい後にご返信いたしますのでしばらくお待ちください。遅くとも朝方までにはすべての方に送信いたします。
 Bつまり、お申込いただいたみなさまには、計2通こちらからのメールが到着することになります。1通目は「コピーメール(お申込受理メール)」、2通目は「受付完了メール」となります。
 C2通目の件名が「○○さま 浩の教室 △△」となっている「受付完了メール」に、詳細が書かれてありますので、このメールを確認後、お手数ですが、再度ご返信ください。
 註:ヤフーメール、ジーメールほか、フリーアドレスは、返信が遅れます。プロバイダのアドレスでお申込ください。また、フリーアドレスでお申込され、携帯アドレスをご記入いただいていない場合は、受付できない場合がありますのでご注意ください。
 なお、4月期の水曜会は、まだ空席あります。みなさまからのお申込、お待ちしております。

(3/22)

日々旁午・表紙へ 浩の教室・トップページへ

ただいま個人的な仕事を抱えて四苦八苦しております。この連休でなんとか乗り切れそうです。月曜日に最終確認といったところです。更新を少しサボっていたこの間、WBCもちょこちょこ観戦してました。イチロー、調子悪いみたいですね。天才にも好不調があるのですから凡人のワタクシなども当然あるわけで、四苦八苦も致し方ないかと。
 勉強会の開催もなく、久しぶりに土日に自宅にいました。いつもと勝手がちがうので、あれっと思うこともありました。たとえば、勉強会のご案内メールを出さなくていいとかです。
 さて、もうすぐ4月。このところ、大学の新学期の用意に時間を割き、また、この春から毎月一回広島で実施する学習会のレジュメを作るのに時間を使い、なんとかいまのところ順調です。
 あとは、4月期の水曜会がスムーズにいくことを願うばかりです。下の案内にもありますが、こちらはゆっくりやっていきますので、よろしくお願いします。まだ、第1回開催も空席がありますので、これを期に、この夏の教採をめざしていっしょに勉強しませんか。メールお待ちしています。
 ワタクシは、mixiの「大阪府・市 教員採用試験」コミュニティーの管理人でもあります。最近は講師の依頼云々の話でトピックが展開しているようです。講師が決まる、決まらないは生活に直結してまいります。不安な気持ちはよくわかりますが、焦らずに待ちましょう。また、こちらのコミュニティーには、「教育時事リンク」というトピックで、新聞記事をリンクし、1行コメントをつづけています。もう2年くらいやっているのかな。よろしければご覧ください。
 このコミュだけでなく、最近のmixiの教採関係コミュニティーで、「荒れた感じ」を感じているのはワタクシだけでしょうか。もうちょっと書き方あるのにな、と思うこともしばしばありますし、なんといいますか、某巨大掲示板的な書き方といいますか、困った表現も多々あって、mixiのよいところが薄まっているような気がします。ちょっと残念。
 いい情報収集の基となっているmixiだけに、いい活用が継続することを願っています。
 それから、復活した「ミニまぐ」にご登録ありがとうございます。なかなか発行がままならぬときもありますが、よろしくお願いします。
 あす、22日22時より、当サイト主宰、5月期における勉強会の受付を開始いたします。この時期、お申込者が多く、おそらく1分かからず満席になると思います。ジャストオンタイムでメールをご送信ください。フライングはダメですよ。よろしくお願いします。

(3/21)

日々旁午・表紙へ 浩の教室・トップページへ