日々旁午

2008



日々旁午・表紙へ 浩の教室・トップページへ

おしらせ今後、当サイト主宰勉強会にキャンセルがありましたら、この「旁午」欄においてアナウンスし、再募集をさせていただきます。再募集はの記号を用いまして表示いたします。開催日程はこちらです。ただし、キャンセルのあった当日朝にご連絡いただいても、連絡がとれません。ご了承ください。その意味では、極力キャンセルされる方は早めのご申告お願いします。
当サイト勉強会で使用している問題集や参考書ほかを、大阪駅前第2ビル地下2階で、いつでも購入することができるようになりました。地下2階にレンタルボックス・キャビン(06-6344-0509:営業時間/平日11:00〜19:30/土日祝11:00〜18:00)というお店に陳列しています。問題集のほか、しょうもない小物も置いていますのでご覧ください。合格お守りのキティちゃんも!
現在、「シート式A」、「シート式B」、「シート式C」、「平成19年夏実施大阪府過去問解答解説集(教職教養部分のみです)」、「新しい答申『幼稚園、小学校、中学校、高等学校及び特別支援学校の学習指導要領等の改善について』の解説付資料集(答申そのものをワタクシの判断で精選し、縮減したものに解説を少しだけつけたもの)」、などをおいています。
 なお、今年1月17日付の答申「子どもの心身の健康を守り、安全・安心を確保するために学校全体としての取組を進めるための方策について」もおいています。こちらは、解説2枚と「ふろく」を含め、30枚ほどに仕上げました。答申類は、安価にて提供します。
レンタルボックス・キャビン店内に連絡掲示板が設置されています。連絡掲示板にご要望を記入いただければ対応しますので、必要な資料あるいは問題集について簡単にコメントくださいませ。たとえば、現在、「平成17年夏実施大阪府過去問解答解説集」、「平成18年夏実施大阪府過去問解答解説集」、「シート式A」はおいていませんが、コメントがあれば、おきたいと思っています。そのほかは、こちらのページ(日程の下に資料の一覧表があります)、および、こちらのページを、どうぞご覧ください。よろしくお願いします。

各種資料ほかをご購入いただいた方々、ありがとうございました。お礼申し上げます。

日々旁午・表紙へ 浩の教室・トップページへ

■4月27日より受付開始の6月期勉強会へのお申込に関しまして、追加で何通かメールを差し上げている方もいらっしゃいます。日程調整しました。ご確認お願いします。急いで送信したため、参加日程がわかりにくくなった方もいらっしゃるかもしれません。再度参加日程を確認されたい方は、ご連絡ください。こちらからご案内を再送いたします。

日々旁午・表紙へ 浩の教室・トップページへ

この日曜日、第176回勉強会にご参加いただいたみなさま、お疲れさまでした。こちらも第175回と同様、集団面接2回、個人面接1回、集団討論1回のプログラムとなりました。
 集団面接では、今回はロールプレイング的な質問事項をいたしませんでした。次の機会にしましょう。個人面接では、Fさんががんばってくださいました。実力のあるFさん、声のトーン、質に注意すればよいでしょう。内容的には完成されている感があります。しかし、ちょっと長めの発言ですので、10〜20パーセントくらい短くいう感覚で受け答えしましょうね。
 つづいて集団討論です。今回のテーマは、「児童生徒がインターネット上で誹謗中傷し、事件になっていることがあります。私たちは、教育を通じて、どのように対処していけばいいでしょうか。議論してください」でした。このテーマで、GWあけの第4回水曜会ではがんばってもらいます。第175回の勉強会でしていただいた討論を再現してみましょう。参加者は6名、時間は20分間です。
 このテーマで討論していただいた後、「テーマとして話しやすいですか、それとも話しにくいですか」とたずねたのですけれど、半々のご意見でした。ワタクシとしましては、簡単な部類にはいるのではないかと思っていたので、意外でした。「話しにくい」という意味は、「討論しにくい」ということでした。そういわれる方々によれば、イイタイコトやいえることはあるけれども、3回くらいいってしまえばもういうことが枯渇するとのことです。たしかに、誰でも何かはいえるけれども、それを20分間もかけて深めていくのは大変なのかもしれませんね。
 さて、まず発言されたのは、Aさんでした。Aさんは、誹謗中傷の内容からテーマに接近しようとされました。すなわち、誹謗中傷の具体的な中身は、身体に関する欠点をいうことがまず挙げられるとし、保健の授業時間に身体のことを学び、同時に欠点をあげつらうようなことを諌める倫理的な態度形成を充実させたいと述べられました。Bさんは、誹謗中傷の内容について、身体のあげつらいもあるけれども、圧倒的に多いのは、「死ね」、「消えろ」といった存在を否定する言葉であるといわれます。こうした情報倫理は道徳の時間で地道に解決するものであろうと述べられました。
 Eさんは、こうした誹謗中傷があるからといって、ネットの世界を規制することはむつかしいと発言し、だからこそ、私たちの力で情報教育をどのようにしていくかということが試されていると指摘されます。Cさんも、ネットの世界について言及されます。Cさんは、例の学校裏サイトの存在を取り上げ、そこでの匿名のやりとりが問題を起こしていると分析されます。現実では本音をいいにくい、しかし、ネットでは何でもいえる、そうした感覚が、放縦な書き込みをさせる根拠になっているということを強調されました。
 Fさんは、誹謗中傷するようないじめは絶対に許されるものではないということをまず発言されました。現実の場であろうと、ネットで行なわれていようと、いじめが許されないのは同じです。その防御策としてFさんは、すっぱり裏サイトなど「みるな」といわれます。これもひとつの解決の立場でしょうね。情報に関係するモラルを道徳の時間で伝えていくことをFさんは追加的に指摘されました。Dさんも匿名性がいじめの温床になっていることを指摘し、道徳指導と情報教育、ネチケットの自覚を児童生徒に持たせることを私たちは担当するべきであると発言されました。
 以下、次回更新。
(4/28)

日々旁午・表紙へ 浩の教室・トップページへ

5月11日の日曜日(JR大阪駅近辺開催、13時より)、キャンセルがありました。先着1名の募集です。右上のメールフォームより、みなさまからのご応募お待ちしています。ドコモほか、携帯からのお申し込みはご遠慮ください。ブロックされて返信のメールが届かない可能性が高いからです。お申込者には、ご連絡差し上げます。確認のため、必ずご返信4月28日12時51分に締め切りました。ご応募ありがとうございました。お申し込みされた方にはご返信しています。確認のため、こちらからのご案内メールに、必ずご返信ください)ください。

日々旁午・表紙へ 浩の教室・トップページへ

本日は、第175回勉強会でした。ご参加のみなさま、お疲れさまでした。本日は集団面接を2回、個人面接を1回、集団討論を1回の実践でした。みなさん、がんばっておられまして、よかったです。
 集団面接は、1回目と2回目と、質問内容が異なるのですけれど、ロールプレイング的質問を含めた1回目の方がやりやすかったとのご意見がありました。まあ、これは参加者のタイプにもよりますね。新しく登場した学習指導要領についても簡単な質問を出しました。みなさん、ちゃんと答えられていて、この間の資料精読の意味があったとホッとしています。Aさんの答え方、よかったですね。
 次に、個人面接です。今回は、Yさんがチャレンジしてくださいました。イイタイコトがなかなかまとまらない印象でした。反省点として、次回に生かしてくださいね。
 最後に集団討論ですが、こちらは、あしたも同じテーマですし、しばらく伏せておきますね。
(4/26)

日々旁午・表紙へ 浩の教室・トップページへ

(承前)つづいて発言があったのはBさんからで、「食」に余り関心がないような状況をどう考えるべきかと問題提起されました。これは、食べることへの興味がないということではなく、食をめぐる環境ほか、食料への関心との意味です。海外からの研修生を「利用」してようやく成り立つ農業のスタイルや、自給率39パーセントの日本農業の現状など、食をめぐる、というより、食を支える環境は、戦後、かなり変わりました。こうした問題に対する無関心が、さらに日本の農業のあるいは悪い方向への変質をもたらしているのではないでしょうか。
 こうしたことを含め、総合学習で考えようというご意見がDさんからありました。また、理科や社会でも、食は教材となるものであることも指摘されました。Aさんは、総合学習の話題が出たことから、米作り、野菜を育てるなどの実践について述べられ、ナマの健康な野菜に触れたり、安全な野菜がどんな状態であるかを知ったりすることが、食の安全意識を高めることになると、議論を展開されます。このAさんのご意見に刺激され、Bさんが野菜作りの大変さを児童生徒が知れば、食のありがたさもわかるし、偏食する児童生徒も減るのではないかと発言されました。Dさんも社会科における食育の実践に関して、地域における流通の課題を調べることや、農家がどのように実際に米を作っているのかを見学することを提起されました。また、食の安全についてみんなで学校を守っていこうということを、学校が発表するべきだといい意見を付け加えられました。
 Fさんの、食に関して間接情報では安全面で問題があるとのご意見や、Cさんの、消費者意識の高度化、さらにはお金の使い方の計画、Aさんの、消費者としての保護者の立場という考え方など、様々な指摘がつづき、Dさんからは、食生活重視の考えが、学校と家庭とをつなぎ、自宅で児童生徒が自覚的に「サラダはつけないの」と保護者にたずねるような食環境にまで成長するよう期待したいとの指摘がありました。Fさんは、共働きが多い昨今、週休2日制を生かし、親子でカレーを作ってみようとの面白い提案をされました。
 高校生にもなれば、Cさんがいわれるように、3食まかなったり、3食作ったりすることにもなりますね。Bさんは、食の指導において生活委員会をおいてポスター啓発するのもいいといわれ、これをDさんは、「給食便り」の発行、といわれ、献立、カロリー構成、食品の産地などを載せて広報するのがいいと発言されました。Aさんにあっては、食の情報提供から季節料理の話題にまで広がりました。Cさんは除菌グッズの話までされましたね。最後にEさんの給食安全についてのご意見があって議論が終了しました。
 今回の討論は、活発な議論、豊富な内容で、各討論参加者の問題意識あふれる20分間となりました。きわめて高い評価が得られると思われます。是非、この調子でがんばってくださいね。
(4/25)

日々旁午・表紙へ 浩の教室・トップページへ

4月27日の日曜日(JR大阪駅近辺開催、13時より)、キャンセルがありました。先着1名の募集です。右上のメールフォームより、みなさまからのご応募お待ちしています。ドコモほか、携帯からのお申し込みはご遠慮ください。ブロックされて返信のメールが届かない可能性が高いからです。お申込者には、ご連絡差し上げます。確認のため、必ずご返信ください(4月24日20時40分に締め切りました。ご応募ありがとうございました。お申し込みされた方にはご返信しています。確認のため、こちらからのご案内メールに、必ずご返信ください)。

日々旁午・表紙へ 浩の教室・トップページへ

5月7日の水曜日(地下鉄淀屋橋駅近辺開催、13時より)、キャンセルがありました。先着1名の募集です。右上のメールフォームより、みなさまからのご応募お待ちしています。ドコモほか、携帯からのお申し込みはご遠慮ください。ブロックされて返信のメールが届かない可能性が高いからです。お申込者には、ご連絡差し上げます。確認のため、必ずご返信ください4月24日01時36分に締め切りました。ご応募ありがとうございました。お申し込みされた方にはご返信しています。確認のため、こちらからのご案内メールに、必ずご返信ください)。

日々旁午・表紙へ 浩の教室・トップページへ

4月20日に実施した、集団討論の模様についてお伝えします。この日の討論テーマは、第3回水曜会と同じテーマであり、「学校における食の安全について、多面的に議論してください」というものでした。テーマ通り多様な指摘があって、考えさせられる時間となりました。水曜会の方は、なかなか、ね。大学4回生も多く、また、はじめての方もいらっしゃって、苦しみながら討論を重ねているようにも見受けられました。
 討論参加者を仮にA〜Eさんとして再現してみます。20日は5名によって、23日は6名の方に討論していただきました。両方とも、時間は20分間です。20日の討論を再現素材といたします。
 まず口火を切ったのはAさんでした。Aさんは、テーマを聞いて、給食の指導と、給食と家庭科の連携を話題にされました。給食の指導では、食材がどこでできたものなのか、身近なものなのかなどを児童生徒に考えさせたいと述べられます。このことを考えさせるのは、食の安全の観点からであるというのはいうまでもないでしょう。Bさんも、食の安全の要の時間としての家庭科であり、給食の時間であるとの認識です。安全の観点のほか、一緒に食べるということの意義も強調されました。Dさんは、カロリーのことを取り上げられ、食の安全を考える際ののひとつの視角であるカロリー摂取量、ひいてはこれは肥満の問題にもつながりますが、健康管理と関わる議論をされまして、つづいて、食材の産地の確認やその情報提供先のことなど、具体的に食の安全に関する視点を提供されます。
 Fさんは、中国製ギョーザについて「おいていません」と貼り紙が出されていたのを報告され、Dさんの議論を受け継ごうとし、○○産だからダメなのではなく、原因を質す態度が食の安全を守るためには重要であると提起されました。Cさんは、衛生管理を行き届かせることが、食の安全には欠かせないとの立場から、手を洗うなど、基本的なところからの指導が学校では効果的なのではないかと指摘されました。
 テーマの分析からしますと、「食の安全」が中心になりますが、その前の、「学校における」も大事ですね。ただ、討論の最初に面接官役のワタクシがいいましたように、広く議論してくださいと注意を促していましたので、その意を汲み取ってもらえるかどうかですね。また、「学校における」といいましても、3者連携を議論するなという意味ではありません。学校を中心にと緩やかに捉えて議論する姿勢が必要でしょう。さらには、「食の安全」だからといって、健康の問題に触れないのも、議論を狭くします。食の問題一般と捉えていい課題です。それが「多面的」に含めた意味となります。大阪では、テーマに即して議論するべきです。といっても、ぐるぐる堂々巡りしているような議論よりは、ある程度拡大した議論の方が好まれます。そうした点に注意しましょう。
 つづいてBさんが、ペットボトルに除草剤が混入していた最近の事件を話題提供し、食の安全には自己防衛意識が必要との旨のご意見を披露され、おやっと思っても食べてしまうのは、弧食の悪影響なのではないかと指摘されます。それゆえ、3食のうち1食は家庭で摂れるように児童生徒に指導したいと述べられました。家庭における食育が重要との視点です。このご意見は一見、「学校における」との主旨から逸脱しているようにみえますが、上述の観点から、OKなご意見といえます。Dさんからは、偏食、間食など、食生活一般について、また健康問題と直結し、拒食、過食の問題を出され、食の習慣をきっちりつけることが、学校における指導の役割ではないかと発言されました。Cさんは、ゆっくり食事を摂ることも安全と健康の観点からは大切であろうとされ、偏食に関しては、いまも実践されている「三角食べ」の指導が実践的ではないかと語られます。
 ここで話題が変わり、Aさんから、小学校では生活科があり、地域におけるお店を知る指導をすると抱負を語られます。それは、それぞれのお店とりわけ食材を扱うお店や飲食店ですが、お店でどのように安全を図っているのかということを学ぶといいのではないか、ということでした。こうした情報の取得は学校における食の学習をすすめるのによい視点ですね。さらにこれは総合学習にも採用できるものです。そういえば、きょう、吉野家に危険部位の牛肉が誤って混入され輸入されたようですね。市場には出回っていないということですが、本当かどうかはわかりません。厚生労働省の発表ですから。
 Dさんは、平成17年の食育基本法の公布と関わり、栄養教諭の役割を指摘され、他の教員も、栄養教諭との連携をとって学校内において食育指導を高めていくべきであると述べられました。その際、食物の栄養構成について調べ学習をさせてみるのも指導の一環にいれるべきとのことです。調べ学習ということでは、弁当持参の学校の場合、Eさんが指摘されたように、食中毒を起こさないように、ナマを避け火を通すということを実感させることができるというのはいいご意見でした。水曜会で出たのは、この食中毒と関わって、O157の話題です。このように文字起こしして閲覧されている方は、フムフムとうなづかれていることと思いますが、実際に討論をしてみると、出てくるようで出ないものなのですね。
 Cさんからは、食のことだから、特別活動ではどういうように捉えられるかと問題提起され、学園祭で模擬店が行なわれているのを食育、食の安全に生かそうというご意見を提出されました。後に議論になったのですが、試作品を保健所に持っていく義務はありませんけれども、検便はしなければなりません。試作品は教員には届けるべきなのでしょうね。
 さて、議論はこのあたりで中盤です。以下、次回更新にいたします。
(4/24)

日々旁午・表紙へ 浩の教室・トップページへ

5月21日の水曜日(地下鉄淀屋橋駅近辺開催、13時より)、キャンセルがありました。先着1名の募集です。右上のメールフォームより、みなさまからのご応募お待ちしています。ドコモほか、携帯からのお申し込みはご遠慮ください。ブロックされて返信のメールが届かない可能性が高いからです。お申込者には、ご連絡差し上げます(4月23日22時17分に締め切りました。ご応募ありがとうございました。お申し込みされた方にはご返信しています。確認のため、こちらからのご案内メールに、必ずご返信ください)。

日々旁午・表紙へ 浩の教室・トップページへ

昨日は、様々な行事や事故、裁判の判決がありました。なんといっても、本村さんの奥様と子どもさんが殺害された光市母子殺害事件の死刑判決は社会的関心が極めて大きく、みなさんも報道を何度もご覧になったことでしょう。思いはイロイロありますが、死刑判決は正当な判決であると思いました。
 新幹線から飛び降りた方の心境はいかばかりなのでしょうか。どんな苦しみがあったのか。
 後期高齢者医療制度の認知不足から、自殺してしまった方もいます。行政はなんらの責任がないといえるでしょうか。生きにくい世の中です。
 そして、全国学力調査。今年もまた、愛知県犬山市以外の国公立の小中学校と私立の何割かの学校で実施されました。学校の序列化からの脱却が、また虚しくなります。
 試験の内容については、こちらのリンクをどうぞ。
(4/23)

日々旁午・表紙へ 浩の教室・トップページへ

5月7日の水曜日(地下鉄淀屋橋駅近辺開催、13時より)、キャンセルがありました。先着1名の募集です。右上のメールフォームより、みなさまからのご応募お待ちしています。ドコモほか、携帯からのお申し込みはご遠慮ください。ブロックされて返信のメールが届かない可能性が高いからです。お申込者には、ご連絡差し上げます。確認のため、必ずご返信ください(4月22日22時43分に締め切りました。ご応募ありがとうございました。お申し込みされた方にはご返信しています。ご確認ください)。

日々旁午・表紙へ 浩の教室・トップページへ

この20日、第174回当サイト主宰勉強会にご参加いただいたみなさま、お疲れさまでした。当日は、集団面接を2回、個人面接をおひとり、集団討論を1回、それぞれ実施しました。
 集団面接は、みなさん緊張しながらも、概ねいい感じに終了しました。当サイトにおける集団面接は、評価者が10名以上います。ワタクシほか、傍観者が全員コメントします。そのコメントをペーパーに書いて、面接参加者にお渡しします。コメントペーパーがひとりあたり10枚以上になるわけでして、多様な角度からの評価がいただけるということになります。これを十分に活用し、反省点を見出し、次回に備えてくださいね。その際、気をつけなければならないことがあります。それは、なんらかの問題意識を持って、集団面接に臨むということです。参加する際に、「きょうは声に注意しよう」とか、「きょうは必ずはじめに手を上げて回答しよう」とか、そうした問題意識、いや、参加するときの意識といっていいでしょうか。この意識を持って相対することが、自己の成長を促します。
 次に、今期はじめての個人面接でした。個人面接は、2次対応ですけれど、希望者がいれば、今後ひとりずつやっていただきたいと思っています。その際、希望者は、エントリーシートほか、個人の用意した資料を渡してください。それに基づいた質問をします。さらに、どこの自治体でもそうなのですが、関連質問で突っ込んでいきます。今回、Kさんが個人面接をお受けになられました。Kさんは、みなさんからコメントペーパーをいただいたことになります。是非これを生かし、本番を最高の状態で迎えてくださいね。
 最後に集団討論でした。今回はすごくよかったですね。勉強会の討論で80点の評価をしたのは、はじめてです。いや、本当によかった。傍聴していた勉強会のメンバーも驚くほど、質的にも量的にもよかったです。批判に耐えうる討論とは、こうした討論のことをいうのでしょう。
 この討論の模様は、次の更新にしますが、「勉強会報告ページ」の第18回のところをチェックしてみてください。
 水曜会では、第174回の討論テーマと同一です。がんばってくださいね。
(4/22)