日々旁午

2009



日々旁午・表紙へ 浩の教室・トップページへ

当サイト勉強会で使用している問題集や参考書ほかを、大阪駅前第2ビル地下2階で、いつでも購入することができるようになりました。地下2階のレンタルボックス・キャビン(06-6344-0509:営業時間/平日11:00〜19:30/土日祝11:00〜18:00)というお店に陳列しています。下の写真、ロボットが目印です。問題集のほか、しょうもない小物も置いていますのでご覧ください。

現在、「シート式C」、「シート式D」、「平成20年夏実施大阪府過去問解答解説集(教職教養部分のみです)」、「平成19年夏実施大阪府過去問解答解説集(教職教養部分のみです)」、などを陳列しています。

レンタルボックス・キャビン店内に連絡掲示板が設置されています。連絡掲示板にご要望を記入いただければ対応しますので、必要な資料あるいは問題集について簡単にコメントくださいませ。コメントがあれば、おきたいと思っています。そのほかは、こちらのページ(日程の下に資料の一覧表があります)、および、こちらのページを、どうぞご覧ください。よろしくお願いします。

各種資料ほかをご購入いただいた方々、ありがとうございました。お礼申し上げます。

日々旁午・表紙へ 浩の教室・トップページへ

5月10日の日曜日、(JR大阪駅近辺、13時より)、キャンセルがありました。先着1名の募集です。右上のメールフォームより、みなさまからのご応募お待ちしています(すでに決定している場合もあります。その際はご容赦ください)。ドコモほか、携帯からのお申し込みはご遠慮ください。ブロックされて返信のメールが届かない可能性が高いからです。お申込者には、ご連絡差し上げます。確認のため、必ずご返信ください(再募集開始:4月20日22時07分⇒22時22分、募集終了しました)。

日々旁午・表紙へ 浩の教室・トップページへ

昨日は、当サイト主宰勉強会に多数ご参加いただきありがとうございました。昨日は、自己売り込みのツボを2名の方に報告担当していただいたのにつづき、集団面接を2グループ、さらに、簡単ではありましたが、個人面接を2名の方に経験していただきました。
 自己売り込みのツボの担当者は、NさんとMさんにお願いしました。Nさんの報告では、ようやく希望校種が固まった意思が反映され、なだらかに表現されていました。表現上、若干の問題点の指摘はありましたものの、傍聴の参加者の反応も概ねよかったように思われます。最大の課題は、小学校志望と特別支援教育小学部志望との区分に関連し、Nさんの報告自体がどのように捉えられるかですね。ここは、今一度考えてみるところでしょう。
 Mさんの報告は、唇を噛んで笑いをこらえなければならないところもあったようですが、内容はよかったです。当日も申し上げましたけれども、独特の間の取り方をやめて、「正常な」感じにするところに、課題があります。内容よりも形式面をちゃんとするということです。これさえ備われば、学力面ではまったく問題なしなので、十分合格します。
 つづいて、集団面接でした。小学校志望6名の方のグループと、中高6名の方のグループ、あわせて2回、実施しました。小学校志望のグループでは、みなさん意欲的に発言され、端から苦しい立場のAの位置の参加者も、それを意識して「通る声」で参戦されました。若干長い発言の方もおられましたが、ギリギリ許容範囲内といえるでしょう。しかし、長いためにはやくしゃべるのは止めるのが無難です。女性の場合、早口は、小鳥のさえずりのようではありますが、結局、面接官の理解がついていかないときがあるからです。
 勉強会の集団面接は2段構えで実施しています。すなわち、本番の時間配分がおそらく10分前後でしょうから、一旦、ここで終了し「ありがとうございました」の声をいれます。これで、本番がどのくらいで終了するのかを体感します。ここまでで、自分で自分に評価をしてみてください。10分間では最悪3質問、よくて5つです。それらの質問に、@求められていることにちゃんと応答したか、A積極的であったか、Bほどよい緊張を感じつつ声や態度がよかったかどうか、を確認し、反省してみてください。
 さて、第2のグループは、中高の志望者たちで構成されています。最近の面接において、ワタクシは、学力重視の教育現場に即応できるかどうかの観点をいれて実施しています。面接官がどのような大枠の意識を持っているのか、やはりこれはタイプに分かれます。学習指導に熱心な面接官にあたれば、それに対応した応答が好まれますし、人間性、心の問題を尊重する面接官であれば、道徳指導や生徒指導に重点をおいた発言が求められるでしょう。もちろんバッサリこのように2タイプに分かれることはありません。面接官が「どちらより」であるのかを判断するにしても、はじめて出会った面接官をどちらであるかなど、わかるわけがありません。しかし、教育行政的背景から考えれば、高い学習指導能力を求める意識が府にはありますから、7割くらいは前者に力点をおいて回答するべきでしょう。
 中高の志望者のグループも、そこそこに応答していたようです。質問の中に、評価のことについてたずねたものがありました。これが一番むつかしい質問であるとワタクシはいいました。質問のニュアンスがなかなか伝わらなかったようです。面接官は、質問の意図を正確に受験生に伝えなければなりませんね。ちょっと反省です。
 両グループともに、大阪市の対策の意味合い、堺市の対策の意味合いを込めて、場面指導の質問を2、3採り入れています。みなさん、恥ずかしさを捨てて挑戦されていて、いい感じです。面接の場は、表現の場です。この調子で取り組んでください。
 最後に、個人面接を急遽いたしました。急に「やってみましょ」に応えてくださったFさん、Iさん、お疲れさまでした。でも、なんの準備も心の構えもなく、あれだけできればいいですよ。今後、個人面接をも徐々にやっていきましょう。個人面接は、まさに個人に密接に、質問を掘り下げていく方針で行ないます。回答すればその回答に突っ込み、さらに応答してきたことに対して深い突っ込みをするという手法ですね。それによって、いわば「精神的に剥いていって受験生の本質に迫る」というものです。だから、鍍金は剥げます。個人面接は、その意味では、人間対人間の勝負のような様相になります。今回お2人には、10数分間づつ応答してみました。もう少し長めに20分切るくらいでやっておくのがいいかもしれません。
 さて、みなさん、GW前までに、過去問集を日本全国めぐりましょう。
 水曜会の方も順調な滑り出しです。まだ空きはありますが、空いているといいましても、1席づつです。面接対策は場数です。みなさまからのお申込を期待しています。
 また次回!
(4/20)

日々旁午・表紙へ 浩の教室・トップページへ

昨日は、広教組主宰広島県教員採用試験対策学習会に多数ご参加いただきまして、ありがとうございました。広教組の先生方、お世話になりました。厚くお礼申し上げます。
 今回、40枚以上配布したレジュメを1ヶ月の間に復習され、用意した類題を完璧に仕上げてくださいね。また、前半部分で触れられなかったところ=解説の文章をよくお読みくださいね。昨年の合格者の報告(T先生、お疲れさまでした)を参考に、広島型学習のすすめ方を自分なりにみつけだしてください。
 次回5月には、予想問題をご用意し、今回とほぼ同じ分量を配布します。予想の方針を昨日説明いたしましたので、ご自身でも答申資料をお読みくださるといいでしょう。
 昨年の解答用紙や、広島2次の模擬授業情報、模擬授業シートなどは、これまた貴重な資料です。今後、2次対策される場合に活用できますね。
 広教組学習会は、まだ、なんとか参加が可能かと思われます。ご興味のある方は、直接、連絡をされてみてください。よろしくお願いします。なお、この広島の資料類は、こちらからも郵送可能です。お問い合わせください。ただし、高額です。
(4/19)

日々旁午・表紙へ 浩の教室・トップページへ

4月19日の日曜日、(JR大阪駅近辺、13時より)、キャンセルがありました。先着1名の募集です。右上のメールフォームより、みなさまからのご応募お待ちしています(すでに決定している場合もあります。その際はご容赦ください)。ドコモほか、携帯からのお申し込みはご遠慮ください。ブロックされて返信のメールが届かない可能性が高いからです。お申込者には、ご連絡差し上げます。確認のため、必ずご返信ください(再募集開始:4月18日16時24分⇒17時43分、募集終了しました)。

日々旁午・表紙へ 浩の教室・トップページへ

あすは、今期はじめての広島対策の学習会実施となります。主宰の広島県教職員組合の先生方、事務局の方々、お世話になります。また、ご参加の受講生のみなさま、よろしくお願いします。
 久々の広島行きで緊張しております。すでに資料は整理整頓し、印刷手配も完了しています。印刷におきましても、広教組の先生方、大変お手数おかけしました。今期も昨年の問題の分析からはじめます。全部で40枚程度となりました。単に過去問を検討するだけでなく、関連問題を追加しましたので、それを解答する時間も設けて実施してまいりましょう。
 新幹線で博多までいかないように、ちゃんと携帯のアラームをかけてまいります。新しい広島球場は新幹線からみえるそうですから、ちょっとだけ外をみてみたいです。
 これから夏にかけて、全5回、一所懸命いたしますので、どうぞよろしくお願いします。
 ところで、上記「大阪府・市 1次マーク対策:教職教養予想問題解説講義」にお申込いただき、ご入金いただいた方には、いささか古いものですがシート式Aの問題集(A4版55枚)を添付メールしております。ご確認ください。ただ、携帯アドレスからのお申込は、添付できませんので、改めてPCアドレスをご連絡ください。ご連絡いただいたアドレスに送信いたします。また、大阪府2次エントリーシートのレプリカも提供いたします。すでにお届けしているとは思っているのですが、お申込いただいた方で、「届いていないよ」という方はご申告ください。早急に添付メールいたします。
(4/17)

日々旁午・表紙へ 浩の教室・トップページへ

昨日は当サイト主宰の教採勉強会である水曜会に多数ご参加いただき、ありがとうございました。みなさま、お疲れさまでした。
 昨日は、かなりゆるやかに実施いたしました。教採の概要、自己売り込みのツボ、集団面接と3部構成でした。「概要」では、どこに重点をおいて勉強するべきなのか、どのような参考書や問題集を活用するべきなのかを含めて、大阪府の1次マークシートの攻略をお話いたしました。それから、卒業生が残していってくださった「合格体験記」を配布し、どのような感じで受験を乗り切ったのかを紹介しました。高校音楽の先生と小学校の先生の書いていただいた資料でした。どちらの先生の資料からも、大切なのはなんであるかが伝わったと思っています。いつもは珈琲会で閲覧いただいているノート類も、若干ではありましたが、時間内にみていただくことができました。
 「自己売り込みのツボ」は、あらかじめ、SさんとYさんにお願いしておりました。報告担当、お疲れさまでした。Sさんは、内容的には前半部分を手直しする必要がありますね。みなさんからいただいたコメントを生かして、再度書いてください。ただ、緊張していたのか、報告の声の出し方に反省点がありますね。また、Yさんは、詳細に前職経験をお書きでしたが、それが教育現場でどう生かされるのかを再検討してください。後半の具体的な記述は説得力がありました。
 自分で報告するのも大切ですし、他者の報告を聞くことからも得られるものは多いです。みなさんの、両者を交互に実践する主体的な参加姿勢を期待します。
 さて、集団面接は、場面指導をも含みながらの実施となりました。今回は、「概要」で時間をとりましたので、10分少々となりました。勉強会は練習の場ですから、今後はもっと時間をとってやっていきます。さて、そこでも申し上げましたが、「主張するべき内容があること」と「それを的確に表現する力」と、この2つを養成することが肝要です。イイタイコトがまだ表現されきっていない場合が参加者個々人にあります。この2つの課題を克服することが、今後のみなさんの勉強です。
 マークシートは、ある程度できればいいのです。大阪府の説明会でも、「人物重視ですよ」といっているのですから、マークシートの勉強に時間をかけるのは損な勉強の仕方でしょう。これは府以外の自治体にもあてはまります。全国的に面接重視なわけですから。大阪府の場合、1次マーク24点で最終合格している方もいらっしゃるわけで、また、35点以上とってもダメだった方がいらっしゃるわけで、そうすると、面接の対策をしっかりしないといけないわけです。この辺を取り違えないようにしないといけません。
 出版社系や予備校系のマーク対策の講座に大金を投入するのは、もったいないと思っています。だいたいマーク対策は、究極のところ、自分でできます。それならば、小論文を書いたり、面接の練習をやったりする方が理にかなっています。
 みなさん、しっかりがんばりましょう。
(4/16)

日々旁午・表紙へ 浩の教室・トップページへ

本日は、今期初の水曜会の開催となります。ご参加のみなさま、よろしくお願いします。
 はじめての開催で、はじめて参加される方も半数を占めますので、いささかオリエンテーションもいたしまして、ゆったりとした感じで行ないたいと考えています。
 これまで卒業生が残していってくださったノートを回覧していただいたり、合格体験記のペーパーを配布したり、大阪府や市の採用試験の概要と、それに基づいた受験戦略をお話したいと思っています。
 もう、かれこれ、ワタクシは、10年以上、大阪府ほかの教員採用試験関連のことに、たずさわってまいりました。そうした経験からお伝えできることを述べる予定です。よろしくお願いします。

(4/15)

日々旁午・表紙へ 浩の教室・トップページへ

4月15日の水曜日、(地下鉄淀屋橋駅近辺、13時より)、キャンセルがありました。先着1名の募集です。右上のメールフォームより、みなさまからのご応募お待ちしています(すでに決定している場合もあります。その際はご容赦ください)。ドコモほか、携帯からのお申し込みはご遠慮ください。ブロックされて返信のメールが届かない可能性が高いからです。お申込者には、ご連絡差し上げます。確認のため、必ずご返信ください(再募集開始:4月14日17時16分)。

日々旁午・表紙へ 浩の教室・トップページへ

みなさま、上述の「大阪府・市 1次マーク対策:教職教養解答解説講義」にお申込くださり、ありがとうございます。48人の定員のところ、満席となりました。お申込いただいた方には、すでにご案内のメールを差し上げています。
 その際、ご返信をお願いするメールを送信しておりますが、ご返信をいただい方には、いささか古いものではありますが、55枚のPDF資料を添付し送信させていただいています。ご確認ください。なお、携帯アドレスのみでお申込いただいている方には、残念ながら添付メールを受け取ることができないようですので、送信しておりません。PCアドレスを取得してお申込ください。
 この時期で満席に近づいてきましたので、第2回も開催しようかと検討中です。その場合は、7月3日の金曜日の夜となります。ご検討ください。

(4/14)

日々旁午・表紙へ 浩の教室・トップページへ

昨日は、当サイト主宰勉強会に多数ご参加いただきありがとうございました。ご参加のみなさま、お疲れさまでした。遠く愛知からもご参加いただきありがとうございます。
 さて、昨日は、まず、ワタクシの方から「議論のたたき台としての教育学講義」をいたしました。教育課程編成の議論についてと、教育基本法についてのお話をさせていただきました。レジュメ全50ページを配布いたしましたけれども、教採に直接関係するところを復習いただければ幸いです。若干、誤字や表記の間違いがありましたので、それらを訂正よろしくお願いします。ワタクシからの講義は、今回で終了させていただきます。
 次は上にも紹介しております「マークシート対策講義」で教採にもっとも対応したお話をさせていただきます。毎年、6月の終わり頃にこの予想対策講義を開催しておりますが、今年も残り座席が少なくなってきてまいりました。みなさま、お早めにお申込くださるよう、お願い申し上げます。マークシートの出題でしたら、大阪以外の自治体にも対応していると思います。出題の根は同じですから。たとえば、問題化される答申など、大阪も奈良も和歌山も、いわば日本全国一緒です。大切な答申からの出題は、どこでも出るものです。全国過去問をご覧になればそれがわかると思います。そうした意味では、マークシート対策に、「県別」などほぼありません。ご当地問題のみ、別なだけといえるでしょう。
 「県別」の話題に関連して、きょう、少し話に出ていたのですが、論作文対策で、どこかまでは聞いておりませんが、8回で3万円は高いですね。それはそれで効果はあると思いますけども、提出できない分も含めると結局1回1万円で添削を受けられたようです。もったいないといえばもったいないです。
 「講義」につづいて、本日は、IさんとMさんに「自己売り込みのツボ」を報告いただきました。実践的な内容を含んだ売り込みをしてくださったIさんと、小学校の思い出も含めて現在の講師としてのご活躍をまとめられたMさんの報告となりました。Iさんの報告は、内容豊かな反面、報告時間が長くなりました。どこを削って、どこに力点をおくべきか、再考してください。しかし、主張の背後に子どもの顔がみえてくる、そうした報告でした。勉強会の時間中にも申し上げましたが、大阪の学力向上をめざす姿勢にどのように回答するのか、これもまとめておかれることをオススメします。
 一方、Mさんの報告は、主張の最後で飛躍がありました。どのようにして「失敗」云々のところに内容的に結びつけるように書くのかが課題となりますね。ここをしっかりすれば、手ごろな長さでよい感じに仕上がるでしょう。
 キャンディーズのみなさま、面接官役ありがとうございました!
 「自己売り込みのツボ」は、3分間で自分自身を売り込むことができるように主張をまとめるものです。だいたい1000字前後でしょうか。これを書けば、集団討論にも集団面接にも生かすことができます。Iさんにあっては、それが集団面接の実践においてすでに効果が出ていることを実感されたと思います。すなわち、「書くこと」が実力を養成するのです。珈琲会ではNさんが「小論文〜」とうなっておられましたが、書かなければはじまりません。是非、これから試験までに、20枚は書いてみましょう。
 小論文がある自治体では、20枚書く練習をするのが目安といっていいでしょう。最初は時間がかかります。いいものを書こうとすれば、800字であっても、最初の2、3枚は、それこそ、2、3日かかります。是非、右欄の論作文道場をクリックし、他の方の書かれた論作文とその添削をご覧になってください。そして何度もいいますが、自分で書いてみること。そしてそれを第3者に添削してもらうことです。なにもワタクシの添削を有料で受ける必要はありません。お勤めの学校の校長先生にみてもらったらいいわけですし、同僚同士添削をしあってもいいわけなのですから。このほか、上に書きましたように、8回3万円の通信添削でもいいわけです。とにかく「書くこと」からはじまります。
 勉強会では、最後に、集団面接を実施いたしました。2グループいたしました。小学校志望のグループと、中高志望のグループとです。いつも多様な面接のスタイルで実施している集団面接です。今回、小学校グループに対しては、いささかツッコミをも取り入れ、実施してみました。時折、こうしたタイプの面接をする面接官が実際に卒業生から報告されています。ただ、こうした面接は時間がかなりとられます。府の集団面接が10分を切るくらいだとすれば、3つか4つしか、質問がないでしょう。「これでなにがわかるの??」という感想の面接もあったようです。ワタクシたちの練習では、25分を目安にやっておりますが、今回もそうであったように、一旦10分程度で面接を終了します、と区切りを入れます。「おやっ」と思われたでしょう。実際には、「あっという間に終了」なんですよね。そこで印象に残るような発言が期待されます。むつかしいものです。4つの質問があったとして、そのすべてに印象を求めるのではありません。淡々とした応え方であっても、その中であるワードが面接官の心に残るように発言するということです。今回なら、コメントの中で申し上げましたが、「話しながら誘導して生徒から不審者を遠ざける」との応答がありました。ここに書くことからでもわかるように、かなり印象に残っているわけです。
 さて、当サイト主宰勉強会には、兵庫県や神戸市、奈良、堺をお受けになられる方々もいらっしゃいます。集団討論も、数回に1度は実施していきますので、よろしくお願いします。
 大阪市も採用試験内容が変わったようですね。「模擬授業」ではなく、「場面指導」となりました。15分間の中で実施するスタイルは変わらないようです。これは、集団面接でロールプレイングの質問もしてますから、ここで是非実力を試してくださいね。
 上にも茶色で書いておりますが、折角、勉強会にお申込いただきながら、ドコモのアドレスほか携帯アドレスであるの関係でしょうか、受信ブロックされているようです。残念ながら、連絡のとりようがありません。お心当たりのある方は、受信ブロック設定(とりわけ「PCアドレスからのメールの受信拒否」)を解除されることを願うばかりです。こちらからは確実に返信しておりますので、「なぜだ〜、返信ないぞ〜」とお怒りにならないでくださいね。

(4/13)

日々旁午・表紙へ 浩の教室・トップページへ

本日は、数学質問応答会に多数ご参加いただきまして、ありがとうございました。講師を担当いただいたお2人のT先生、そしてM先生、お疲れさまでした。お礼申し上げます。後の珈琲会でもひきつづき数学の質問と説明にご回答いただき、受講者に代わり、お礼申し上げます。
 また、珈琲会にご参加いただき、これまた質問にお応えくださったTさん、昨年合格のO先生、駆けつけてくださってありがとうございます。
 はじめて勉強会にご参加いただいた方、いかがだったでしょうか。Nさん、次回も数学の勉強会にご参加いただけるようで、よかったです。
 さて、あすは、当サイト主宰勉強会を開催いたします。ご参加のみなさま、よろしくお願いします。あすは、「議論のたたき台としての教育学講義」をワタクシの方からいたします。つづいて、「自己売り込みのツボ」を報告いただきます。Iさん、Mさん、よろしくお願いします。最後に集団面接を実施します。いつものように2グループ実施いたしますので、積極的にご参加ください。

(4/11)

日々旁午・表紙へ 浩の教室・トップページへ