日々旁午

2013


■昨日、本日と、当サイト主宰勉強会を開催いたしました。ご参加いただいたみなさま、オツカレさまでした。GWの前半、勉強に費やすのもよいでしょう。ただ、27日は午前中の開催でしたので時間を間違われた方が多く残念でした。最終ご案内のメールを必ずチェックしてくださいね。
 さて、土曜日曜ともに同じメニューでしたけれども、実践者は異なります。個人面接、模擬授業、集団面接でした。この時期からこれだけ個人面接が多いのは例年と異なっているのですが、やはりそれだけ2次を見越しての対策という意識のあらわれなのでしょう。それは模擬授業の挑戦者が多いことにもあらわれています。
 個人面接にせよ、集団面接にせよ、まだまだダメなところは「面接官の質問の意図をちゃんと捉えた応答の仕方」です。何が聞かれているのかわからなければ、トンチンカンな応答になっています。相手が何を求めているのかをしっかり見極めなければなりません。それも短時間で。
 今回、Mさん、Kさん、Fさん、Yさん、Iさんと5名の面接をみました。上記のポイントをクリアしていたのは2名くらいでしょうか。すべての質問にちゃんと応答していらっしゃったのはMさんくらいでしょう。まだまだ時間がありますから、鍛えなおしてほしいところです。面接は、集中力です。
 ところで面接の形式面におけるポイントは、話す長さです。長く話していると緊張も手伝って、必ず混乱します。話は短く、は、面接を受ける側の金言でしょう。もちろん、5秒などではいけませんが、30秒以上しゃべっているとすれば、これは長いと自覚してください。句読点を意識してしゃべることによって解消されると思います。とくに中止法の「が」、対句表現の「たり」を使うと、長くなりがちです。やめましょう。
 個別の内容、受け答えについては、こちらには書きません。当然のことですね。お互いに評価しあったコメント用紙を見直し、ワタシからのコメントを参考に、次回に生かしてください。
 模擬授業は両日でおひとりの実践でした。「長方形の面積の求め方」です。指導の順序、教科書で習う順序がありますので、それを逸脱しないように注意しましょう。実践的な問題点では、メリハリのつけ方ですね。
 以下、次回更新。
Apr.28,2013
■本日、水曜会にご参加いただいたみなさま、オツカレさまでした。新しくご参加いただいた方も数名いらっしゃいましたが、いかがだったでしょうか。本日もいつものとおり、個人面接、模擬授業、集団面接の3本立てでした。
 平日午後という厳しい時間帯である水曜会のほうも、なんとかご参加を得て、満席の日程が出てまいりました。ありがたいことです。
 個人面接からはじめましたが、エントリーシートの作成もみなさん順調のようで安心しました。ただ、受け答えにおきましてはまだもうちょっとがんばっていただかなければならないところです。エントリーシートに書いていることは答えられても、そこから変化球を投げられるとシドロモドロの応答になってしまうのが見受けられました。また、標語を掲げるのは結構なことですけど、それが空回りしている感がある方もいらっしゃいました。今後の課題だと思います。
 模擬授業では、私学希望の方の模擬授業をみせていただきました。もちろん、遠く公立の受験も狙っている方ですけど、だいぶん勝手がちがうようです。授業を受ける児童の理解度を勘案して授業を進めるのであるなあと、改めて両者の違いを思い知らされました。
 集団面接は、前回の厳しい採点(20点)とは打って変わり、今回はその倍以上の評価をしてよろしいかと思っています。それでも、個別にコメントしましたように、まだまだ穴はあります。すべての応答において、具体性を持たせるよう、日々の教育活動を振り返り、また、自分自身の人生を振り返る必要がありますね。がんばりましょう。
 きょうは、珈琲会を実施いたしました。勉強会の後、すぐに仕事にいかなければならない方、お子さんを迎えにいかなければならない方、そうしたたいへんさを持ちながらも勉強したいという気持ちに応えたいと思っています。時間のない中、珈琲会へのご参加も、期待しています。
Apr.24,2013
■ようやく広島から帰阪し、いつもの場所で珈琲を呑みながら更新しています。
 昨日は、香川対策を高松市で実施いたしました。日教組香川の先生方、各種の手配ありがとうございました。当日は、受講生のSさんとじっくり話しながらの「指導」となりました。香川の面接対策ほか、求められる教師像から話を膨らませました。マーク対策としましては、児童虐待のところまででしたので、このつづきを5月にいたします。来月もよろしくお願いいたします。
 本日は、広島県教職員組合主催の学習会でした。多数ご参加いただき、ありがとうございました。例年と同じく、過去問の検討から入りました。過去問は参加者の方々がそれなりに勉強しているところでしょう。そこを超えるような講義ができたかどうか、反省しております。こちらも、次回5月につづきをいたします。資料をお忘れなきよう、ご持参ください。
 広島は、グループワークがあります。昨年度から採用されました。こちらの対策がむつかしいですね。昨年の「教室配置当てクイズ」といっていいグループワークを実践してみましたものの、ナカナカ全部解答を導き出すことができませんでしたね。2つのグループに同じ問題に挑戦していただいたのですが、前半グループのすぐあとにやっても、後半グループの成績がよかったのかどうかといえば、そうでもありませんでした。来月も残りの1題をいたします。よろしくお願いいたします。
 久しぶりの新幹線、乗り過ごすことなく新大阪で降りることができました。ホッとしています。
Apr.21,2013
◆みなさま、当サイト主宰勉強会に、多数お申し込みくださり、ありがとうございます。日程と申し込み状況をご覧になられればお分かりのように、満席状態がつづき、ご迷惑おかけしております。何分、小さな教室で実施している関係上、募集人数は限定されてしまいます。どうかご容赦ください。
 こうした問題を解決するため、4月からは、水曜日も開催いたします。水曜日の午後大阪市内までご足労いただける方、是非、一緒に勉強しましょう。当サイト主宰の勉強会は、何かを売りつけたり、宗教団体であったり、政治団体であったりではまったくありません。ただ、開催にあたって是非とも必要な経費から、参加1回あたり1200円(6月以降は2000円)は必要となりますのでご理解ください。1回あたり、参加者は上記の金額と、ご案内のペーパーや資料あわせてコピー代20円〜100円くらいが必要になってまいります。100円というのは、資料が10枚ということを意味します(@10円)。
 いずれの曜日の開催も、どちらかといえば女性が多い状態です。おそらく、サイト経由で勉強会に行きたいなとお考えの方でも、とりわけ女性の方は、怖くて二の足を踏んでおられる方もいらっしゃると思います。そこは、当サイトの運営姿勢から、判断いただくほかありません。
 最近では、口コミで、当サイトの勉強会の存在が静かに広まっています。また、多数の合格者を輩出し、その合格者からのご紹介などによりまして、今年は参加者が急激に増えています。多様な要望にすべて応えることはなかなかむつかしいですが、継続的なご参加を可能とする制度も用意いたしました。
 しかし、はじめてご参加の方も、すんなり勉強会に参加いただけるように配慮しております。みなさまからのお申し込み、とりわけ、比較的すいている状態の水曜日午後へのお申し込み、お待ちしています。

日々旁午・表紙へ 浩の教室・トップページへ