日々旁午

2015


■先週末日曜は、当サイト主宰勉強会を開催いたしました。ご参加いただいたみなさま、オツカレさまでした。ありがとうございました。新しくご参加いただいたみなさま、いかがだったでしょうか。サイトの情報のみを頼りにお申し込みいただき、厚くお礼申し上げます。
 4月からは、これまでの勉強会と装いを代え、マーク対策を終了し、人物重視対策のみとなります。この日曜もそうしたことから、個人面接と集団面接の2本立てといたしました。なお、集団面接は2回実施しました。こうすることで、参加者のほぼ全員がどれかの種目に主体的に参加することができます。
 まずは、話題提供ということで多少時間をとり、大阪府ほかの願書の締め切りのことについて確認しました。そして、それに付随することをみなさんのほうから提出していただいて共有しました。勉強会には、いまのところ、大阪圏ほか奈良や兵庫を受験する方がいらっしゃいますので、願書関係の違いなどあり、それを話すことは、有益でした。
 今後も、勉強会の最初の15分から、ときには30分くらいは、話題提供の時間をとりたいと思っています。ただちに人物対策をするよりも、勉強する雰囲気をまずは作るといった立場から行うものです。
 今回、願書の他には、6月末ないし7月初頭に実施する、「教採1次マークシート予想対策講義」のことについてもお話しました。直前の時期に、私が予想問題を作成し、それを3時間程度で勉強するものです。新しい答申もありますし、これまで大阪圏を中心に試験分析してきた視角から予想対策いたします。こちらは、マークシートテストを課す自治体でしたら、どこの都道府県をお受けになる方にも有効だと思います。どのような資料が見たい方は、右欄にメールフォームがありますので、ご連絡ください。過去の古い問題ですが、4冊無償で差し上げます。A4版で200枚くらいはあります。なお、こちらはpdfファイルを添付する形でお頒ちします。なお、ここ数年の問題は有料となります。
 「教採1次マークシート予想対策講義」の募集もそろそろはじめます。限定30名程度です。資料をA4版で50枚ほど提供します。
 勉強会は、こうしたお話をしたあと、個人面接の練習に移りました。あらかじめお申し込みいただいた方2名の方に対し、今の時期ですから20分程度で行いました。こちらの内容は、当然に個人情報を含んでおりますので、サイトには書きませんし、書けません。勉強会に参加されて、その練習のあり方をご覧いただくと幸いです。なお、個人面接の練習には、やや完成させたエントリーシートの持参が前提となります。個人面接練習終了後、もちろんこのシートは返却します。
 つづいて集団面接を2回いたしました。質問事項が重複しないようにしましたが、1つだけ一緒でした。小学校のグループと中高養護のグループとにわかれていただきました。
 だいたい20分程度です。グループの人数は6名でした。
 質問事項は、大阪圏に特有の「人物を見る」質問と「学校・教育に関すること」と2種類を適度に織り交ぜています。右欄の「よく出るかもしれない教採面接質問集」をアレンジして質問事項にしています。
 こちらの内容も、あまりサイトで公表するものでもありませんから控えます。
 勉強会には、遠く兵庫の中央や日本海側、ときに愛知からもご参加いただいています。ネットの効果を実感しています。
 次の開催は11日ですが、満席です。また、18日も満席になりました。直近では、19日にまだ座席があります。みなさまからのお申し込み、お待ちしています。
 25,26日は、結婚式や広島の教採対策学習会がありますので、大阪における勉強会はお休みさせていただきます。
Apr.10,2015
合格者の声「兵庫県 2014年夏受験 合格 HN salaさん(女性)」をアップしました。ご覧ください。
Apr.9,2015
■4月にはいり、勉強会は満席に近くなってまいりました。近く11日は満席です。18,19日はまだ空席あります。みなさまからのお申し込み、お待ちしています。
Apr.7,2015
■4月を迎えました。新学期、はじまりましたね。現職の先生方のみならず、講師の方々、がんばってください。
 ただ、大阪にしても、奈良にしても、あるいは日本全国かもしれませんが、講師の待遇は最悪ですね。
 ・・・・・・
 講師は弱い立場にある。だから、なんでもゆうこと聞くと思って無茶ゆうてるの見え見えですわ。もうちょっと、教育委員会も、各学校も、講師を人間扱いしてやってくれ。
 あまりにもひどいことをしているから、公的ブラック企業なんて言い方をされるんや。
 講師は、今年の受験に響くかもとか、今後もうこの自治体にお世話になれないかもとか、悩んで悩んで死にそうになっているのに、自分の立場が守られた校長とか教育委員会は、ほとんどなんにも講師のこと考えよらへん。
 退職直前の校長なんか、もうあとは野となれ山となれちゃうのかいな。そら講師の責任持つのいややろけど、あまりに考えてやらん態度は管理職としてどやねん!といいたい。
 講師の代わりに、ここでオレがゆうといたるから、いま煮え湯呑まされてるみんな、耐えときや。
 その気があって、裁判で闘うとか、茶碗とられたから覚悟決めて闘争するゆうんやったら、このサイトは諸手を挙げて協力するから、ゆうておいでや。
 じゃあな。
Apr.3,2015

日々旁午・表紙へ 浩の教室・トップページへ