日々旁午

2008



日々旁午・表紙へ 浩の教室・トップページへ

おしらせ今後、当サイト主宰勉強会にキャンセルがありましたら、この「旁午」欄においてアナウンスし、再募集をさせていただきます。再募集はの記号を用いまして表示いたします。開催日程はこちらです。ただし、キャンセルのあった当日朝にご連絡いただいても、連絡がとれません。ご了承ください。その意味では、極力キャンセルされる方は早めのご申告お願いします。
当サイト勉強会で使用している問題集や参考書ほかを、大阪駅前第2ビル地下2階で、いつでも購入することができるようになりました。地下2階にレンタルボックス・キャビン(06-6344-0509:営業時間/平日11:00〜19:30/土日祝11:00〜18:00)というお店に陳列しています。問題集のほか、しょうもない小物も置いていますのでご覧ください。合格お守りのキティちゃんも!
現在、「シート式A」、「シート式B」、「シート式C」、「平成19年夏実施大阪府過去問解答解説集(教職教養部分のみです)」、「新しい答申『幼稚園、小学校、中学校、高等学校及び特別支援学校の学習指導要領等の改善について』の解説付資料集(答申そのものをワタクシの判断で精選し、縮減したものに解説を少しだけつけたもの)」、などをおいています。
 なお、今年1月17日付の答申「子どもの心身の健康を守り、安全・安心を確保するために学校全体としての取組を進めるための方策について」もおいています。こちらは、解説2枚と「ふろく」を含め、30枚ほどに仕上げました。答申類は、安価にて提供します。
レンタルボックス・キャビン店内に連絡掲示板が設置されています。連絡掲示板にご要望を記入いただければ対応しますので、必要な資料あるいは問題集について簡単にコメントくださいませ。たとえば、現在、「平成17年夏実施大阪府過去問解答解説集」、「平成18年夏実施大阪府過去問解答解説集」、「シート式A」はおいていませんが、コメントがあれば、おきたいと思っています。そのほかは、こちらのページ(日程の下に資料の一覧表があります)、および、こちらのページを、どうぞご覧ください。よろしくお願いします。

各種資料ほかをご購入いただいた方々、ありがとうございました。お礼申し上げます。

日々旁午・表紙へ 浩の教室・トップページへ

いや、すごいなぁ、すごいでぇ。こんなことあるんかぁ。ホンマ、すご過ぎる。野球でいえば50対0で負けてるのを9回裏にひっくり返したようなもんや。
 将棋名人戦第3局、羽生が勝つか!こんなん、森内、落としたらあかんわ。これはもうこのシリーズ、森内は精神的に立ち直られへんのんちゃうか。
 すごいわ。
 あんだけ圧力かけられて、それで…
 すごい、すごい。
 羽生、すご過ぎる。
 ほんま、すごすぎるで、これは。羽生は天才やけど、こんなことまでできるんか。深浦が、50年に1回の逆転劇っていってるけど、それがそのまま朝日新聞の見出しになっとる。
 いや、すごいわ。すご過ぎる。おおお〜
 つまり、がんばっとったら、何が起こるか、わからんゆうことや。ほんま。奇跡は起こるで。みんなもがんばろ。
 本日10日は、広島に参ります。広教組の先生方、お世話になります。よろしくお願いします。
(5/10)

日々旁午・表紙へ 浩の教室・トップページへ

7月の勉強会開催について、頭を悩ませています。採用試験の日程が長きにわたっており、開催するにも「当日、本番の試験日です」といわれる方もいらっしゃるからです。それに、マークシート対策も、さすがにしなきゃなりませんからね。たとえ面接重視の採用試験(ちなみにワタクシは、面接:マーク=7:3と評価基準をみています)といえども、放っておくことはできませんしね。
 ということで、水曜会は毎週しようと思っているのですけれど、週末開催は、2回程度に減らそうかと思っています。それで、火曜会を設けたりしてね。これも人数が集まらないと集団面接ができませんが。
 みなさま、ご意見くださいませ。
(5/9)

日々旁午・表紙へ 浩の教室・トップページへ

5月31日の土曜日(JR大阪駅近辺開催、13時より)、キャンセルがありました。先着1名の募集です。右上のメールフォームより、みなさまからのご応募お待ちしています。ドコモほか、携帯からのお申し込みはご遠慮ください。ブロックされて返信のメールが届かない可能性が高いからです。お申込者には、ご連絡差し上げます。確認のため、必ずご返信ください(5月7日22時45分に締め切りました。ご応募ありがとうございました。お申し込みされた方にはご返信しています。確認のため、こちらからのご案内メールに、必ずご返信ください)。

日々旁午・表紙へ 浩の教室・トップページへ

みなさま、GWも過ぎ、心新たに教採に向けてがんばろうと決意しているところだと思います。もうあと2ヶ月、必死になれば、大丈夫。着実に歩をすすめましょうね。
 さて、本日は久しぶりの勉強会=水曜開催なので水曜会でした。ご参加のみなさま、お疲れさまでした。本日は新しくご参加の方もいらっしゃり、ゆったりとしながら、しかし、ちょっと厳しくすすめてまいりました。まず、集団面接を2回。イロイロと集団面接のツボを申し上げながら実施しましたし、後の珈琲会では、多くの質問に答える形でお話しました。お互いに交換しあったペーパーも参考にし反省しつつ、いいところを伸ばしてください。
 なお、勉強会の場ではあまりいわないことなのですけど、本日は、「ちゃんと家で勉強してますか」とかなりつっこみました。実際、ここで練習を積むだけでは手薄です。自宅や図書館で自分なりに答え方をまとめたり、声に出していってみたりしないと、効果は半減します。参加しただけで満足せず、その後をどうするかです。そのために昨年度合格された方のノートを閲覧してもらいました。合格した方は、しっかり勉強しています。このノートを提供してくださった方は、そりゃ、もう、背水の陣かと思うくらい勉強してましたよ。
 Yさん、Kさん、いまはそれぞれの学校でがんばっていらっしゃいますね、ノート提供ありがとう。後輩たち、これみてびっくりしてますよ。
 次に、集団討論でした。テーマはGW前の勉強会と同じでした。こちらも、それぞれにコメントいたしましたので、参考にしてくださいね。
 また、次回。
(5/7)

日々旁午・表紙へ 浩の教室・トップページへ

5月11日の日曜日(JR大阪駅近辺開催、13時より)、キャンセルがありました。先着1名の募集です。右上のメールフォームより、みなさまからのご応募お待ちしています。ドコモほか、携帯からのお申し込みはご遠慮ください。ブロックされて返信のメールが届かない可能性が高いからです。お申込者には、ご連絡差し上げます。確認のため、必ずご返信ください5月3日01時10分に締め切りました。ご応募ありがとうございました。お申し込みされた方にはご返信しています。確認のため、こちらからのご案内メールに、必ずご返信ください)

日々旁午・表紙へ 浩の教室・トップページへ

5月17日の土曜日(JR大阪駅近辺開催、13時より)、キャンセルがありました。先着1名の募集です。右上のメールフォームより、みなさまからのご応募お待ちしています。ドコモほか、携帯からのお申し込みはご遠慮ください。ブロックされて返信のメールが届かない可能性が高いからです。お申込者には、ご連絡差し上げます。確認のため、必ずご返信ください5月1日20時55分に締め切りました。ご応募ありがとうございました。お申し込みされた方にはご返信しています。確認のため、こちらからのご案内メールに、必ずご返信ください)

日々旁午・表紙へ 浩の教室・トップページへ

この土曜日は、香川県宇多津にて、日教組香川主宰の学習会がありました。ご参加のみなさま、お疲れさまでした。
 新旧の学習指導要領の変更点についての解説と、香川県対応の模擬試験的問題解答解説集をお届けしました。ご自宅でしっかり復習してくださいね。
 S先生はじめ日教組香川の先生方、この度も会場の手配から印刷まで、大変お世話になりました。厚くお礼申し上げます。F先生には十分なご挨拶もできず、失礼いたしました。次回、ご拝顔の折に、またお話させてください。よろしくお願いします。
 さて、かなり遅くなり恐縮なのですが、第175回における集団討論の模様再現をつづけます。
 Fさんの「学校裏サイトそのものをみるな」のご意見を受けて、Bさんは、これを実現するには家庭との協力が不可欠であるとし、フィルタリングソフト対策を徹底しなければならないと述べられます。Fさんは、すぐさま、家庭との協力の必要性を肯定し、さらに、掲示板などに書き込む側の理由を探るとともに、もともと児童生徒が自己の意思を伝えきれるかどうかというところに焦点をあてられ、それを現実世界で修練すべきであるとのご意見です。すなわち、交換ノートをつけて、ちゃんと書く技術を身に付けなければならないとされます。
 Eさんは、誹謗中傷の問題が道徳の問題であることに同意され、ネットで展開されることについてアンケートをとって事態を把握し、授業で課題化して一斉指導をしてみると抱負を語られました。Bさんのいわれたフィルタリング対策についてCさんは、これで規制しても誹謗中傷はなくならないのではないかと消極的でした。そうした対策よりも、人間の間柄を整える、つまり友人間の信頼関係を密度濃くすることが教員の仕事であって、本質的、根本的な問題解決につながるであろうとご意見されます。Dさんも、顔をつき合わせて話し、話すことに責任を持つ態度を養成することが重要であると指摘されます。この点、Aさんは、学校の日常生活において、生徒との会話をするにしても、その生徒が話題とするポイントを聞き流すことなく、さらに教員として、倫理面に関わる言語活動について話題にあった場合には、ビシビシ注意するべきであると主張されます。Fさんは、これを学校全体で対策するべきであるとし、そのことがBさんいわれるように、いじめ自殺を少しでもなくす方法でもあります。これは大袈裟ではないでしょう。なお、Bさんは、Fさんと同じく、裏サイトは「悪」であるとの立場に立たれていました。Aさんは、裏サイトは管理できないかと問われ、たとえばサイバー捜査官的役割を学校が担えないかといわれます。その延長線上に、警察との連携による問題解決もおかれていました。削除はBさんいわれるようにプロバイダーの仕事でしょう。そこまで学校ができるかどうかといえば、むつかしいですからね。
 いじめを助長するものとして裏サイトを捉えるEさん、裏サイトの話題をクラスでしてみるのもいいかもしれないと大胆です。Fさんも、裏サイトにおける誹謗中傷が不登校につながる可能性が高いので、現実の場における指導を視野に入れておられます。Dさんも同意見で、児童生徒と深く接して私たち教員が察知しなければならないというように、早期対応の必要性を語られました。
 教員側からの対応ももちろん大切であるが、児童生徒の主体的な倫理意識の形成という観点では、Aさんが思いやりの心を持つといったように、道徳観の自主形成が重要です。体育の時間でもグループワークをしてこれを養うようにしたいというのがAさんのご意見です。
 つづいてCさんが、現実問題として、匿名で無責任に書き込みすることがネットにおける最大の問題であるから、おしゃべりする場を学校でできるかぎり設け、友達同士交流できる場を提供することによって問題解決しようと提起されました。Fさんからは、無責任ということに関して、体育教員をめざす立場から、スポーツマンシップの精神を培わせることが解決策の一つであると示されました。相手を思いやる心ですね。こうした精神は、相互尊重の精神を生みます。Cさんがそう指摘し、このほかに、「できる子ができない子に教えること」によっても、思いやる心ははぐくまれると追加的説明をされました。Eさんは命を大切にする教育について言及され、Dさんは多様な価値観が存在することを認識させたいと述べられました。
 もう終盤になっていますが、ここでFさんは、ご自身が携わるボランティアワークについて紹介し、「障がいあるもの=弱者ではない」ということを強調されました。これは、多様な価値観が存在することを一歩掘り下げ、多様な人間によって社会が構成されていて、人間同士のあるべきあり方を考えるところから提出されたご意見でした。このご意見は、ひいては多様な民族、文化といったところにまでつながりますね。
 最後に、Dさんから、これまでネットのデメリットばかり指摘していないだろうかと反省的視点を挙げられ、ネットを賢く便利に活用する情報教育が期待されているとまとめられ、Cさんから、そうだとすれば、ネットでも「ほめる指導」が展開できないかと、実現可能性はどうであれ、おもしろいご意見が出ました。Bさんいわれるように、教員一人ひとりが情報教育について研修を深めていく必要がありますし、交換ノートを携帯メールですることが可能かといったAさんの指摘もありましたが、ここでタイムアップでした。
 さて、第176回の討論において出てきたご意見をひとつ紹介します。それは実際に、ネットを舞台としたいじめ問題があったことについてのご意見でした。そして、教育の第一義的責任は家庭にあるとの立場をどのように考えるか、後の反省会ではおもしろい議論となったのです。
 ネットでいじめに巻き込まれるのは、当然、誹謗中傷した相手が悪いのですけれど、児童生徒に携帯電話を持たせることをやめさせられるかどうかは、結局、保護者にしかできないことで、これを学校が保護者に伝えることができるかどうか。また、学校の教員が、24時間休むことのないネットのことにまで責任ある指導ができるのかどうか。これは両方とも考えさせられるご指摘でした。後半の問題は、本当にどう捉えるべきでしょう。現実の学校世界においてさえ、指導が困難な場合もあるのに、いつ誹謗中傷が書き込まれるかわからないネットを、また、学校と切り離された世界であるネットを、どこまで教員は「指導」しなければならないのか。これは、学校のスリム化と反する議論になりますね。学校で相談体制を整えることがいじめの問題解決になにがしかの効果はありますが、異次元といっていいネットを舞台にいじめが起こると、これを解決するのは学校ではもうどうにもならないかもしれません。しかしまた、学校がホームページを持っているように、完全にネットと学校が切り離されているわけでもありません。
 この、第176回の勉強会で出された問題、みなさんは、どう考えますか。教えてください。
(5/1)