日々旁午

2016


■なぜか欲しくなった昔の冷蔵庫。靴入れに使ってます。2足しか収納できないのがツライ。仕切り板、手に入れないと。
 全然、話題は変わりますが、昨日は不思議な日でした。人生で、一日のうちに財布を2つ拾ったのは、はじめてです。もちろん両方とも届け出ました。
 思うに、ATMは便利ですけど、無人はこんなとき不便ですね。財布をみつけたのがATMの機械の上で、銀行に電話かけても警察にいってというばかり。警察には、「(届け出るのに時間かかるなら)あなたが持っておいてください」といわれるし。
 最後には落とし主があらわれて、一件落着でした。

May 9,2016
■GW最終となったこの土日、当サイト主宰勉強会にご参加いただきましてありがとうございました。満席のご参加、ありがとうございます。
 この土曜から、面接練習について受験生の選択式といたしました。「単独型」と「掘り下げ型」、さらに「エントリーシート集中型」に分けまして、どれを選んで面接練習をするかお任せしました。
 「単独型」は「単独型」で久しぶりにやってみると難しく、戸惑って応答に窮する方も散見されました。「掘り下げ型」は、これまで通りのものです。
 「エントリーシート集中型」は、「掘り下げ型」の一種ですけれど、拾ってくるキーワードをエントリーシートからに限定したものです。そして、そのキーワードを掘り下げていくというものです。
 今後もこの方針で実施してまいります。みなさん、がんばって参りましょう。
May 8,2016
■4月中に、一度、箪笥のことについて書いた。そのつづきである。箪笥のおもしろさについて述べて、その素材や飾りつけについての妙味を紹介した。
 いま、出会いたい箪笥は、鉄味のよい船箪笥である。鉄の金具の錆びた様子を表現して鉄味がいいといふ。開き戸が誂えられた船箪笥は、開くたびにわくわくし、魅了される。およそ40×40×40前後の立方体を想像してくれればいい。船箪笥は、かわいいサイコロのようで、膝の上に抱えたくなる。
 船箪笥とは、言葉通り、船に積み込む箪笥である。貴重品を保管するための箪笥である。船金庫といってもいい。したがって、他の箪笥より強度を高くするために通常より多く鉄金具が使われているわけであり、開き戸にはこれまた重厚で頑丈な鍵が配備されている。
 船が難破したとき、積み込んだ様々な物が海上に放り出される。そのほとんどは海の藻屑となろう。だが、船箪笥は、ぷかぷか浮かぶのである。貴重品は助かることになる。船箪笥の大きさは、そうした浮くためのサイズでもあるのだろう。江戸時代のことだから、船箪笥の機密性には限界がある。だが、鉄金具を装着し、開き戸で密閉性を高めたおかげで、助かる大福帳が多少はあったわけである。
 ところで、江戸や明治のもので程度がよい船箪笥は、なかなかない。時間がたてば、なくなっていく。それは運命だろう。最近、船箪笥の面白さが再発見され、リメイクものが出回っている。新品だから、さすがに錆がうまい具合にまわって、こころくすぐる鉄味はないけれども、その造りの面白さから、高値がついている。
 リメイクものは、それはそれで面白い。ワタシも、ひとつふたつ所有している。これらもまた、時間が過ぎれば違った意味で味がでてくるだろう。
 といふのは、船に積み込まず、部屋で弄るだけの所有になるので、錆びは遅いからである。生きている間には、意図的に塩漬しないかぎり錆を発生させるのは無理である。まずは、あの独特の、香しい木のにおいが消えてからが本番である。
 次回は、ワタシのもっとも好きな銭函について書こうと思う。コレクター魂が唸る。実は、箪笥に目覚める前は、銭函に集中してコレクトしていた。いまもコレクトしている。銭函は、銭箱であり、ぜにばこと読む。来月あたりに紹介しよう。
May 3,2016
■GWは勉強するチャンスです。受験生の方は、そろそろ本腰にならないとあきませんよ。
 ワタシはといいますと、下に書いていますように資料作成に勤しんでおります。今年度は予定が詰まってまして、先手先手で石を打っていかなければ詰んでしまうからです。しかも今年度は「海の日」がゴールでなく、秋まで戦闘体制がつづきます。次のホッと一息はお盆の頃になるでしょうか。
 それでも充実していて幸せです。
 そうそう、優先登録の方だけ無料ですけども、エントリーシートの添削を受け付けています。すでに2名の方のを添削し返却しました。1週間かかりますので、余裕もってメールしてきてください。
 みなさん、長丁場の教採レース、最後まで振り落とされないようにしましょう。
May 1,2016

日々旁午・表紙へ 浩の教室・トップページへ