日々旁午




 韓国と北朝鮮、同じ民族で争う愚を避けてほしい・黄海アウト!O−157感染の保育園児、大丈夫でしょうか・福岡ヒグマにはびっくり・学校のグランド・北海道西日本、大雨に警戒しましょう医師がパニックになったらお手上げ韓国負けたけど、がんばったイチローの巻き返しを大いに期待。いま打率2位おぉ、アマ1勝2敗。朝日将棋トーナメント論作文道場・投稿状況のおしらせ・さんまさんの投稿へのコメントをアップしました。ワタクシの一面的な見方だけでなく、様々な角度からご意見が提示されることを望んでいます(6/30)

 あせりましたー。アルゼンチンのとあるページにアクセスしたところ、ノートンの「警告」が出ました。ウイルスメールはよく来るので扱いになれたものだけど、HPを見た瞬間に「感染警告」とは初体験。ノートンの効果でぎりぎりセーフでした。まさか「ヤフー・アルゼンチン!」がこんなページを紹介してるとは思いもよりませんでした。海外サイトを彷徨することが趣味なワタクシも、これにはまいりました人生いろいろ、このカラクリのようにかわる大学入学金返還訴訟は不況の鬼っ子か、正統な嫡子か東京三菱銀行でもひと悶着退去だなんて、代わりの場所を提供するといえども、苦しい人びとに対する思いやりがないのか・東京都スーパードライ紛争勃発。ほろ酔い気分で観戦でもポテトチップスはつまめない日本食品も倫理観欠如なのか郷田2連勝論作文道場・投稿状況のおしらせ・niniさんの投稿をアップしました。ワタクシの一面的な見方だけでなく、様々な角度からご意見が提示されることを望んでいます(6/29)

 到達度診断テストは延期のようです・東京都昨日のは勘違いでした。WEB上の論作文ではなく、こちらで勝手に採点している論作文に語られていたものでした。おわびにここをどうぞ切り捨てられるのは高齢者施設、児童養護施設、障害者施設など本当は「福祉」分野として一番都民が望んでいるものであるスキンヘッドそのものは悪くはない、極右が問題なのね・ロシア冲永荘一、追い詰められる自分の人生を切り開こうとしたが、どつぼにはまり、転落の一途をたどった・宅間、かといって他人の人生をどうこうする資格はこれっぽっちもないぞえぇ、あの社会思想社が・・・7連敗かい論作文道場・投稿状況のおしらせ・あささんの投稿へのコメントと、TOTTIさんの投稿をアップしました。すずかさん、コメントありがとう。このように、ワタクシの一面的な見方だけでなく、様々な角度からご意見が提示されることを望んでいますいつのまにか「お持ち帰り」などと品のない言葉が街を席巻している。その昔半額でハンバーガーの在庫整理にいそしんでいた全国チェーン店でよく聞かれるせりふである。何の目的で金が必要なのかわからないけれど、アルバイターが客にそう聞くのはまだいい。義務だからである。普通である。ジャンクにはジャンクなコトバが似合うわけかと妙な一致点を見出さざるをえないが、買う客の方が「お持ち帰りで」とぬかす頻度が多くなるにつれて、こうした店にいくワタクシの回数は減った。こんなふうだから、欧州流のカフェ文化が根付くはずがない頻りに足を組替えながらアイスコーヒーをすする女がいる。屁でも我慢しているのか。脂肪がついて太腿のすわりが悪いのか。ちらちら見るのはワタクシの胸中の隅の隅のまた隅に内蔵された儒教道徳が許可しないので、馬蹄型をした小銭用の財布を見つめることに神経を集中した。気になるのだろう、と天から声がしたかと思えば、その店の壁に地縛霊のように纏わりついている宣長の顔が浮き上がってきた。しかしその動きはすばしっこい。見ようと思えば隠れやがる。親から一人立ちしてすぐの子猫のような逃げ足である。両手ではっしと捉えて見つめることのできる霊ではない。だが組替える足は見ようと思えば見える。顔は問題ではない。屁が出るのか出ないのかが気に懸かるだけなのである。アイスコーヒーは氷だけになっていた。ストローの透明の包装が縮れていて置き去りにされていた。ワタクシの注文品はまだできない地縛霊の顔を追う代わりにタバコに手を伸ばそうとしている一人の男の顔を掴まえた。小銭入れから再び目を移すと先が赤い。胸の奥の肺胞の隅々にまでタールが行き届いているのに、吐いた煙をうるさい子どもを追っ払うかのように周囲へ逃がしている。手で煙を追い払うそのさまは、立ち読みを注意する昔懐かしい年老いた店主のようでもある。こいつの胸の中には、工事中の黄色い立看板が方々にあるにちがいない。そこかしこを黒ずませるミクロの作業人を飼っている。湯水のように税金を公共事業へ投入する方がまだましと思わせるほどの吸いっぷりだ。掘っては埋め、計画しては凍結する。だが黒々とした胸中を元に戻す方が困難であろう。紙幣に火をつけているとの自覚がなさそうな男である。赤色灯の点滅している肺が透けて見えるその煙が店内に充満しきった頃合に私の注文品が手渡された。目抜き通りに出ると窒息しそうな感覚がなくなると期待していたとおり、爽快である。地縛霊とにらめっこしなくて済む。宣長の地縛霊はワタクシの心に住み着いた霊の反射だったのだなと合点した。それ見ろ投影すべき壁のない通りではたちどころに消えている。宣長の霊でホッとした。善くもないが悪くもない霊だから。女が足を頻りに組替え、男が煙を無造作に追い払って堂々としているのは、とり憑く霊の種類が違うからだろうと腑に落ちた。「お持ち帰りで」と平然といわせる背後霊は、大枚をはたいてでもお払いの儀式を敢行し、張り付かれないようにする腹積もりである。[不定期読物シリーズ](6/28)

 日大法学部の先生は法律を知らなかったわけね論作文道場の投稿にも出てますが、ここですね、ここブラジル強し、されど、ドイツに勝たせたい29億円かぁ、絵でも書こうかな・首飾りの裸婦弘前大学も、相模原南署も、200万横領された高知市も、組織は組織。組織が人によって作られているとすれば、人がワルイのであろう153やマンキンに気をつけようカネテツもミスドも自分がよければいいのよ、株主なんか目じゃねえよ。資本と経営の分離は無意味なのよはかなき闘争・エアドゥ607兆円って、ザルそば何杯分なんだ論作文道場・投稿状況のおしらせ・あささんの投稿へのコメントと、TOTTIさんの投稿をアップしました。すずかさん、コメントありがとう。このように、ワタクシの一面的な見方だけでなく、様々な角度からご意見が提示されることを望んでいますいつのまにか「お持ち帰り」などと品のない言葉が街を席巻している。その昔半額でハンバーガーの在庫整理にいそしんでいた全国チェーン店でよく聞かれるせりふである。何の目的で金が必要なのかわからないけれど、アルバイターが客にそう聞くのはまだいい。義務だからである。普通である。ジャンクにはジャンクなコトバが似合うわけかと妙な一致点を見出さざるをえないが、買う客の方が「お持ち帰りで」とぬかす頻度が多くなるにつれて、こうした店にいくワタクシの回数は減った。こんなふうだから、欧州流のカフェ文化が根付くはずがない頻りに足を組替えながらアイスコーヒーをすする女がいる。屁でも我慢しているのか。脂肪がついて太腿のすわりが悪いのか。ちらちら見るのはワタクシの胸中の隅の隅のまた隅に内蔵された儒教道徳が許可しないので、馬蹄型をした小銭用の財布を見つめることに神経を集中した。気になるのだろう、と天から声がしたかと思えば、その店の壁に地縛霊のように纏わりついている宣長の顔が浮き上がってきた。しかしその動きはすばしっこい。見ようと思えば隠れやがる。親から一人立ちしてすぐの子猫のような逃げ足である。両手ではっしと捉えて見つめることのできる霊ではない。だが組替える足は見ようと思えば見える。顔は問題ではない。屁が出るのか出ないのかが気に懸かるだけなのである。アイスコーヒーは氷だけになっていた。ストローの透明の包装が縮れていて置き去りにされていた。ワタクシの注文品はまだできない地縛霊の顔を追う代わりにタバコに手を伸ばそうとしている一人の男の顔を掴まえた。小銭入れから再び目を移すと先が赤い。胸の奥の肺胞の隅々にまでタールが行き届いているのに、吐いた煙をうるさい子どもを追っ払うかのように周囲へ逃がしている。手で煙を追い払うそのさまは、立ち読みを注意する昔懐かしい年老いた店主のようでもある。こいつの胸の中には、工事中の黄色い立看板が方々にあるにちがいない。そこかしこを黒ずませるミクロの作業人を飼っている。湯水のように税金を公共事業へ投入する方がまだましと思わせるほどの吸いっぷりだ。掘っては埋め、計画しては凍結する。だが黒々とした胸中を元に戻す方が困難であろう。紙幣に火をつけているとの自覚がなさそうな男である。赤色灯の点滅している肺が透けて見えるその煙が店内に充満しきった頃合に私の注文品が手渡された。目抜き通りに出ると窒息しそうな感覚がなくなると期待していたとおり、爽快である。地縛霊とにらめっこしなくて済む。宣長の地縛霊はワタクシの心に住み着いた霊の反射だったのだなと合点した。それ見ろ投影すべき壁のない通りではたちどころに消えている。宣長の霊でホッとした。善くもないが悪くもない霊だから。女が足を頻りに組替え、男が煙を無造作に追い払って堂々としているのは、とり憑く霊の種類が違うからだろうと腑に落ちた。「お持ち帰りで」と平然といわせる背後霊は、大枚をはたいてでもお払いの儀式を敢行し、張り付かれないようにする腹積もりである。[不定期読物シリーズ](6/27)

 いつのまにか「お持ち帰り」などと品のない言葉が街を席巻している。その昔半額でハンバーガーの在庫整理にいそしんでいた全国チェーン店でよく聞かれるせりふである。何の目的で金が必要なのかわからないけれど、アルバイターが客にそう聞くのはまだいい。義務だからである。普通である。ジャンクにはジャンクなコトバが似合うわけかと妙な一致点を見出さざるをえないが、買う客の方が「お持ち帰りで」とぬかす頻度が多くなるにつれて、こうした店にいくワタクシの回数は減った。こんなふうだから、欧州流のカフェ文化が根付くはずがない頻りに足を組替えながらアイスコーヒーをすする女がいる。屁でも我慢しているのか。脂肪がついて太腿のすわりが悪いのか。ちらちら見るのはワタクシの胸中の隅の隅のまた隅に内蔵された儒教道徳が許可しないので、馬蹄型をした小銭用の財布を見つめることに神経を集中した。気になるのだろう、と天から声がしたかと思えば、その店の壁に地縛霊のように纏わりついている宣長の顔が浮き上がってきた。しかしその動きはすばしっこい。見ようと思えば隠れやがる。親から一人立ちしてすぐの子猫のような逃げ足である。両手ではっしと捉えて見つめることのできる霊ではない。だが組替える足は見ようと思えば見える。顔は問題ではない。屁が出るのか出ないのかが気に懸かるだけなのである。アイスコーヒーは氷だけになっていた。ストローの透明の包装が縮れていて置き去りにされていた。ワタクシの注文品はまだできない地縛霊の顔を追う代わりにタバコに手を伸ばそうとしている一人の男の顔を掴まえた。小銭入れから再び目を移すと先が赤い。胸の奥の肺胞の隅々にまでタールが行き届いているのに、吐いた煙をうるさい子どもを追っ払うかのように周囲へ逃がしている。手で煙を追い払うそのさまは、立ち読みを注意する昔懐かしい年老いた店主のようでもある。こいつの胸の中には、工事中の黄色い立看板が方々にあるにちがいない。そこかしこを黒ずませるミクロの作業人を飼っている。湯水のように税金を公共事業へ投入する方がまだましと思わせるほどの吸いっぷりだ。掘っては埋め、計画しては凍結する。だが黒々とした胸中を元に戻す方が困難であろう。紙幣に火をつけているとの自覚がなさそうな男である。赤色灯の点滅している肺が透けて見えるその煙が店内に充満しきった頃合に私の注文品が手渡された。目抜き通りに出ると窒息しそうな感覚がなくなると期待していたとおり、爽快である。地縛霊とにらめっこしなくて済む。宣長の地縛霊はワタクシの心に住み着いた霊の反射だったのだなと合点した。それ見ろ投影すべき壁のない通りではたちどころに消えている。宣長の霊でホッとした。善くもないが悪くもない霊だから。女が足を頻りに組替え、男が煙を無造作に追い払って堂々としているのは、とり憑く霊の種類が違うからだろうと腑に落ちた。「お持ち帰りで」と平然といわせる背後霊は、大枚をはたいてでもお払いの儀式を敢行し、張り付かれないようにする腹積もりである。[不定期読物シリーズ]論作文道場・投稿状況のおしらせ・あささんの投稿へのコメントと、TOTTIさんの投稿をアップしました。すずかさん、コメントありがとう。このように、ワタクシの一面的な見方だけでなく、様々な角度からご意見が提示されることを望んでいます(6/26)

 ここに至ってやめないのか・ムネオソダネー、ここには、食べたいものもあるし、そうでないものもある最近、窓ガラスが割られる学校が多いのは気のせいであろうか。そうじゃないんじゃないか。昭和50年代の荒れの時代以上のように感じますもう、70億円でもびっくりしない・帝京大オスかもメスかもわからんのね・コウコウ歩きタバコ禁止はマナーには頼れないか。そのうち公共交通機関の階段における座り込み禁止条例もでるのかな住民投票18歳とはこれまた踏み込んだ決定だな・高浜市阪神は死に体かソニー、ソニー、ソニーちゃーん・4兆円今日はなんの日、気になる日論作文道場・投稿状況のおしらせ・さんまさんの投稿、TOTTIさんの投稿をアップしました。すずかさん、コメントありがとう。このように、ワタクシの一面的な見方だけでなく、様々な角度からご意見が提示されることを望んでいますこの日々旁午のコーナーを文字通り日々楽しんでくださっている方がいらっしゃるかもしれぬ。もしや毎日覗いてくださる方がいるとすれば、その方々に少しでも前日と異なる新しい情報ないしはコメントを提供すべきであるというワタクシの思い込みが、日々更新の原動力であるクダラヌ世間の喧騒を呑気に客観しているようなこの旁午も、飲み屋の生命たる暖簾よろしく、「商い中」の金看板をHPに掲げる所作にほかならない。主人はそれなりに意地を張るものである自分だけしか使用せぬ鏡に顔を映せば、そこには、そんなに齷齪自分の巣を作ってどうするんだと働き蜂につぶやく爺の姿が見えた。蜂にすればそれが仕事といいたげに、6本の華奢な足を巧みに動かしている。潤滑油なく動ける精密器械のような蜂が頭をくりくり回しながら、目標を喪失して呻吟している爺を笑うの図である自分の顔が映るものだと決めていても、ささやかなこのHPの存在がそうさせないような気がする。読んでいただいているとの自覚が、鏡に映るものを変えるのである。魔力である。なるほど思い込みと真実とは全く違うものだと肝に銘じなければ、恥を掻くのは知っている。だが読んでくださる方の叱咤激励がか細いLANコードを通って届いてくる錯覚があるのである。社会との接点のひとつをHPに求める限り、その錯覚は有頂天気分と同様、陥りやすい罠かも知れぬ。鏡の中に発見した爺と蜂と、さてどちらがワタクシの心境を偽りなく演じているか今きた道を戻ることができるよう月の光に輝く石をまきつ、まきつ、たどりついた地点で拾った鏡のような気がした。パン屑をまいていたら帰り道のない袋小路、突き進むしかないので、えーいままよ、の掛け声で、再出発できるであろうのに。そのあたり物語的な完結がみえない漂流というのがHP運営の妙味であり、悩みであるこの先道は3本に分岐している。この旁午のコーナーを、やるかやめるかやすむか。「本日閉店」では芸がない。「定休日」を設けたとしても、客の方で忘れる。「THE END」は映画にこそ似合うが巻き終わりのない静止画では見るに堪えない。「店じまい」と書かれたチラシを食い入るように見る消費者は哀れというほかない。いっそのこと「永久脱毛」とでも表示するか。そうすればそんな薬が手に入るのかと勘違いした閲覧者がくるかもしれぬ。ヤフーで「永久脱毛」を検索した方が教採のページに辿りつくのも一興。笑いの種になるし、憤慨されたとしても、これまた笑って済むことである。交通事故ほど深刻な接触ではないからであるそうだ、このコーナーをやめるときにはきっと「永久脱毛」と朱書きしよう。胡散臭い小ビンのジフ・イメージもつけよう。それまでは、気を取り直して社会の喧騒を抉り出す作業に戻ろう。それがいい、それが平和というものであろう。ちょっとまて、永久に脱毛してもいいということは、それだけ価値がないからか。くそう、蜂には蜂の生涯がある。チクッと刺しつづけるぞ。なぜならそれが蜂の本能だからである[不定期読物シリーズ](6/25)

 レフリーに正確なジャッジを求めるのは間違いではないが、ここまで尾を引くものか。ただ、ペレの言葉は正しい、「同じ行為には同じ判定を」楽しい楽しい数学のページです「理科カリキュラムを考える会」、代表世話人・滝川洋二国際基督教大学高校教諭は是非ともがんばってほしい。応援しますビンラーディン復活の烽火、また株価が下がるか電子投票は政治を抜本的に変える可能性を持っている。悪しき場合は身代わり投票、よき場合は投票率アップやっぱり盲腸を手術するのね・ONO残された乗客の立場は笑うに笑えない北の国からアマ竜王・渡辺氏論作文道場・投稿状況のおしらせ・さんまさんの投稿、TOTTIさんの投稿をアップしました。すずかさん、コメントありがとう。このように、ワタクシの一面的な見方だけでなく、様々な角度からご意見が提示されることを望んでいますこの日々旁午のコーナーを文字通り日々楽しんでくださっている方がいらっしゃるかもしれぬ。もしや毎日覗いてくださる方がいるとすれば、その方々に少しでも前日と異なる新しい情報ないしはコメントを提供すべきであるというワタクシの思い込みが、日々更新の原動力であるクダラヌ世間の喧騒を呑気に客観しているようなこの旁午も、飲み屋の生命たる暖簾よろしく、「商い中」の金看板をHPに掲げる所作にほかならない。主人はそれなりに意地を張るものである自分だけしか使用せぬ鏡に顔を映せば、そこには、そんなに齷齪自分の巣を作ってどうするんだと働き蜂につぶやく爺の姿が見えた。蜂にすればそれが仕事といいたげに、6本の華奢な足を巧みに動かしている。潤滑油なく動ける精密器械のような蜂が頭をくりくり回しながら、目標を喪失して呻吟している爺を笑うの図である自分の顔が映るものだと決めていても、ささやかなこのHPの存在がそうさせないような気がする。読んでいただいているとの自覚が、鏡に映るものを変えるのである。魔力である。なるほど思い込みと真実とは全く違うものだと肝に銘じなければ、恥を掻くのは知っている。だが読んでくださる方の叱咤激励がか細いLANコードを通って届いてくる錯覚があるのである。社会との接点のひとつをHPに求める限り、その錯覚は有頂天気分と同様、陥りやすい罠かも知れぬ。鏡の中に発見した爺と蜂と、さてどちらがワタクシの心境を偽りなく演じているか今きた道を戻ることができるよう月の光に輝く石をまきつ、まきつ、たどりついた地点で拾った鏡のような気がした。パン屑をまいていたら帰り道のない袋小路、突き進むしかないので、えーいままよ、の掛け声で、再出発できるであろうのに。そのあたり物語的な完結がみえない漂流というのがHP運営の妙味であり、悩みであるこの先道は3本に分岐している。この旁午のコーナーを、やるかやめるかやすむか。「本日閉店」では芸がない。「定休日」を設けたとしても、客の方で忘れる。「THE END」は映画にこそ似合うが巻き終わりのない静止画では見るに堪えない。「店じまい」と書かれたチラシを食い入るように見る消費者は哀れというほかない。いっそのこと「永久脱毛」とでも表示するか。そうすればそんな薬が手に入るのかと勘違いした閲覧者がくるかもしれぬ。ヤフーで「永久脱毛」を検索した方が教採のページに辿りつくのも一興。笑いの種になるし、憤慨されたとしても、これまた笑って済むことである。交通事故ほど深刻な接触ではないからであるそうだ、このコーナーをやめるときにはきっと「永久脱毛」と朱書きしよう。胡散臭い小ビンのジフ・イメージもつけよう。それまでは、気を取り直して社会の喧騒を抉り出す作業に戻ろう。それがいい、それが平和というものであろう。ちょっとまて、永久に脱毛してもいいということは、それだけ価値がないからか。くそう、蜂には蜂の生涯がある。チクッと刺しつづけるぞ。なぜならそれが蜂の本能だからである[不定期読物シリーズ](6/24)

 この日々旁午のコーナーを文字通り日々楽しんでくださっている方がいらっしゃるかもしれぬ。もしや毎日覗いてくださる方がいるとすれば、その方々に少しでも前日と異なる新しい情報ないしはコメントを提供すべきであるというワタクシの思い込みが、日々更新の原動力であるクダラヌ世間の喧騒を呑気に客観しているようなこの旁午も、飲み屋の生命たる暖簾よろしく、「商い中」の金看板をHPに掲げる所作にほかならない。主人はそれなりに意地を張るものである自分だけしか使用せぬ鏡に顔を映せば、そこには、そんなに齷齪自分の巣を作ってどうするんだと働き蜂につぶやく爺の姿が見えた。蜂にすればそれが仕事といいたげに、6本の華奢な足を巧みに動かしている。潤滑油なく動ける精密器械のような蜂が頭をくりくり回しながら、目標を喪失して呻吟している爺を笑うの図である自分の顔が映るものだと決めていても、ささやかなこのHPの存在がそうさせないような気がする。読んでいただいているとの自覚が、鏡に映るものを変えるのである。魔力である。なるほど思い込みと真実とは全く違うものだと肝に銘じなければ、恥を掻くのは知っている。だが読んでくださる方の叱咤激励がか細いLANコードを通って届いてくる錯覚があるのである。社会との接点のひとつをHPに求める限り、その錯覚は有頂天気分と同様、陥りやすい罠かも知れぬ。鏡の中に発見した爺と蜂と、さてどちらがワタクシの心境を偽りなく演じているか今きた道を戻ることができるよう月の光に輝く石をまきつ、まきつ、たどりついた地点で拾った鏡のような気がした。パン屑をまいていたら帰り道のない袋小路、突き進むしかないので、えーいままよ、の掛け声で、再出発できるであろうのに。そのあたり物語的な完結がみえない漂流というのがHP運営の妙味であり、悩みであるこの先道は3本に分岐している。この旁午のコーナーを、やるかやめるかやすむか。「本日閉店」では芸がない。「定休日」を設けたとしても、客の方で忘れる。「THE END」は映画にこそ似合うが巻き終わりのない静止画では見るに堪えない。「店じまい」と書かれたチラシを食い入るように見る消費者は哀れというほかない。いっそのこと「永久脱毛」とでも表示するか。そうすればそんな薬が手に入るのかと勘違いした閲覧者がくるかもしれぬ。ヤフーで「永久脱毛」を検索した方が教採のページに辿りつくのも一興。笑いの種になるし、憤慨されたとしても、これまた笑って済むことである。交通事故ほど深刻な接触ではないからであるそうだ、このコーナーをやめるときにはきっと「永久脱毛」と朱書きしよう。胡散臭い小ビンのジフ・イメージもつけよう。それまでは、気を取り直して社会の喧騒を抉り出す作業に戻ろう。それがいい、それが平和というものであろう。ちょっとまて、永久に脱毛してもいいということは、それだけ価値がないからか。くそう、蜂には蜂の生涯がある。チクッと刺しつづけるぞ。なぜならそれが蜂の本能だからである[不定期読物シリーズ]論作文道場・投稿状況のおしらせ・司さんの投稿へのコメントと、さんまさんの投稿をアップしました。すずかさん、コメントありがとう。このように、ワタクシの一面的な見方だけでなく、様々な角度からご意見が提示されることを望んでいます。本日はうえのようにしょうもないことを書いたので、アップするべきトッティさんの投稿を掲載する時間を失いました。明日に致します。失礼(6/23)

 道路関係4公団民営化推進委員会、猪瀬直樹氏の起用は小泉改革に一縷の希望を抱かせるものである「このようにジャパネスクは紹介されていますシリーズ」第4弾です(今回はアイドルの宣伝になってしまいますが、こんなふうにファンサイトがあるみたいです)真紀子に国会招致の可能性あり北朝鮮TVは「こすい」といわざるをえない。同じ民族なのだから、隠さず祝ってやるのが大人の姿勢ではなかろうかさすがに強い・ブラジル改造車を合格させる車検に意義なし横浜市議資格剥奪は重い処分。しかしなにかほかの方法はなかったのか論作文道場・投稿状況のおしらせ・司さんの投稿へのコメントと、さんまさんの投稿をアップしました。すずかさん、こめんとありがとう。このように、ワタクシの一面的な見方だけでなく、様々な角度からご意見が提示されることを望んでいます(6/22)

 大阪府の教採志願者増えたけど、倍率は低下このパソコンは大きいか、小さいか、それが問題だ。それ以外にないそうではあろうと思われていたことだが、統計的結果を突きつけられると説得力が増す・キレる子ども落書きで逮捕は行き過ぎかどうか減給程度で済む問題と片付けるところが防衛庁らしい認識の仕方18歳といえど無期判決はやむをえまいコーヒーが混じっただけで本当によかったベッカムのサインを取り上げるというところに、教員の世間知らずがあるといわれても甘受するしかないであろう・淡路島ロッテあわやのところであった党員資格停止処分なら、もう外に出たらどうか・真紀子論作文道場・投稿状況のおしらせ・司さんの投稿へのコメントと、さんまさんの投稿をアップしました。ワタクシの一面的な見方だけでなく、様々な角度からご意見が提示されることを望んでいます(6/21)

トップページへ  もくじ   浩の教室