日々旁午

2008



日々旁午・表紙へ 浩の教室・トップページへ

おしらせ今後、当サイト主宰勉強会にキャンセルがありましたら、この「旁午」欄においてアナウンスし、再募集をさせていただきます。再募集はの記号を用いまして表示いたします。開催日程はこちらです。ただし、キャンセルのあった当日朝にご連絡いただいても、連絡がとれません。ご了承ください。その意味では、極力キャンセルされる方は早めのご申告お願いします。
当サイト勉強会で使用している問題集や参考書ほかを、大阪駅前第2ビル地下2階で、いつでも購入することができるようになりました。地下2階にレンタルボックス・キャビン(06-6344-0509:営業時間/平日11:00〜19:30/土日祝11:00〜18:00)というお店に陳列しています。問題集のほか、しょうもない小物も置いていますのでご覧ください。合格お守りのキティちゃんも!
現在、「シート式A」、「シート式B」、「シート式C」、「平成19年夏実施大阪府過去問解答解説集(教職教養部分のみです)」、「新しい答申『幼稚園、小学校、中学校、高等学校及び特別支援学校の学習指導要領等の改善について』の解説付資料集(答申そのものをワタクシの判断で精選し、縮減したものに解説を少しだけつけたもの)」、などをおいています。
 なお、今年1月17日付の答申「子どもの心身の健康を守り、安全・安心を確保するために学校全体としての取組を進めるための方策について」もおいています。こちらは、解説2枚と「ふろく」を含め、30枚ほどに仕上げました。答申類は、安価にて提供します。
レンタルボックス・キャビン店内に連絡掲示板が設置されています。連絡掲示板にご要望を記入いただければ対応しますので、必要な資料あるいは問題集について簡単にコメントくださいませ。たとえば、現在、「平成17年夏実施大阪府過去問解答解説集」、「平成18年夏実施大阪府過去問解答解説集」、「シート式A」はおいていませんが、コメントがあれば、おきたいと思っています。そのほかは、こちらのページ(日程の下に資料の一覧表があります)、および、こちらのページを、どうぞご覧ください。よろしくお願いします。

各種資料ほかをご購入いただいた方々、ありがとうございました。お礼申し上げます。

日々旁午・表紙へ 浩の教室・トップページへ

6月28日の土曜日(JR大阪駅近辺開催、13時より)、キャンセルがありました。先着1名の募集です。右上のメールフォームより、みなさまからのご応募お待ちしています。ドコモほか、携帯からのお申し込みはご遠慮ください。ブロックされて返信のメールが届かない可能性が高いからです。お申込者には、ご連絡差し上げます。確認のため、必ずご返信ください6月21日23時18分に締め切りました。ご応募ありがとうございました。お申し込みされた方にはご返信しています。確認のため、こちらからのご案内メールに、必ずご返信ください)。

日々旁午・表紙へ 浩の教室・トップページへ

7月5日の土曜日(JR大阪駅近辺開催、13時より)、キャンセルがありました。先着1名の募集です。右上のメールフォームより、みなさまからのご応募お待ちしています。ドコモほか、携帯からのお申し込みはご遠慮ください。ブロックされて返信のメールが届かない可能性が高いからです。お申込者には、ご連絡差し上げます。確認のため、必ずご返信ください6月21日23時18分に締め切りました。ご応募ありがとうございました。お申し込みされた方にはご返信しています。確認のため、こちらからのご案内メールに、必ずご返信ください)。

日々旁午・表紙へ 浩の教室・トップページへ

週末の当サイト主宰勉強会にご参加いただいたみなさま、お疲れさまでした。土曜日は、集団面接、個人面接、集団討論を、日曜日は、集団面接、個人面接をそれぞれ実施しました。みなさまのご要望に応えつつ、プログラムを遂行しております。ここのところ1次対策に力をいれたい希望者が多くなってきた関係上、集団討論が不開催になることもごさいますが、ご理解いただきたく、よろしくお願いします。
 さて、この土日は、集団面接の方針がかなり変わりました。名づけて「シートベルト式集団面接」であったわけですが、みなさま、いかがだったでしょうか。さすがのピラニア軍団も、サバの味噌煮になっちゃったようです。はい。みなさまの実力があがるにしたがって、クリアするべきハードルの高さをあげるわけですけど、「シートベルト式集団面接」を乗り越えれば、もう、はっきりいって、敵なしとなります。これが集団面接の最高峰です。例年、試験直前に「これだけやれば十分だろう」と安心しているところに冷水を浴びせて、緊張感を持続させるわけですけど、今年のそれが、この「シートベルト式集団面接」なわけです。これを経験したい方、どうぞ勉強会にご参加くださいね。「シートベルト式集団面接」ってなんですかーーー?、という方、どうぞお問い合わせください。
 さて、集団討論は、「学習習慣の確立の方策について議論してください」といたしました。この模様は、少し先になるかもしれませんが、再現を次回にいたします。申し訳ない。
(6/16)

日々旁午・表紙へ 浩の教室・トップページへ

6月18日の水曜日(地下鉄淀屋橋駅近辺開催、13時より)、キャンセルがありました。先着1名の募集です。右上のメールフォームより、みなさまからのご応募お待ちしています。ドコモほか、携帯からのお申し込みはご遠慮ください。ブロックされて返信のメールが届かない可能性が高いからです。お申込者には、ご連絡差し上げます。確認のため、必ずご返信ください(6月16日07時04分に締め切りました。ご応募ありがとうございました。お申し込みされた方にはご返信しています。確認のため、こちらからのご案内メールに、必ずご返信ください)。

日々旁午・表紙へ 浩の教室・トップページへ

6月25日の水曜日(地下鉄淀屋橋駅近辺開催、13時より)、キャンセルがありました。先着1名の募集です。右上のメールフォームより、みなさまからのご応募お待ちしています。ドコモほか、携帯からのお申し込みはご遠慮ください。ブロックされて返信のメールが届かない可能性が高いからです。お申込者には、ご連絡差し上げます。確認のため、必ずご返信ください6月16日07時04分に締め切りました。ご応募ありがとうございました。お申し込みされた方にはご返信しています。確認のため、こちらからのご案内メールに、必ずご返信ください)。

日々旁午・表紙へ 浩の教室・トップページへ

フィー、ようやくひとつ、締切が終わりました。やれやれ。自分へのご褒美に、きょうは、いまから葉巻を1本喫ろう。どうにも煙草と葉巻はやめられないな。お金がかかって仕方がないけどね。1箱1000円などと政治家はいっているけれど、値上がりして止められるかな。
 うーむ、リラックスに煙草や葉巻はあかんのかなあ。時代だなと思う。けど、ちょっと、政策的にはやりすぎのような気がするんですけど。これまで20円とか30円とか、2年ごとに上がってきて、いきなり1000円はないでしょう。せめて400円とかにしておいて。一気に100円あがるだけでも、困るんですけどね。
 きょうは、モンテクリストのエドムンド。なかなか好きな1本です。ワタクシの喫煙具、実はサイトに写真で載せています。興味ある方は探してみてください。どこかにリンクがありますから。
 さあ、きょう、あすは当サイト主宰勉強会を開催いたします。ご参加のみなさま、よろしくお願いします。
(6/14)

日々旁午・表紙へ 浩の教室・トップページへ

6月14日の土曜日(JR大阪駅近辺開催、13時より)、キャンセルがありました。先着2名の募集です。右上のメールフォームより、みなさまからのご応募お待ちしています。ドコモほか、携帯からのお申し込みはご遠慮ください。ブロックされて返信のメールが届かない可能性が高いからです。お申込者には、ご連絡差し上げます。確認のため、必ずご返信ください6月13日20時17分に締め切りました。ご応募ありがとうございました。お申し込みされた方にはご返信しています。確認のため、こちらからのご案内メールに、必ずご返信ください)。

日々旁午・表紙へ 浩の教室・トップページへ

(承前)つづいて発言されたのは、Fさんでした。Fさんは、小学校志望ですが、仲間作りが難しくなってくる小学校4年生の時期、人との違いということを認識しはじめる時期に、人間関係を育む言語活動をどうするかということについてご意見されました。Dさんは、Fさんの議論とも関連し、相手を傷つけたり、悲しませたりもするのが言葉であるとの立場から、教員の児童生徒にかける言葉遣いにも注意が必要と自覚と反省を示され、言葉遣いの配慮ということを指摘されました。それだけ言葉には力があるわけで、マイナスの言葉、たとえば「死ね」など否定的な内容を持つ言葉を発する児童生徒が多くなってきているとは、Cさんの分析です。それゆえに、お互いを認め合う言葉遣いを身に付けるべきであり、相手を肯定する、相手を認める言葉の効用を朝の読書活動などから育成するべきであるとCさんは述べられます。
 Gさんは、これまでの議論に登場した教員の言葉にせよ、絵本の言葉にしろ、言葉を学ぶのは、知的基盤であり、情緒を育むゆえであり、それぞれの意見に賛同されます。その上で、総合学習の時間に多様な講演をしてもらって、児童生徒に刺激を与え、そこで使われた言葉ほか、外からの、周囲からの言葉の力をも得るのがよいと立論されます。Eさんは、ネット世界を俎上に、匿名性がある中で誹謗中傷が展開されることに憂慮され、言葉のみの交流のネットが人間関係を崩していくことを告発されます。それゆえ、現実の場つまり学校において、言葉が使われる場の設定をを提案され、さらにお互いを認め合うとのCさんのご意見に関わりつつ、「感心帳」を作成すると述べられました。友人を肯定的に見る姿勢を育むために、お互いに感心したことを書きあう運動です。
 これと同じような取組みとして、小学校志望のDさんは、「笑顔の花」ということを説明されました。うれしかったこと、感動したことを発表し、カードに花が増えていく…そうした自己肯定感をもたらす活動です。これは、Bさんの、○○ちゃんのいいところみつけ活動もそうでしょう。ここでEさんは、学級通信にご自身が提案された「感心帳」の内容ほか、DさんやBさんの提案された内容を掲載し、地域ぐるみで言葉の力を育成するのがよいと発言されました。
 Cさんは、ここで話題を転換し、和を乱す生徒を指して、「空気を読め」というが、これは誤りだとされます。Bさんも少し発言の順序が違いますが、この件に言及し、WKYというらしいですが、「わざと空気を読まない」立場がよいといわれます。Cさんも、Bさんも、そのいわれるところは、以心伝心をよしとする日本の「美風」への対決姿勢でもあるわけですが、ワタクシもこれには少なからず賛成しています。空気を読め、は、空気が人びとを支配するわけで、それはそうそう読めるものではないし、実体のないものだからです。Cさんがいわれるのは、的確に言葉を使って説明する義務を放棄するのが「空気を読め」となる所以であるとお考えなわけであり、言葉に出してはっきり自分のイイタイコトを伝えられる環境形成が重要であるとの視点の提出でした。この視点は、「知的基盤」の言葉の意味を考えることになります。
 BさんやCさんの発言と関連し、Gさんは、言葉にまだなりきれていない心の中にあるもの、つまり伝えたいことはあるけれども形式を伴っていない「言葉」について述べようと苦心されまして、他者の気持ちを受けとめるにはどうすればいいのかということについて問題提起されました。それは、とりわけ携帯メールのやりとりがうまくいかないことから人間関係が崩壊してしまうことに問題を感じられているからでした。Aさんがまとめられたように、コミュニケーションの基盤としての言語を実際に学校で育成する努力を放棄していることやメールに頼りきってコミュニケーションを特化するところに問題そのものがあるのではないかと指摘され、堂々と相手の顔をみて正しく気持ちを伝えるという、そもそもの人間同士のあるべき在り方を再考するべきだと強調されます。それこそAさんいわれるように、望ましい集団形成を育む特別活動領域の課題でしょうね。最後にFさんが、そもそもいまの児童生徒は、人と向き合う力が弱いと指摘され、それを強くするため発表活動を豊富に採用していくような学校のスタイルを作っていくべきとのご意見を述べられ、討論が終了しました。
 今回の集団討論の再現では、言葉を補足しながら、また、いささか参加者各自がいたかったことを少し訂正しながらつなぎ合わせ再構成しました。ちょっと反則気味ですけど、実際にしていただいた討論が、テーマをあまり意識しないものであったからです。討論終了後に、また、珈琲会でも述べましたけれども、テーマから逸脱すると評価が悪くなります。「個人にとっての国語が果たす役割は、『知的活動の基盤』『感性・情緒等の基盤』『コミュニケーション能力の基盤』として、生涯を通じて個人の自己形成にかかわる点にあると考えられます。こうした役割について考察を深め議論してください」の3つの観点の議論と「生涯を通じて個人の自己形成」と、どういうように議論されたのかの痕跡がほぼない討論になってしまっていました。これをテーマの難しさに帰していいかどうか。とりわけ、「知的活動の基盤」に関する議論がなかったのが不満です。是非次回は、テーマを常に意識した議論を作り上げてくださいね。
 あしたは水曜会、がんばりましょう〜
(6/10)

日々旁午・表紙へ 浩の教室・トップページへ