日々旁午

2009



日々旁午・表紙へ 浩の教室・トップページへ

当サイト勉強会で使用している問題集や参考書ほかを、大阪駅前第2ビル地下2階で、いつでも購入することができるようになりました。地下2階のレンタルボックス・キャビン(06-6344-0509:営業時間/平日11:00〜19:30/土日祝11:00〜18:00)というお店に陳列しています。下の写真、ロボットが目印です。問題集のほか、しょうもない小物も置いていますのでご覧ください。

現在、「シート式C」、「シート式D」、「平成20年夏実施大阪府過去問解答解説集(教職教養部分のみです)」、「平成19年夏実施大阪府過去問解答解説集(教職教養部分のみです)」、などを陳列しています。

レンタルボックス・キャビン店内に連絡掲示板が設置されています。連絡掲示板にご要望を記入いただければ対応しますので、必要な資料あるいは問題集について簡単にコメントくださいませ。コメントがあれば、おきたいと思っています。そのほかは、こちらのページ(日程の下に資料の一覧表があります)、および、こちらのページを、どうぞご覧ください。よろしくお願いします。

各種資料ほかをご購入いただいた方々、ありがとうございました。お礼申し上げます。

日々旁午・表紙へ 浩の教室・トップページへ

7月4日の土曜日、(JR大阪駅近辺、13時より)、キャンセルがありました。先着1名の募集です(先に参加協力費1000円の振込申し受けます)。右上のメールフォームより、みなさまからのご応募お待ちしています(すでに決定している場合もあります。その際はご容赦ください)。ドコモほか、携帯からのお申し込みはご遠慮ください。ブロックされて返信のメールが届かない可能性が高いからです。お申込者には、ご連絡差し上げます。確認のため、必ずご返信ください(再募集開始:6月10日17時11分⇒18時21分、お申込あり、募集終了いたしました)。

日々旁午・表紙へ 浩の教室・トップページへ

■遅ればせながら、集団討論の模様をお伝えします。テーマは、「望ましい人間関係の形成をどのようにしていくか議論してください」でした。このテーマに、20分間で6名の方が挑戦してくださいました。かなり勉強を積んでおられる方の参加があり、非常に勉強になりました。論理的な発言力、表現力を持ち、語るべき内容を持っていらっしゃる方がいらっしゃるということです。具体的には、教職教養の知識と実際の教育活動内容とが融合している発言ができるということでしょうか。どちらが欠けてもつらいものですが、とりわけ机上の勉強内容で、本に書いていることばかりを発言しても、評価は高くなりません。
(以下、次回更新)

(6/10)

日々旁午・表紙へ 浩の教室・トップページへ

7月8日の水曜日、(地下鉄淀屋橋駅近辺、13時より)、キャンセルがありました。先着1名の募集です(先に参加協力費1200円の振込申し受けます)。右上のメールフォームより、みなさまからのご応募お待ちしています(すでに決定している場合もあります。その際はご容赦ください)。ドコモほか、携帯からのお申し込みはご遠慮ください。ブロックされて返信のメールが届かない可能性が高いからです。お申込者には、ご連絡差し上げます。確認のため、必ずご返信ください(再募集開始:6月9日20時19分⇒10日01時35分、お申込あり、募集終了いたしました)。
(6/9)

日々旁午・表紙へ 浩の教室・トップページへ

■昨日、一昨日は、当サイト主宰勉強会に多数ご参加いただきまして、ありがとうございました。最近、タレている感じの学習状況にあるとワタクシは思っておりまして、それを土曜の珈琲会、日曜の勉強会で注意させていただきました。折角参加しているのですから、充実した時間にしましょう。また、集団面接や個人面接のコメントも、1行とか2行とか、気の抜けたような感じになっているようです。各参加者の意欲的な参加態度を今一度、鼓舞したいと思います。
 さて、土曜日は、集団面接2回と集団討論、個人面接を実施いたしました。日曜日は、集団面接の希望者が多く、これを3回と個人面接を2名の方に実施いたしました。新しくご参加いただいた方も土日ともにいらっしゃいました。なんだか土曜日の勉強会は、かなり気合が抜けていてがっかりされていたのではないかと心配と反省をしています。自分だけが受かればよい、というのではなく、全員で合格したいものです。
 さて、土曜日の集団面接では、勉強している方、していない方の差が如実にあらわれていました。やはり、自己紹介やPRくらいは、いま、ちゃんといえないようでは困りますね。勉強会に参加すれば何とかなる、というのはまちがいで、やはりここを勉強してきたことの「お披露目の場」と捉えて自己を表現してもらいたいものです。いま、30〜40秒くらいのPRで戸惑っているようではダメですよ。
 自己紹介を最初にしていただいた後、両日ともに多様な質問を参加者にいたしました。それらは、最近の気になるニュース、教員の資質とはなにか、それをどのように磨いてきましたかといった定番的な質問、主にあいさつ系でありましたが、場面指導的な質問、学力と生徒指導に関する質問等々でした。最後の「言い残したこと」も、何パターンも作成していただきたいものです。DVDだけでは…(笑 ヴァリエーション豊かに自分の幅を広げましょう。
 個人面接では、Nさんが特別支援教育の志望理由ほか、ワタクシからの特別支援教育における分離と統合の問題に応えるのに苦労していらっしゃいました。是非、ご自身の考え方をまとめてください。
 また、Nさんは、社会科授業法研究についての突っ込んだ質問に、何とか応じきっていらっしゃいましたが、角度を変えるとボロがでるかもしれません。ご自宅で反芻し、弱点補強してくださいね。
 新しくご参加いただいたNさんは、多様な経歴の持ち主で、受け応えにハキハキしたところがありました。なかなか個人面接に応募がない中、挑戦してくださってありがたく思っています。継続的にご参加されているみなさんも、是非、個人面接にチャレンジしてくださいね。さて、やはりNさんに関しては、傍聴者からのコメントにもあったと思われますけれども、教員間の方向性不一致のことをどう処理するかですね。あんまり書くといけませんから、このくらいにしておきます。
 さて、土曜日の集団討論は大変おもしろかったです。ワタクシも勉強になりました。「望ましい人間関係の形成をどのようにしていくか議論してください」がテーマでした。じつは、これ、広島でも勉強した内容なのです。さて、どのように議論は展開していったのか。その再現模様は、次回更新からにいたしますね。

(6/8)

日々旁午・表紙へ 浩の教室・トップページへ

7月1日の水曜日、(JR大阪駅近辺、13時より)、キャンセルがありました。先着1名の募集です(先に参加協力費1200円の振込申し受けます)。右上のメールフォームより、みなさまからのご応募お待ちしています(すでに決定している場合もあります。その際はご容赦ください)。ドコモほか、携帯からのお申し込みはご遠慮ください。ブロックされて返信のメールが届かない可能性が高いからです。お申込者には、ご連絡差し上げます。確認のため、必ずご返信ください(再募集開始:6月7日19時51分⇒8日20時59分、お申込あり、募集終了いたしました)。

日々旁午・表紙へ 浩の教室・トップページへ

■みんな、もうちょっとがんばらんとあかんなぁ。
(6/7)

日々旁午・表紙へ 浩の教室・トップページへ

7月3日の金曜日夜、(JR大阪駅近辺、18時より)、大阪府・市 1次マーク対策:教職教養予想問題解説講義にキャンセルがありました。先着1名の募集です(先に参加協力費4000円の振込申し受けます)。右上のメールフォームより、みなさまからのご応募お待ちしています(すでに決定している場合もあります。その際はご容赦ください)。ドコモほか、携帯からのお申し込みはご遠慮ください。ブロックされて返信のメールが届かない可能性が高いからです。お申込者には、ご連絡差し上げます。確認のため、必ずご返信ください(再募集開始:6月6日00時07分⇒19時28分、お申込あり、募集終了いたしました)。

日々旁午・表紙へ 浩の教室・トップページへ

■きょうとあす、当サイト主宰勉強会を開催いたします。ご参加のみなさま、よろしくお願いします。集団面接と集団討論、個人面接が内容となります。どれに参加しようか、いまから悩んでくださいね。テーマは水曜会でおこなったもののうち、どちらかにいたします。ナイショです。
 最近は、水曜会の方は毎週のように集団討論をしているのですけど、土日はしていないですね。参加者があれば是非みなさまの討論を聞いてみたいと思っています。よろしくお願いします。

(6/6)

日々旁午・表紙へ 浩の教室・トップページへ

■一日一日が、これほど大切なものなのか、と実感する。充実しているのかどうかわからないけれども、やること、やらねばならないことが山積状態で、とにかく仕事のある幸せである。
 みなさんも、もうすぐ試験であるし、大変でしょうけど、一緒にがんばりましょう。一応のゴールは7月20日あたりですね。でも、そこから模擬授業を中心とした勉強会を継続して開催してまいります。みなさんとともに、模擬授業のデータベースを作成してまいりましょう。
 大阪市が模擬授業をやめ、場面指導に代えたように、大阪府でも、場面指導的な模擬授業があるのではないかと推測しています。初年度は何もわからず、大変です。これだけコロコロ変わると、対策の立て様もないですね。まあ、もともと、教員採用試験は、対策があるものではありません。ある程度はあったとしても、所詮はある程度に過ぎません。王道をいくほかないです。
 みなさんから、エントリーシートが送られてきまして、日々チェックしています。返信して、また書き直して返信して、の繰り返しですが、悔いない文面に仕上げましょう。大阪府の場合、エントリーシートは、試験当日に持参ですから、まだまだ時間ありますね。しかし、大阪市は大変ですよ。当日ペーパーを渡されて、すぐに書かなければなりませんから。準備してないと、困ります。大阪市1次のエントリーシートの雛形は持ってますので、勉強会の後の珈琲会で請求してくださいね。

(6/5)

日々旁午・表紙へ 浩の教室・トップページへ

7月11日の土曜日、(JR大阪駅近辺、13時より)、キャンセルがありました。先着1名の募集です。右上のメールフォームより、みなさまからのご応募お待ちしています(すでに決定している場合もあります。その際はご容赦ください)。ドコモほか、携帯からのお申し込みはご遠慮ください。ブロックされて返信のメールが届かない可能性が高いからです。お申込者には、ご連絡差し上げます。確認のため、必ずご返信ください(再募集開始:5月31日23時21分⇒6月2日22時13分、お申込あり、募集終了しました)。

日々旁午・表紙へ 浩の教室・トップページへ

■望遠鏡を手にとるな。顕微鏡をみよ。
(6/3)

日々旁午・表紙へ 浩の教室・トップページへ

■ずいぶん、更新をサボってしまいました。だいぶん、原稿期日に追い詰められており、アワワです。世の中も、GMが破綻するし、エールフランス旅客機は落雷で墜落のようですし、大変です。京都教育大では…。
 この土日の勉強会に多数ご参加いただきありがとうございました。いやしかし、新型インフルエンザの関連で、行事がズレ込み、残念なことにご参加できない方もいらっしゃいました。当日に残念ながら参加できなかった方も、課題である1分間スピーチの原稿を仕上げてくださいね。
 ということで、この土日の勉強会の内容は、通常の実践と異なり、参加者全員が報告し、それを傍聴者で検討するスタイルの「1分間スピーチ大会」となりました。20数名のご参加だったのですけど、この人数を3グループに分け、入室⇒スピーチ⇒検討を3回繰り返したわけです。
 ワタクシだけがコメントするのではなく、みなさんからもそれぞれの報告者に対するご批判があり、「どういうところにポイントがあるか」が、浮かび上がってきたことと思います。ちょっと厳しいコメントもつきましたけれども、それを乗り越えることが要求されます。中でも、1分間と指定されているのに、この制限を大幅に超えているのは問題です。
 大阪の面接官は、時間と闘っています。そうした「気が気でない状況」にあって、「じゃあ、1分くらいで自己紹介してください」と指示して受験者が2分も3分もしゃべるとどうなるか。「お帰りください」となるものです。大阪の人間は、気が短いです。せっかちです。だから、「1分間ぐらいで」の「ぐらいで」がクセモノで、「ぐらい」が付くと55秒です。55秒でも長い。50秒ですね。
 ということですから、その制限までにまとめることが必要です。しかし、豊富な経験と知識を持つ勉強会参加者にあっては、たとえば講師経験を「これをいいたい、あれをいいたい」となって、削ることができません。その削りにくい文面に、思い切って鑿を入れなければなりません。
 その作業は、自分を信じ、自分でするべきことです。もちろん、多少のコメントはありましたが、まずは自分で1分の原稿にすることが求められるのです。
 その上で、次に内容です。受験生のPRする内容に、飛びぬけたものもあれば、箸にも棒にもかからないものもあります。飛びぬけたものは必要ありません。飛びぬけた報告もあるでしょうが、ワタクシたちにとっては、当落線上で、「当」の方に足を踏み込まなければなりませんので、そうしたギリギリのところで評価されることを、少なくとも期待できる文面、スピーチでなければならないわけです。
 今回、延べ50人くらいでしたけれども、最高点82点、最低点40点でした。ちょっと厳しい評価でした。しかし、付けられた点数に一喜一憂するのではなく、いつでもどこでも、「自己PRをやれ」といわれればやれるようにしておくのが重要なのです。
 こうした自己PRですが、内容的には志望動機を簡単にでも含めることが大阪対策としては重要です。また、1分間スピーチの原稿を3品ご用意ください。1本の矢は折れる、しかし、3本の矢は折れません。自分で自分の武器を装填してください。
 さてさて、ちょっと厳しいコメントをしたので、落ち込んでいるのではないかと心配もしています。いままだ、6月になったところです。十分取り返せます。制限時間、内容もさることながら、語り口を、姿勢や態度を改善する十分な時間があります。いつでも相談してください。
 勉強会のメンバーに、こうした厳しい1分間スピーチを課すのは、面接対策はいうまでもなく、エントリーシート対策でもあります。コチラのサイトをのみご覧の方で、すでに1次、2次のエントリーシートを1度でも書いている方はいらっしゃいますか。勉強会のメンバーは、すでに仕上がっている方もいらっしゃいます。ほとんどの方ができています。何度もワタクシがエントリーシートに目を通しています。早く手を着けて、最善をめざしましょう。「備えあれば憂いなし」です。あわてて書いたものに、いいものはありません。
 珈琲会はいささか脱線気味で、新しくご参加いただいた方の機嫌を損ねていないか心配です。もうちょっとアカデミックにまいりましょうよ。自分自身の反省でもあります。

(6/2)

日々旁午・表紙へ 浩の教室・トップページへ

6月7日の日曜日、(JR大阪駅近辺、13時より)、キャンセルがありました。先着1名の募集です。右上のメールフォームより、みなさまからのご応募お待ちしています(すでに決定している場合もあります。その際はご容赦ください)。ドコモほか、携帯からのお申し込みはご遠慮ください。ブロックされて返信のメールが届かない可能性が高いからです。お申込者には、ご連絡差し上げます。確認のため、必ずご返信ください(再募集開始:6月1日18時44分⇒6月2日00時11分、お申込あり、募集終了しました)。
(6/1)

日々旁午・表紙へ 浩の教室・トップページへ