日々旁午

2011



■6月25日の1次直前教職教養対策講座で使用する粗原稿ができあがりました。あとは、多少体裁を整えるのと、最終チェックをするくらいで仕上がります。20日までにはできるかな。月曜日に、「レンタルボックス・キャビン」に1冊のみ、陳列しようと思っています。
 昨年の今頃も、1冊だけ置いていました。購入してもらおうと思っていなかったので、けっこう高い値段をつけていました。次の日にお店に見に行くと売れてなくなっていました。今年は昨年の反省から、買われないように「法外な値段」をつけておくことにします。ワハハ〜
 毎年この問題集の作成には、持てる力のすべてを投入しています。自分でいうのもなんですが、リ・キ・サ・クです。シート式のA〜Fを勉強してみた方は、おわかりになっていただけるかもしれませんね。
 新作も、けっこうムツカシメに作りました。満点取られないようにしないといけないなと思ってまして、ワタクシとこの講座に参加するみなさまとの闘いとなります。ホッホッホ。
 では、お楽しみに!
(6/15)

日々旁午・表紙へ 浩の教室・トップページへ

■過ぎ去れば長い道のりも楽しい気分になる。そういうものでしょう。当サイト主宰勉強会は、第400回を迎えることができました。サイトを開始して10年、勉強会を主催して8年となります。この間、ほんとうにイロイロなことがありました。
 オフレコでしかいえないこともありますので、そのあたりは割愛しますが、ほんとうに多くの教員が、この勉強会から巣立ってまいりました。1年に50名づつの合格者であったとしても、400名となります。実際は、もっと多いはずです。みなさんがそれぞれの持ち場でがんばっていることを確信しています。また、勉強会にご参加されなくとも、サイトを情報源として、また、トレーナーとしてご活用いただき、合格した先生方もきっと多いことでしょう。それは、このページの左上のカウンターが、もうすぐ100万ヒットを迎えることが証明しています。
 当勉強会を主催した頃から、ワタクシには野望がありました。それは、「大阪府の教育を変える」ということです。こうした個人では無謀、夢想ともいえる野望ではありましたが、400人、500人と大阪府ほかの自治体に送り込むことによって、ちょっとは実現しているのではないかと自賛しています。無謀もやりつづければ現実になる、そう感じています。思えば、あの学生も、あのお母さんも、先生になりました。合格したみなさんの顔が浮かびます。
 教育を変えるには学校を変えなければなりません。学校を変えるには、良質の教員で学校を満たさなければなりません。この「良質」とは、どのような含意があるのでしょうか。おそれながら、ワタクシは、ワタクシの目からみていいと思える教員の資質を備えた若者を「良質」の教員の卵とみなしています。自分の目からみて、ずっと府や市の教育を引っ張っていってくれる若き教員を育てています。ワタクシの指導が正しい指導かどうか、その判断はワタクシではなく、府や市の教育委員会が下します。その意味では、ワタクシの指導する学生たちが合格するかどうかは、ワタクシと大阪府教育委員会ほかとの闘いということになります。いまのところかなりの合格者、つまり成果を出していると思われますので、まずまずといったところです。
 今後も、このサイトや勉強会から若い先生を輩出し、大阪府ほかの教育を在野の立場から変えていく努力をいたします。
(6/14)

日々旁午・表紙へ 浩の教室・トップページへ

■浩の教室主宰勉強会の第400回を記念して、みなさまから昨日アップしたような灰皿をいただきました。ありがとうございます(『400th ANNIVERSARY KOU Liberalarts 2011.6.12』)。
 順番が逆になりますけれども、その1週間前の勉強会の模様を少々振り返ることといたします。6月1、4、5日開催の勉強会にご参加いただいたみなさま、オツカレさまでした。この水曜日から、個人面接に挑戦される方がちらほらいらっしゃいました。時期が時期だけに、1次直前の対策として集団面接に手が挙がる場合が多いのですけれども、その中で、しっかり個人をみつめ直すためにも、「個人解剖」に挑戦されるのはよいことです。1次の、表面的なところしかわからない、また、作ってきたことをいえばなんとかなる集団面接とは違い、個人面接は、時間の限りドシドシつっこまれますし、応答にも深みが必要となります。
 これまで集団面接でそれなりに「合格点」を得ていた方々も、発言内容から根掘り葉掘りたずねられると、苦しい様子となりました。掘り下げ型の質問の「浴びせ」に耐えうるよう、今一度自分の教育的な思考をたたき上げなければなりません。いま、そのことに気付けるのは幸せなことです。
 集団面接は、今月から「正常化」いたしまして、3点式シートベルトの質問を中止しました。1次の集団面接が、なんと簡単になったことかと驚かれたことと思います。いちばんしんどいシーズン半ばを乗り越えました。今後は調整作業となります。みなさん、いい感じですよ。他の受験生よりおおよその方が抜きん出ています。是非、本番で、グループを引っ張る役割を担ってください。
(6/13)

日々旁午・表紙へ 浩の教室・トップページへ

■ありがとう!(詳しくは、WEBで!)

ラクダなどは、別ページに表示することにいたします。
「浩の教室」は、みなさまに愛され(?)、第400回を迎えることができました。みなさま、ありがとう!
(6/12)

日々旁午・表紙へ 浩の教室・トップページへ