日々旁午

2011



■最近、イロイロものを買って、ストレスを解消し過ぎではないかと反省中の浩です、深夜にこんばんは。物欲湮滅指令発動!
 折りたたみカサとか、サイフとか、ネクタイとか、煙管とか、銀製の小箱とか、筆箱とか、うわ〜、多すぎるやん!ネットはすぐに買えるからいけません。「アマゾン、ヤフオク、恨みます」。ワタクシは、コレクターなんですよね、蒐集家。なにかひとつのカテゴリーのモノを集めると、目が肥えてきて、いわゆる「見る目」が養われると思っています。いや〜、いいわけなんですけど、ね。
 もう、あすは、というよりきょうは、水曜で、地下鉄淀屋橋近辺にて水曜会と名付けた勉強会を開催いたします。こちらをみているあなた!あす、まだ1座席あります。是非、メールください!
 あ、月曜日、「健全な精神は、健全な肉体に宿る」といったのは誰かと学生に質問し、「ロックだよ」と答えたのです。そう思い込んでいました。で、あとで、ユウェナリスだよと指摘されてしまいました。まあ、このへんとか読んでみました。それで、も少し関連ウェブページががないかと、こちらも読んでみました。それで、結論はどちらでもまあいいか、と思ったわけですけど、読んだ副産物として、「パンとサーカス」がユウェナリスのことばだったとはじめて知りました。よく使うたとえなのに、知らないことが多いなと反省した深夜です。
 本日は、「合格した参加者の声」を更新いたしました。先輩の経験談をお読みくださいね。
(6/8)

日々旁午・表紙へ 浩の教室・トップページへ

■もう、イロイロなことがあり過ぎて、更新を怠っている浩です、深夜に更新ですわ。
 やらなあかんことがこんだけあると、もう、堪忍しての気分です。でも、まあ、みんなも忙しさでは一緒だろうから、愚痴はちょっとだけにしときますね。
 さて、先週の土日の話で恐縮ですが、「1分間スピーチ大会」を実施しました。こちらは、参加者を3グループに分け、それぞれのトップと次点を決定し、その日の優勝者を最終的に選出するという試みです。
 土曜日には、M先生、S先生、T先生、I先生の4名の先生方が評価者として後輩たちを見守ってくださいました。お忙しいのにとってもありがたいことです。土曜日には、厳燭会(「現職」をもじった会合で、当サイト主宰勉強会卒業生にして現職の先生方の集まりです)も実施し、10名の先生方にご参集いただきました。厚くお礼申し上げます。なお、その1週間前の勉強会には、28日の厳燭会に参加できないからと、S先生がお見えになってくださいました。ありがたいことです。こうして、当サイト主宰勉強会は、卒業生に温かく見守られながら、さらに「伝統」を作っていこうと努力しています。今年の受験生も、是非、つづいてくださいね。
 土曜日のグランドチャンピオンは、Kさんでした、おめでとう。2位には、安定した実力を発揮したOさん、3番手は、成長著しいIさんが入選。土曜日のメンバーでは、この3人が光っていました。評価には、ほとんどワタクシの見解よりも先生方のご意見を取り入れました。そのほうが、「岡目八目」でなくなるからです。土曜日にご参加いただいた勉強会参加者、そして先生方、わざわざ雨の中淀屋橋までご足労いただき、本当にありがとうございました。
 かわって日曜日には、S先生とT先生にご参加いただきました。厳しくも温かいコメント、ありがとうございます。日曜日のチャンピオンは、さわやか〜のIさんでした。先生方からもイチオシで、ワタクシの意見なく決定という選評です。2番手には、前日3位のIさんが入選。安定した力がついてきたことが証明されることとなりました。3位には、Hさん。Hさんはとにかく向上心の強い受験生であり、かつ、周囲への配慮も忘れない方ですね。日曜日の珈琲会(勉強会終了後の茶話)には、先生方が残ってくださり、ほんとにいろんなことを受験生にお教えくださいました。受験生に代わり厚くお礼申し上げます。なんといいますか、先生方を育てたというと傲慢かもしれませんが、先生方の受験生時代に指導したワタクシの「恩」に報いてくださっているのかもしれません。ありがたく思っています。将来の同僚を育てようとのご意思、うれしく思っています。今後もお力お貸しください。
 なお、ちょっぴり叱られたモンシロは、反省ですな。それから、Mさん、もっと前向きにならないとね。苦しい場面を切り抜ける力を養ってください。「逃亡」の反省をわざわざいいにきたKさん、アハハのハ。それから、在野にもすごいのがいるなあと思わせたKさん、勉強会のお申し込み忘れたらいけないよ〜。
 さてさて、では、「1分間スピーチ」を都合3回やったわけですけど、今期の1番はだれでしょうか。これは、すべての受験生をみているのはワタクシだけですので、お名前を挙げさせていただきますと、Iさんとさせていただきます。どちらのIさんなのかは、ご想像にお任せします。

 こうした試みを通して、いちばん培っていただきたい力は何か。それは、「安定」です。10人のコンペがあって、1位にはなれないが、何度やっても3、4番くらいまでにはいつもはいっている人がいますね。これを目指すのです。こういう位置についていれば、たとえどんな面接官がやってきていも、評価がブレません。「好き嫌い」がはっきりわかれるのは、いいようで悪いです。今回もそうしたタイプで捉えられている方がいました。1位にもベベにも名前が挙がる方です。こうしたケースは確かにありますが、不安定といわざるを得ません。
 さて、今週も終了し、また、勉強会の報告も書かなければなりません。時間のほしい浩でした。失礼します。
(6/6)

日々旁午・表紙へ 浩の教室・トップページへ