日々旁午




本日の関西圏教採受験、健闘を祈っています。あせらず、しっかり、はきはきと口にテープを貼るのはいかがなものかやせ薬被害拡大、女性の痩身願望はそれほど強いといえる高額現金を発見するとは運がいいのか悪いのかちょっと遅いけど正式に謝罪をする態度は評価できる・長野県警高知市役所、びっくりしたでしょうねぇもう言葉もない・愛媛大学佐藤2連勝で盛り返す・棋聖戦論作文道場・投稿状況のおしらせ・さっちさんの投稿と投稿へのコメントをアップしました。ワタクシの一面的な見方だけでなく、様々な角度からご意見が提示されることを望んでいます。「うしろのこくばん」におきまして、みなさまのからのコメントをお待ちしています(7/20)

日々旁午・表紙へ 浩の教室・トップページへ

 「タバコとあなた」CD、無料配布涼しい気分になります5増5減、朝三暮四おいおい、王様ゲームをするために東京商業講習所をつくったのではない。森有礼の「大日本教育会における演説」でも読みたまえNTTに対抗する大型通信企業誕生の見込みえぇ、アムロ離婚したのかビンラーディンがすでに死んでいるとのまことしやかな発言・FBIミスドの肉まんはちょっと食えないな頭の上からの落下物にはよっぽどでないと気がつかないよ・その女性だいじょうぶかな読売の背中が遠いテレサ・テンの別荘でも買うかな深い悩みに包まれていたのであろう・京子たしかに最近よく二千円札を手にするシンナー吸って、イヌを刺すな、ゆ・る・せ・ん論作文道場・投稿状況のおしらせ・さっちさんの投稿と投稿へのコメントをアップしました。ワタクシの一面的な見方だけでなく、様々な角度からご意見が提示されることを望んでいます。「うしろのこくばん」におきまして、みなさまのからのコメントをお待ちしています(7/19)

日々旁午・表紙へ 浩の教室・トップページへ

 トリンプの社員の禁煙に協力する報奨金っておもしろいほほう、味がある遺体も裁判沙汰になる・テッドODA見直し機関、文部科学省内に設置ダスキン(ミスド)過少申告か、なるほどドーナツは真ん中に穴がある冲永嘉計も脱税、どうやら腐敗腐臭の帝京グループ、これでは通う学生がかわいそうPC水冷化は実用に耐えうるか。もれないことを願う猿まねは困りますということですね須磨海岸でサメを見る鰻・うなぎ・ウナギタケ、がんばれ論作文道場・投稿状況のおしらせ・さっちさんの投稿、みやさんの投稿へのコメントをアップしました。ワタクシの一面的な見方だけでなく、様々な角度からご意見が提示されることを望んでいます。「うしろのこくばん」におきまして、みなさまのからのコメントをお待ちしています。本日はLAN環境構築に手間取った一日でした。シグマリオンUをADSLにつなぐべく、あれやこれややっていたのですが、「オートダイヤル」のチェックをはずすとアララ、一発で問題解決です。これでベッドサイドでも悠々ネットできます(7/18)

日々旁午・表紙へ 浩の教室・トップページへ

 祇園祭も終盤です、ヨイヨイ天気村へ連れていきましょう教育基本法は憲法の枠内で見直すということだが、それは教育改革国民会議の見解とちがうね。政府の方針がよくわからない。現実と「そぐわない点」ってどういうところなのであろう平手打ちはいかんのかな。いかんのだろうな。うんうん。深夜騒ぐなよ全勝消える・名古屋場所京都の竜巻大丈夫でしょうかデヴィ夫人、稼ぎまくりだねぇ115円はやばいらしい論作文道場・投稿状況のおしらせ・みやさんの投稿、および、niniさん、りんりんさん、じゃいぽんさんの投稿へのコメントをアップしました。ワタクシの一面的な見方だけでなく、様々な角度からご意見が提示されることを望んでいます。「うしろのこくばん」におきまして、みなさまのからのコメントをお待ちしています。(7/17)

日々旁午・表紙へ 浩の教室・トップページへ

 ようやくつながったバズ学習の世界です台風7号、列島縦断だそうで、警戒ですなんとなく失職再出馬・田中氏、えぇ、市川周が立つのか、だめだこりゃ宮路和明氏、辞任やむなし読売の3番は800万の乗用者にのっているのか人間至るところで鎖に縛られているとはルソーの有名な言だが、まさか本当に縛るやつがいるとは思わなかった三井物産、でるわでるわ第3のブレーキランプとは不況なのにマンションは売れているのね。10億ションも発売されているそうだしYour Password!論作文道場・投稿状況のおしらせ・みやさんの投稿、および、niniさん、りんりんさん、じゃいぽんさんの投稿へのコメントをアップしました。ワタクシの一面的な見方だけでなく、様々な角度からご意見が提示されることを望んでいます。「うしろのこくばん」におきまして、みなさまのからのコメントをお待ちしています。ワタクシごとですが、ただいま前期試験の答案用紙を700枚ほど抱えてふらふらです。月末には300枚追加の予定で、突貫工事せねばなりません。ははは(7/16)

日々旁午・表紙へ 浩の教室・トップページへ

 関東地方教採1次試験受験生のみなさん、手応えはどうだったでしょうか大手検索エンジンに掲載されているのかどうかわからないのですが、教採受験生にとって有益なえてさんのHPをリンクします。浩の「おすすめページ」でも紹介しています2打席連続ホームラン・イチロー絶対評価採用は7割、先行きあやし。しかし、この結果を見ても、文部科学省って、力ないのね。中央省庁の意向がこれだけ伝達しないのは文部科学省だけちゃうか産業寄与度か、資本主義の進歩に結びつくものほど評価が高いのか。文系の学問の価値は低落するわけね。大原三千院御難この時期に台風7号列島縦断とは、教採受験生の試験地移動に支障はないだろうか心配ですロケット墜落とともに日本の技術力も墜落と思われる島田建設とムネオの関係が浮上。叶と窪塚の関係も浮上。どちらもミスマッチサヨナラトルシエアリガトウ論作文道場・投稿状況のおしらせ・みやさんの投稿、および、niniさん、りんりんさん、じゃいぽんさんの投稿へのコメントをアップしました。ワタクシの一面的な見方だけでなく、様々な角度からご意見が提示されることを望んでいます。「うしろのこくばん」におきまして、みなさまのからのコメントをお待ちしています。ワタクシごとですが、ただいま前期試験の答案用紙を700枚ほど抱えてふらふらです。月末には300枚追加の予定で、突貫工事せねばなりません。ははは(7/15)

日々旁午・表紙へ 浩の教室・トップページへ

 関東地方教採1次試験受験生、健闘を祈りますなごみです悪知恵を持つ小沢さんとはうまいことをいう。夕方5時ごろの太陽といった人もいるけどまゆげは剃るといけないらしい・中学柔道水の事故が増えてきています。注意高速道の事故にも注意学校の株式会社化か、これが現実になるのかしつけは難しい合格したら神戸ファッション美術館へロボットを見にいこう谷川9段1000勝論作文道場・投稿状況のおしらせ・じゃいぽんさん、みやさんの投稿、および、niniさん、りんりんさんの投稿へのコメントをアップしました。ワタクシの一面的な見方だけでなく、様々な角度からご意見が提示されることを望んでいます。「うしろのこくばん」におきまして、みなさまのからのコメントをお待ちしています。ワタクシごとですが、ただいま前期試験の答案用紙を700枚ほど抱えてふらふらです。月末には300枚追加の予定で、突貫工事せねばなりません。ははは(7/14)

日々旁午・表紙へ 浩の教室・トップページへ

 関東地方教採1次試験受験生、健闘を祈ります丸刈り廃止とはこのようなプロセスを踏むワンコインタクシー、なにわの街を疾走アングロサクソンの見方、「小泉首相への希望はもう捨て去る時」死のダイエット薬酒はよろずの事件、事故のもと、警察の違反もみけしあり、飲酒運転の検問突破あり、客のおびえるバスありボンネットをたたかれて腹が立つのはわかる。たたく老人もなんともいえないところだが、若いもんもやりすぎ。今後このような事件が多くなるであろう。これも高齢化社会の問題あとを引く チケット問題 正念場。台風過ぎ去りしときに詠める・詠みびとしらずトルシエの面接はやりたくないなあお引越し・FM大阪連続児童殺傷事件犯拘束延長スクラッチー見参883万3250円論作文道場・投稿状況のおしらせ・じゃいぽんさん、みやさんの投稿、および、niniさん、りんりんさんの投稿へのコメントをアップしました。ワタクシの一面的な見方だけでなく、様々な角度からご意見が提示されることを望んでいます。「うしろのこくばん」におきまして、みなさまのからのコメントをお待ちしています代々木ゼミナール横浜の講師のようにワタクシも学生に対し厳しく叱責することはある。しかしさすがに殴ったことはない。それから、彼のように元暴走族の講師でもない。「正常に」単車を楽しんでいる。集団共同危険行為なんぞ、いささかもしない。嫁さんと2人つるんで走るのが危険な行為というならば、そのありがたい御意見を深く検討したいこの際白状しよう。車だと遠乗りすれば密室ゆえに会話が必要となる。車内の会話を必要とするのは好青年諸君である。静まり返る必要はないが、講義をする必要のない個人的旅行において、少しは「言葉のない空間」を享受したい。会話に代えて狭い空間に音楽を充満させるのは一方法である。だが個人の嗜好はさまざまである。ワタクシは環境音楽を好む。古いカーオーディオを奮い立たせて、ウインダムヒルレーベルなど、おちおち伴奏させるわけにはいかない。眠りを誘う音楽CDを車内に持ち込むのはご法度であるだが単車だと個々独立している。その点、好都合なのである。無論オーディオも付属しない。単車で風を切っていても眠ってしまう御仁がいるそうだが、ワタクシはまだそうした仙人の境には辿りついていない。辿りつけば会話もできない涅槃の人となってしまう会話の代わりにすべてが目配せで済む。なにも息の合っているのを自慢するのではない。それが単車のコンタクトの仕方であることを諸君に報告するまでである。車に比べ、逆にサービスエリアごとの休息が、新鮮な会話ではずむのである。ぺらぺらしゃべることを本分とする職業は、サービスエリア間の金なる沈黙を渇望するわけである。付き合ってすぐのころは迷わず車を選択したであろう。そのような過去はもうマフラーから排出されている。これは嫁さんにはないしょだぞ、諸君それはそれとして、授業中寝るものや、私語するものには、この講師と同様、腹が立つ。時折はむちゃくちゃ叱りつける。ましてや教室でタバコを吸われた日には辞職覚悟の殴り合いである。朝日新聞の一面に、「ワタクシは、これで、学校をやめました」と小指を立てていう昔懐かしい写真付きキャッチコピーが確認されれば、当HPの閉鎖を予想して宜しい。しかしですな、怒る気力もなくなるときがある。フラフラに、のされるときがあった。それは「携帯電話の着メロ」でも「枝毛とり」でもない。そんなのは可愛い。着メロも、曲名をたずね、若者の聞く音楽とはそういう種類のものなのかと伝授されたと思えば、立てたものを横にすることができよう。なにも好んで二股になりたがっているわけではないのであるから、枝毛の手入れもくるしゅうないむかし付き合っていた彼女の心理的反応を計るバロメーターが「枝毛とり」であった。長い髪に手をやる。最初のうちはそのしぐさが女らしいと勘違いしていた。会話の最中に「これみて」と枝毛の髪を目の前にぶら下げられて、なるほどと合点した。枝毛は若かりしワタクシの恋の将来を占った水晶玉である。枝毛に負ける会話内容などに存在意義はない。これを現在に翻訳すれば、枝毛の手入れをされる授業などに価値はない。講義内容充実に命をかけなければならないと自戒する昨今であるつまんなそうなときに、きまって髪に手をやる法則を確認するのが、女性心理学研究の初歩である。今ではそうした過去の腹いせに、鼻毛を抜きながら居間で会話をしている。長崎の仇を居間でうつのである。今日のような夏場なら、指についたその鼻毛を扇風機で飛ばしてみようと試みるが、しっかりと着地して主人から離れがたそうである。野に咲く可憐なタンポポとの違いはここら辺にある。植物学の基礎である。今度、単車の鼻先につけてみよう。飛んでいくかもしれない。バックミラーに流れ行くその姿を見たいものである。これは嫁さんにはないしょだぞ、諸君こういうことがあった。収容人数300人ほどの大教室の真ん中より少し後ろぐらいで、携帯メールを打つのでもなく、枝毛探求にいそしむのでもなく、おもむろに観音開きの鏡を飾る。15a角ほどの鏡である。裏面にはキティちゃんがあしらわれている。おヒゲもいい按配のキャラクターである。ただ、遠目からは表情からしてスマシテいるのか笑っているのか判断しがたい顔である。キティちゃんもそうなら、その持ち主の女学生もそんな表情である。ピンク色に白いのが遠巻きからでも映える鏡じゃなくて参考文献を観音開きしてほしいと心中穏やかでなかったが、まぁ、コンタクトレンズのズレを直す場合もあるのだから、むげに注意はできない。頬をぷっくりさせるなど、いやな顔をされても気まずい。しかし、だ。この「日々旁午」を読んでいる好青年がその名称も関知しない器具を取り出して、顔に手を加えるのを見たときには唖然とした。ヘロヘロという修飾語を使うシーンは、まさにこの場に如くはない。電車がわけなく止まると乗客がイライラするのと同様に、講義は中断、ぺらぺらしゃべっていたのが止まったのだから、前を陣取る学生が怪訝な顔をする。学生は車中アナウンスを待っているといえる。こっちはサービスエリアから出発した瞬間かと過去を回想せざるを得ない。学生たちはワタクシが視線を注ぐ方向にワタクシと同じく釘づけになるビューラー。なんという美しい響き。はじめて聞いた好青年諸君なら、トヨタの新車の名称かと調べ学習をするに違いない。「オレのビューラーに乗らないか」、22世紀の殺し文句であろう。往昔もクレオパトラが使用していたのではなかろうか。胸中如何。貸してみろ、ワタクシにもその使用感をレポートし、素晴らしさを主張する権利がある。なぜなら好奇心が授業を実り豊かにするものだからである。知らない好青年にとっては、はじめて遭遇する課題に立ち向かう絶好のチャンスではないか。以下は蛇足に過ぎないが・・・「おかしいな、入らないな」。鼻毛にあてるのではない、睫毛にあてるのである。これは嫁さんにはないしょだぞ、諸君[不定期読物シリーズ](7/13)

日々旁午・表紙へ  浩の教室・トップページへ

 台風6号は本州では峠をこしましたが、北海道のみなさん警戒して下さい。また新たに8号が発生だそうです新しい朝がきた、さあ早く起きよう発砲事件多し・八王子、美原住基ネットはあやしすぎる宮路和明氏と冲永総長とが先輩後輩関係にあったとして、それが大学入学不正につながっていたとすれば、政治も大学も信頼は地に落ちる政治の仕事は「口利き」、で、あるか。是非に及ばず不条理といえば不条理だし、チャンスがあるといえば、チャンスがある。決して閉ざされているわけではなかろう59円か脱税国税局長に実刑・本末転倒ゾウの鼻は長いのか・大きな誕生日プレゼント、象牙密輸もあとをたたない引き分けMLBオールスターマツダ元社長逝く論作文道場・投稿状況のおしらせ・じゃいぽんさん、みやさんの投稿、および、niniさん、りんりんさんの投稿へのコメントをアップしました。ワタクシの一面的な見方だけでなく、様々な角度からご意見が提示されることを望んでいます。「うしろのこくばん」におきまして、みなさまのからのコメントをお待ちしています代々木ゼミナール横浜の講師のようにワタクシも学生に対し厳しく叱責することはある。しかしさすがに殴ったことはない。それから、彼のように元暴走族の講師でもない。「正常に」単車を楽しんでいる。集団共同危険行為なんぞ、いささかもしない。嫁さんと2人つるんで走るのが危険な行為というならば、そのありがたい御意見を深く検討したいこの際白状しよう。車だと遠乗りすれば密室ゆえに会話が必要となる。車内の会話を必要とするのは好青年諸君である。静まり返る必要はないが、講義をする必要のない個人的旅行において、少しは「言葉のない空間」を享受したい。会話に代えて狭い空間に音楽を充満させるのは一方法である。だが個人の嗜好はさまざまである。ワタクシは環境音楽を好む。古いカーオーディオを奮い立たせて、ウインダムヒルレーベルなど、おちおち伴奏させるわけにはいかない。眠りを誘う音楽CDを車内に持ち込むのはご法度であるだが単車だと個々独立している。その点、好都合なのである。無論オーディオも付属しない。単車で風を切っていても眠ってしまう御仁がいるそうだが、ワタクシはまだそうした仙人の境には辿りついていない。辿りつけば会話もできない涅槃の人となってしまう会話の代わりにすべてが目配せで済む。なにも息の合っているのを自慢するのではない。それが単車のコンタクトの仕方であることを諸君に報告するまでである。車に比べ、逆にサービスエリアごとの休息が、新鮮な会話ではずむのである。ぺらぺらしゃべることを本分とする職業は、サービスエリア間の金なる沈黙を渇望するわけである。付き合ってすぐのころは迷わず車を選択したであろう。そのような過去はもうマフラーから排出されている。これは嫁さんにはないしょだぞ、諸君それはそれとして、授業中寝るものや、私語するものには、この講師と同様、腹が立つ。時折はむちゃくちゃ叱りつける。ましてや教室でタバコを吸われた日には辞職覚悟の殴り合いである。朝日新聞の一面に、「ワタクシは、これで、学校をやめました」と小指を立てていう昔懐かしい写真付きキャッチコピーが確認されれば、当HPの閉鎖を予想して宜しい。しかしですな、怒る気力もなくなるときがある。フラフラに、のされるときがあった。それは「携帯電話の着メロ」でも「枝毛とり」でもない。そんなのは可愛い。着メロも、曲名をたずね、若者の聞く音楽とはそういう種類のものなのかと伝授されたと思えば、立てたものを横にすることができよう。なにも好んで二股になりたがっているわけではないのであるから、枝毛の手入れもくるしゅうないむかし付き合っていた彼女の心理的反応を計るバロメーターが「枝毛とり」であった。長い髪に手をやる。最初のうちはそのしぐさが女らしいと勘違いしていた。会話の最中に「これみて」と枝毛の髪を目の前にぶら下げられて、なるほどと合点した。枝毛は若かりしワタクシの恋の将来を占った水晶玉である。枝毛に負ける会話内容などに存在意義はない。これを現在に翻訳すれば、枝毛の手入れをされる授業などに価値はない。講義内容充実に命をかけなければならないと自戒する昨今であるつまんなそうなときに、きまって髪に手をやる法則を確認するのが、女性心理学研究の初歩である。今ではそうした過去の腹いせに、鼻毛を抜きながら居間で会話をしている。長崎の仇を居間でうつのである。今日のような夏場なら、指についたその鼻毛を扇風機で飛ばしてみようと試みるが、しっかりと着地して主人から離れがたそうである。野に咲く可憐なタンポポとの違いはここら辺にある。植物学の基礎である。今度、単車の鼻先につけてみよう。飛んでいくかもしれない。バックミラーに流れ行くその姿を見たいものである。これは嫁さんにはないしょだぞ、諸君こういうことがあった。収容人数300人ほどの大教室の真ん中より少し後ろぐらいで、携帯メールを打つのでもなく、枝毛探求にいそしむのでもなく、おもむろに観音開きの鏡を飾る。15a角ほどの鏡である。裏面にはキティちゃんがあしらわれている。おヒゲもいい按配のキャラクターである。ただ、遠目からは表情からしてスマシテいるのか笑っているのか判断しがたい顔である。キティちゃんもそうなら、その持ち主の女学生もそんな表情である。ピンク色に白いのが遠巻きからでも映える鏡じゃなくて参考文献を観音開きしてほしいと心中穏やかでなかったが、まぁ、コンタクトレンズのズレを直す場合もあるのだから、むげに注意はできない。頬をぷっくりさせるなど、いやな顔をされても気まずい。しかし、だ。この「日々旁午」を読んでいる好青年がその名称も関知しない器具を取り出して、顔に手を加えるのを見たときには唖然とした。ヘロヘロという修飾語を使うシーンは、まさにこの場に如くはない。電車がわけなく止まると乗客がイライラするのと同様に、講義は中断、ぺらぺらしゃべっていたのが止まったのだから、前を陣取る学生が怪訝な顔をする。学生は車中アナウンスを待っているといえる。こっちはサービスエリアから出発した瞬間かと過去を回想せざるを得ない。学生たちはワタクシが視線を注ぐ方向にワタクシと同じく釘づけになるビューラー。なんという美しい響き。はじめて聞いた好青年諸君なら、トヨタの新車の名称かと調べ学習をするに違いない。「オレのビューラーに乗らないか」、22世紀の殺し文句であろう。往昔もクレオパトラが使用していたのではなかろうか。胸中如何。貸してみろ、ワタクシにもその使用感をレポートし、素晴らしさを主張する権利がある。なぜなら好奇心が授業を実り豊かにするものだからである。知らない好青年にとっては、はじめて遭遇する課題に立ち向かう絶好のチャンスではないか。以下は蛇足に過ぎないが・・・「おかしいな、入らないな」。鼻毛にあてるのではない、睫毛にあてるのである。これは嫁さんにはないしょだぞ、諸君[不定期読物シリーズ](7/12)

日々旁午・表紙へ 浩の教室・トップページへ

 代々木ゼミナール横浜の講師のようにワタクシも学生に対し厳しく叱責することはある。しかしさすがに殴ったことはない。それから、彼のように元暴走族の講師でもない。「正常に」単車を楽しんでいる。集団共同危険行為なんぞ、いささかもしない。嫁さんと2人つるんで走るのが危険な行為というならば、そのありがたい御意見を深く検討したいこの際白状しよう。車だと遠乗りすれば密室ゆえに会話が必要となる。車内の会話を必要とするのは好青年諸君である。静まり返る必要はないが、講義をする必要のない個人的旅行において、少しは「言葉のない空間」を享受したい。会話に代えて狭い空間に音楽を充満させるのは一方法である。だが個人の嗜好はさまざまである。ワタクシは環境音楽を好む。古いカーオーディオを奮い立たせて、ウインダムヒルレーベルなど、おちおち伴奏させるわけにはいかない。眠りを誘う音楽CDを車内に持ち込むのはご法度であるだが単車だと個々独立している。その点、好都合なのである。無論オーディオも付属しない。単車で風を切っていても眠ってしまう御仁がいるそうだが、ワタクシはまだそうした仙人の境には辿りついていない。辿りつけば会話もできない涅槃の人となってしまう会話の代わりにすべてが目配せで済む。なにも息の合っているのを自慢するのではない。それが単車のコンタクトの仕方であることを諸君に報告するまでである。車に比べ、逆にサービスエリアごとの休息が、新鮮な会話ではずむのである。ぺらぺらしゃべることを本分とする職業は、サービスエリア間の金なる沈黙を渇望するわけである。付き合ってすぐのころは迷わず車を選択したであろう。そのような過去はもうマフラーから排出されている。これは嫁さんにはないしょだぞ、諸君それはそれとして、授業中寝るものや、私語するものには、この講師と同様、腹が立つ。時折はむちゃくちゃ叱りつける。ましてや教室でタバコを吸われた日には辞職覚悟の殴り合いである。朝日新聞の一面に、「ワタクシは、これで、学校をやめました」と小指を立てていう昔懐かしい写真付きキャッチコピーが確認されれば、当HPの閉鎖を予想して宜しい。しかしですな、怒る気力もなくなるときがある。フラフラに、のされるときがあった。それは「携帯電話の着メロ」でも「枝毛とり」でもない。そんなのは可愛い。着メロも、曲名をたずね、若者の聞く音楽とはそういう種類のものなのかと伝授されたと思えば、立てたものを横にすることができよう。なにも好んで二股になりたがっているわけではないのであるから、枝毛の手入れもくるしゅうないむかし付き合っていた彼女の心理的反応を計るバロメーターが「枝毛とり」であった。長い髪に手をやる。最初のうちはそのしぐさが女らしいと勘違いしていた。会話の最中に「これみて」と枝毛の髪を目の前にぶら下げられて、なるほどと合点した。枝毛は若かりしワタクシの恋の将来を占った水晶玉である。枝毛に負ける会話内容などに存在意義はない。これを現在に翻訳すれば、枝毛の手入れをされる授業などに価値はない。講義内容充実に命をかけなければならないと自戒する昨今であるつまんなそうなときに、きまって髪に手をやる法則を確認するのが、女性心理学研究の初歩である。今ではそうした過去の腹いせに、鼻毛を抜きながら居間で会話をしている。長崎の仇を居間でうつのである。今日のような夏場なら、指についたその鼻毛を扇風機で飛ばしてみようと試みるが、しっかりと着地して主人から離れがたそうである。野に咲く可憐なタンポポとの違いはここら辺にある。植物学の基礎である。今度、単車の鼻先につけてみよう。飛んでいくかもしれない。バックミラーに流れ行くその姿を見たいものである。これは嫁さんにはないしょだぞ、諸君こういうことがあった。収容人数300人ほどの大教室の真ん中より少し後ろぐらいで、携帯メールを打つのでもなく、枝毛探求にいそしむのでもなく、おもむろに観音開きの鏡を飾る。15a角ほどの鏡である。裏面にはキティちゃんがあしらわれている。おヒゲもいい按配のキャラクターである。ただ、遠目からは表情からしてスマシテいるのか笑っているのか判断しがたい顔である。キティちゃんもそうなら、その持ち主の女学生もそんな表情である。ピンク色に白いのが遠巻きからでも映える鏡じゃなくて参考文献を観音開きしてほしいと心中穏やかでなかったが、まぁ、コンタクトレンズのズレを直す場合もあるのだから、むげに注意はできない。頬をぷっくりさせるなど、いやな顔をされても気まずい。しかし、だ。この「日々旁午」を読んでいる好青年がその名称も関知しない器具を取り出して、顔に手を加えるのを見たときには唖然とした。ヘロヘロという修飾語を使うシーンは、まさにこの場に如くはない。電車がわけなく止まると乗客がイライラするのと同様に、講義は中断、ぺらぺらしゃべっていたのが止まったのだから、前を陣取る学生が怪訝な顔をする。学生は車中アナウンスを待っているといえる。こっちはサービスエリアから出発した瞬間かと過去を回想せざるを得ない。学生たちはワタクシが視線を注ぐ方向にワタクシと同じく釘づけになるビューラー。なんという美しい響き。はじめて聞いた好青年諸君なら、トヨタの新車の名称かと調べ学習をするに違いない。「オレのビューラーに乗らないか」、22世紀の殺し文句であろう。往昔もクレオパトラが使用していたのではなかろうか。胸中如何。貸してみろ、ワタクシにもその使用感をレポートし、素晴らしさを主張する権利がある。なぜなら好奇心が授業を実り豊かにするものだからである。知らない好青年にとっては、はじめて遭遇する課題に立ち向かう絶好のチャンスではないか。以下は蛇足に過ぎないが・・・「おかしいな、入らないな」。鼻毛にあてるのではない、睫毛にあてるのである。これは嫁さんにはないしょだぞ、諸君[不定期読物シリーズ]台風6号、警戒です本日は、ここを開いて勉強しましょう中部地方の方々大丈夫でしょうか論作文道場・投稿状況のおしらせ・りんりんさんの投稿をアップしました。ワタクシの一面的な見方だけでなく、様々な角度からご意見が提示されることを望んでいますHP開設9ヶ月目のご挨拶・去年の秋に出発して以来、みなさまに支えられ、無事、開設9ヶ月目を迎えることができました。この9ヶ月間は、すなわちみなさまが教採へむけ、余念なく準備されていた期間でした。このHPが、みなさまの学習に対し、なにがしかの刺激あるいは支援になっているとすれば、これほどうれしいことはありません。すでに、北海道をかわきりに、今年度の教員採用1次試験が順次はじまっています。今までに培われた力を余すところなく発揮されることを願ってやみません。ワタクシからの希望をあえていわせてもらえば、教員になった暁には、是非とも「気の長い子ども」を育ててください。粘り強く、一つのことに集中できる、そんな子どもが少ないと思われるからです。「気の長い」のは短所ではありません。「キレル子ども」と対極にあると思います。ワタクシは「生きる力」とは、こうしたところにあると考えています。地道に、ことをなすということを忘れかけ、隘路をさまよう子どもたちの導きの星になることがみなさまに期待されています。教員は生涯をかける価値のある仕事だと思います。是非、当初の希望が達成されるようお祈り致します(7/11)

トップページへ  日々旁午・表紙へ   浩の教室・トップページへ