日々旁午

2011



■水曜日の勉強会および、エントリーシートの確認大会にご参加いただきましてありがとうございました。水曜会では、プラザ合意あたりの日本現代経済史を模擬授業していただきまして、その後、集団面接を3クールいたしました。模擬授業の内容はよかったのですけど、書き順が誤っている漢字が散見されました。あまりひどいとダメですよ。個人種目はこの報告だけでした。もうほとんど試験直前といってよく、集団面接を希望される方が多かったわけです。
 そこでは、最終確認の気持ちで質問事項を選択しました。定番的なものから時事的な質問まで、当日の出題可能性を踏まえた集団面接にしたつもりです。
 みなさん「出来過ぎ」ですから、本番はあっさり、「こんなもんか〜」の感想のうちに終了することでしょう。
 勉強会の後は、いつもの珈琲会会場にて、エントリーシートの確認をいたしました。こちらには、このためにだけご参加くださった方もいらっしゃいました。アドヴァイスは、いかがだったでしょうか。
 確認大会は、個人面談的に10人以上の方々と面と向かって話を聞き、文章を書きの作業を繰り返し、だいたい終了したのは21時過ぎだったでしょうか。
 あとは清書するのみ。誤字、脱字には最善の注意を払ってください。
 この水曜日は、携帯を自宅に忘れたほか、イロイロなことが重なって、少々荒れておりました。申し訳ない。でも、最後にはいつもの調子のワタクシに戻っていたのではないかと思っています。ご無礼仕りました。
(7/8)

日々旁午・表紙へ 浩の教室・トップページへ

■森本智子登場。ファンです〜
(7/6)

日々旁午・表紙へ 浩の教室・トップページへ

■さて、6月29日、7月2,3日の当サイト主宰勉強会にご参加いただいたみなさま、オツカレさまでした。ありがとうございました。この時期からも新しくご参加いただいた方がいらっしゃいます。いかがでしたでしょうか。
 やはりこの時期、集団面接の総仕上げということで、集団面接を希望する方が多かったですね。3クールやると、こちらも頭がクラクラしてきます。ということは、本番の試験のときの面接官も、おそらくクラクラになるでしょう。彼らは3クールどころか、朝から夕方までやるのですから。
 シートベルト方式で、答え方にバラエティと深みをもたらし、応答の幅が出てきたことを実感されていることと思います。
 いわば、知識、答え方でまるまると太ったわけですが、ここからシャープに削っていくことが必要であったわけで、もとの1問1答式に変えました。とても応答しやすかったと思われます。
 土日に話題にした、「モンスターペアレント」的保護者対応ですが、「3つの制限」については、確認しておいてください。それから、そうした保護者のタイプですが、問題指摘型、敏感・神経質型、溺愛型、利益追求型の4つでした。それぞれの対応を考えてみてくださいね。
 集団面接における外形面では、やっぱり笑顔や話し方です。なくて七癖といいますが、「えーっと」の多い方、「なので」を連発する方、咳払いをする方、などなど、客観的に指摘されたことを直すようにしましょう。その自覚があるだけでも、だいぶんちがってきます。
 8月期の勉強会における個人面接や模擬授業、場面指導についてですが、メールにて受付しています。ただ、やはりやりたい方が多いですので、譲り合いの精神で対応していただけると幸いです。コメントなしでしたら、数はこなせます。しかしそれでは無意味でしょう。ただ、多くのオブザーバーがいますので、ワタクシからのコメントはギリギリの必要なところだけにして対応していきたいと考えています。それでも、4時間で12人がいっぱいいっぱいかと。
 勉強会ご参加のみなさまのご協力、よろしくおねがいします。
(7/5)

日々旁午・表紙へ 浩の教室・トップページへ

■もう、7月ですねえ。この週末、関東方面を受験されたみなさま、いかがだったでしょうか。イロイロな「問題」もあったようですが…
 さて、大阪府や市も、この週末から集団面接がはじまります。これまで一生懸命がんばってきたことを信じ、当日は力を発揮してくださいね。新鮮なうちに質問事項をご連絡いただけると幸いです。
 勉強会のほうは、面接当日であるなしにかかわらず、実施しています。試験の終了後、珈琲会にお立ち寄りくださいね。
 さて、報告が遅れています。26日も勉強会を実施いたしました。もう、なんだか、遠い昔のようでもあります。26日の日曜日は、集団面接や個人面接を実施いたしました。みなさん、仕上げに取り掛かっていますね。集団面接は、みなさんうまくなりました。今年もよい成果が挙げられると思っています。
 イロイロなパターンを経験してきましたし、それこそイロイロな質問もクリアしてきました。学力向上のこと、生徒指導のこと、保護者対応のこと、地震のこと、ロールプレイの実践も含めて、おおよそやりつくしたのではないでしょうか。自身を持って、府や市、堺の胸を借りるつもりで挑戦してきてください。
(7/4)

日々旁午・表紙へ 浩の教室・トップページへ