日々旁午

2014


■採用試験シーズンも、前半は半ばに達しましたね。面接試験を無事終えられた方も多いでしょう。7月最終土日は、マークシート試験が行なわれますが、余念なく取り組んでください。
 まだ奈良の問題をみていないのですけれども、いかがだったでしょうか。少しでも当サイト編纂の予想対策問題集がお役に立ったとすれば幸甚です。
 週末の勉強会ご参加のみなさま、よろしくお願いします。最後の仕上げですね。
July 16,2014
■それ、人間の浮生なる相をつらつら観ずるに、おおよそはかなきものは、この世の始中終、まぼろしのごとくなる一期なり。されば、いまだ万歳の人身をうけたりという事をきかず。一生すぎやすし。いまにいたりてたれか百年の形体をたもつべきや。我やさき、人やさき、きょうともしらず、あすともしらず、おくれさきだつ人は、もとのしずく、すえの露よりもしげしといえり。されば朝には紅顔ありて夕べには白骨となれる身なり。すでに無常の風きたりぬれば、すなわちふたつのまなこたちまちにとじ、ひとつのいきながくたえぬれば、紅顔むなしく変じて、桃李のよそおいをうしないぬるときは、六親眷属あつまりてなげきかなしめども、更にその甲斐あるべからず。さてしもあるべき事ならねばとて、野外におくりて夜半のけぶりとなしはてぬれば、ただ白骨のみぞのこれり。あわれというも中々おろかなり。されば、人間のはかなき事は、老少不定のさかいなれば、たれの人もはやく後生の一大事を心にかけて、阿弥陀仏をふかくたのみまいらせて、念仏もうすべきものなり。あなかしこ、あなかしこ。
July 15,2014

日々旁午・表紙へ 浩の教室・トップページへ