日々旁午

2008



日々旁午・表紙へ 浩の教室・トップページへ

おしらせ今後、当サイト主宰勉強会にキャンセルがありましたら、この「旁午」欄においてアナウンスし、再募集をさせていただきます。再募集はの記号を用いまして表示いたします。開催日程はこちらです。ただし、キャンセルのあった当日朝にご連絡いただいても、連絡がとれません。ご了承ください。その意味では、極力キャンセルされる方は早めのご申告お願いします。
当サイト勉強会で使用している問題集や参考書ほかを、大阪駅前第2ビル地下2階で、いつでも購入することができるようになりました。地下2階にレンタルボックス・キャビン(06-6344-0509:営業時間/平日11:00〜19:30/土日祝11:00〜18:00)というお店に陳列しています。問題集のほか、しょうもない小物も置いていますのでご覧ください。合格お守りのキティちゃんも!
現在、「シート式A」、「シート式B」、「シート式C」、「平成19年夏実施大阪府過去問解答解説集(教職教養部分のみです)」、「新しい答申『幼稚園、小学校、中学校、高等学校及び特別支援学校の学習指導要領等の改善について』の解説付資料集(答申そのものをワタクシの判断で精選し、縮減したものに解説を少しだけつけたもの)」、などをおいています。
 なお、今年1月17日付の答申「子どもの心身の健康を守り、安全・安心を確保するために学校全体としての取組を進めるための方策について」もおいています。こちらは、解説2枚と「ふろく」を含め、30枚ほどに仕上げました。答申類は、安価にて提供します。
レンタルボックス・キャビン店内に連絡掲示板が設置されています。連絡掲示板にご要望を記入いただければ対応しますので、必要な資料あるいは問題集について簡単にコメントくださいませ。たとえば、現在、「平成17年夏実施大阪府過去問解答解説集」、「平成18年夏実施大阪府過去問解答解説集」、「シート式A」はおいていませんが、コメントがあれば、おきたいと思っています。そのほかは、こちらのページ(日程の下に資料の一覧表があります)、および、こちらのページを、どうぞご覧ください。よろしくお願いします。

各種資料ほかをご購入いただいた方々、ありがとうございました。お礼申し上げます。

日々旁午・表紙へ 浩の教室・トップページへ

もう、とっても、とってもウレシイ。ウレシクテ、涙が出る。ワタクシは、井沢さんと、何度もお話してきた。井沢さんをずっと応援し、大阪地裁、高裁に何度も足を運び、原告支援してきた。
 井沢さん、おめでとう!!
 市は反省してほしい。そして、ちゃんといままでの保障を井沢さんにするべきである。今後の支援は、そうした井沢さんの次の一歩を支援することである。
 いつもは記事そのものを掲載しないのであるけれど、今回は許されたい!はじめて会ったとき25歳だった井沢さんが、苦しい裁判を戦い抜いて、29だよ。がんばった。手元にある地裁の書類(2007年5月)を読み返せば、ナワナワと怒りがこみ上げるが、高裁の正しい判決を支援者のみなさん全員と喜びたい。
 「元大阪市立小学校教諭の井沢絵梨子さん(29)が、試用期間中の勤務成績が悪かったとして教員の本採用を見送った市の処分の取り消しを求めた訴訟の控訴審で、大阪高裁(若林諒裁判長)は29日、請求を棄却した昨年5月の一審・大阪地裁判決を取り消し、訴えを認める判決を言い渡した。
 判決は、地方公務員法などで定める1年間の条件付き採用期間(試用期間)について、市教委が04年春に教員として仮に採用するまで、井沢さんが市の一般職員として6年間勤務していたことから、同年春の時点で試用期間はすでに終えていたと判断。04年度を試用期間とみなした市教委の処分は違法とした。『指導に未熟な点はあったが、教員としての適性を欠くとまでは認められない』とも述べた。
 井沢さんは判決後に記者会見し、『教育に一生懸命取り組んだ姿勢を認めてもらえた。早く教室に戻りたい』と話した」。
 文中の、「指導に未熟な点はあったが、教員としての適性を欠くとまでは認められない」がいいじゃないか!ちゃんと教員としての資質能力が高裁によって認定されている!堂々と教壇に復帰して!!
 おめでとう!
(8/30)

日々旁午・表紙へ 浩の教室・トップページへ

ずいぶん煮詰まってきている時期だと思います。みなさん、残り少ない受験までの日々を有意義にお過ごしください。
 さて、勉強会の方は、今期も盛況のうちに継続しております。年度の切れ目がないところに、当サイト主催の勉強会の特徴があります。9月期には、今年に賭ける方と、来期をめざす方と混成となります。これがいいのです。
 新しい方には、「ここまでがんばっているのか〜」と反省を得ることができますし、真っ最中の方は、会ったことのない方からのコメントがいただける。面接はファーストインプレッションです。新しい方に、「感じのいい方」だとか、「うまい!」とか評価されるチャンスなわけです。
 9月期はもう少し空席があります。上のような姿勢でご参加いただけると幸いです。
 ちなみに、年間およそ60回ほど開催される当サイト主催勉強会ですが、その内容をお伝えします。
 ★年間通じて、開催すれば必ず集団討論を実施し、みなさんの主体的な参加意識を高めます。
 ★10月〜2月くらいまでは、ワタクシが大学の教育原理で講義しているものに味付けをし、教採に対応した教職教養の講義をいたします。
 ★10月は、合格者の方が勉強の方法を伝授してくださいます。1年間の「闘い方」を伝えるほか、合格者が作成されたノートなどをご覧になれるでしょう。
 ★10月〜12月までは、講義と並行して、大阪府ほかの1次試験の教職教養出題を分析し、課題を掘り起こします。開催ごとに試験問題を分析したペーパーを配布します。
 ★1月〜3月には、上記を補填しつつ、集団面接も実施します。この時期、プログラムは、1次対策としての集団面接と集団討論になります。
 ★1月〜5月にかけて、抜き打ち的に教職教養の質問を浴びせます。
 ★1月〜1次直前まで、「自己売り込みのツボ」を実施します。これは、参加者の前で「自己を3分間で語る」コーナーです。
 ★4月以降、水曜日も勉強会を開催します。これを「水曜会」と呼んでいます。学生の方や土日参加が難しい方などのために開催しています。週末開催とほぼ同じプログラム構成となります。
 ★4月以降、土曜とともに日曜も開催します。
 ★6月には予想問題を用意し、少なくとも大阪府の試験の教職教養部分は9割獲得を実現します。
 ★来年は出題されるかどうか分かりませんが、大阪御当地問題のプリントを手分けして調べて作成し、対策を立てます。昨年までの資料も配布します。現在までに蓄積されたものは、A4版で80枚くらいあります。
 ★4月以降は、個人面接にも力を入れます。4月以降は、集団討論、集団面接、個人面接といったプログラムになり、かなり実践的になります。
 ★1次試験終了後は、集団討論と個人面接に特化します。とりわけ、個人面接に力を入れます。1次向けの対策と違い、2次向けの対策として、パーソナルなところに焦点をあて、質問していく方法をとります。
 ★1次の前、2次の前には、面接個票、エントリーシート、こうした提出資料の完成を、勉強会と同時並行で実施しています。メールでやりとりしたり、勉強会終了後の珈琲会で対応します。2次のエントリーシートをみたことがない方、この案内を読んだらメールください。すぐ添付して差し上げます。いっしょに作成してまいりましょう。
 ★秋、霜月後半には、合格を祝う会、来年のチャレンジャー交えて、「祝挑会」を開催します。もう6年開催している当サイト勉強会ですが、勉強会卒業の、先輩の現職の先生からエールをいただけます。
 ■こうした年間のプログラム、参加費は、1回1000円とコピー代のみ。予備校と違うのは、スクラムを組んで、全員合格をめざすこと。実際、一昨年は1次通過8割、2次はその8割の9割くらい。つまり完全合格は7割くらいかな。今年は1次だけですが、7割5分は「通過」。これを100%にするのがワタクシの野望。今年度は小学校志望者はほぼ100パーセント1次通過したのですが、中高志望者はいささか涙をのみました。中高は毎年むつかしいです。1次免除者も、早い時期から体制を整えておかないと、直前になってウロウロしてしまいます。どうぞご参加を。
 競争と友情と愛情と、絆を大切に長期ロードを闘います。予備校の面接対策に1日2万払うなら、ワタクシのところに通った方がいいと、岐阜や愛知から毎週来られた方もいます。1度参加して、継続できると思えばそれでよし、たいしたことないと思えば、止めるがよし。前金で数万円も数十万円もいりません。ただ、座席の予約が必要です。1回開催あたり20席くらいしかありませんので。月に4回きても4000円。年齢層は、大学3回生の方から、2人のお子さんのお母さままで、40歳代の方も参加されています。「来るもの拒まず、去るものちょっと追う」のスタンスで運営しています。
 昨年度より、優先登録制度も用意しました。これは、いささか協力費がかかりますが、安定して年間出席できる制度です。1次直前は参加申込が殺到し、申し込んでも参加できないケースが出てきました。それを解消するための措置です。このご案内は、10月期よりいたします。
 9月期の珈琲会だけでもご参加どうぞ。17時以降です。とうぜん、無料。予約必要なし。ただ、ご自身の飲まれる珈琲代は負担してね。メール待ってます。
(8/26)

日々旁午・表紙へ 浩の教室・トップページへ

1次の発表があり、その報告があり、毎年のことながら、喜びの通知あり、厳しい結果あり、心がさんざめく。そうしたことで7月の下旬から8月の中盤にかけて過ごしてきた。不更新が延び延びになったのには、イロイロとワケがあるが、ここには書かない。
 今年は番狂わせが多い。ホントに大丈夫だろうと考えていた方がダメだった。一生懸命一緒に勉強して、準備して、苦しんで… 
 よくわからん。
 このあたりは、右欄の「苦しみのうちに…」にイッパイ書いているから、そちらを是非みてほしいものである。
 大阪府にしても、大阪市にしても、イロイロと考えはあろうかと思われるが、どういうように判断しているのか、公表を求める。それも詳しく。大分の汚職があって、今年は透明化がすすんでいると思うが、たとえばワタクシの耳には、1次試験19点で受かっているとの結果も届いている。そりゃ人間性がすばらしいとの評価もあろうが、基礎学力がはっきりないわけで、そんなんを教員にしていいのかどうか。ワタクシならば断じて不可である。
 もちろんこれは勉強会のメンバーではない。いい加減に自己採点しているかもしれないから、信憑性に欠ける情報ではあるが、こんなんだったら1次試験のマークシートなんかしない方がいい。
 どこぞの世界に50パーセント以下しか点数を取れていないのに合格できる試験があるのか。宅建、行政書士、司法書士そのほか資格試験一般でありえない話である。大学の単位認定でも60点以上である。府や市は情報を持っているのであるから、ちゃんと合格最低ラインを明示するべきである。「選考試験」という看板はもうはずしたらどうか。
 受験生の間では、大分のような感じの口利きがあるのだろうと不信感を抱いているものがまだまだいる。
 たとえば大阪市の場合、あれだけ調査して、まだ裏金があるくらいなのだから、口利きだってあるにちがいない。そう思われても仕方がない構造が大阪市にはある。なにしろ風俗に公金を使ってかまわない自治体なんだから。ワタクシはよく大阪市役所の横を通るけれども、いつも、ここが裏金満載の役所かと思うと反吐が出る。
 もう亡くなったけれども、漫画の『ナニワ金融道』の著者が市の裏金問題を新聞かなにかで取り扱って風刺したのに対して、ものすごく反発した市だったが、実際フタを開けたら無茶苦茶だったわけ。きれいにはならないと市民はあきらめるほかない。市長は「懲戒する」といっていたのに、うまいこと逃げ切った奴らもいるわけで、その中の一人に、市の教育長もいたわけ。これなどは、よくわからない。是非、このあたりにはがんばってほしいものである。松浦女史の奮闘はテレビでよく拝見するが、その奮闘を、ワタクシのように大きく期待している人間が、それこそ多くいることを市役所の人びとは努々忘れてもらっては困るのである。
 疑心暗鬼渦巻き、給与の最低ランクに位置する府や市を、来年は受験生がさらに敬遠するだろう。
 きょう、あすは2次試験である。ワタクシの教え子もたくさん受験しにいっている。是非、力を出し切ってほしい。いや、1年一緒に勉強し、1次をパスしてきた彼らだから、正式合格は間違いない。
 いま、うちひしがれている諸君。耐えるのは辛いと思う。かける言葉がないから、辛い結果の諸君からいただいたメールには返信していない。でも、前を見据えて歩くほかない。まだ一緒に歩ける余力があるなら、また、秋から会おう。浩 拝
(8/23)

日々旁午・表紙へ 浩の教室・トップページへ