日々旁午

2008



日々旁午・表紙へ 浩の教室・トップページへ

おしらせ今後、当サイト主宰勉強会にキャンセルがありましたら、この「旁午」欄においてアナウンスし、再募集をさせていただきます。再募集はの記号を用いまして表示いたします。開催日程はこちらです。ただし、キャンセルのあった当日朝にご連絡いただいても、連絡がとれません。ご了承ください。その意味では、極力キャンセルされる方は早めのご申告お願いします。
当サイト勉強会で使用している問題集や参考書ほかを、大阪駅前第2ビル地下2階で、いつでも購入することができるようになりました。地下2階にレンタルボックス・キャビン(06-6344-0509:営業時間/平日11:00〜19:30/土日祝11:00〜18:00)というお店に陳列しています。問題集のほか、しょうもない小物も置いていますのでご覧ください。合格お守りのキティちゃんも!
現在、「シート式A」、「シート式B」、「シート式C」、「平成19年夏実施大阪府過去問解答解説集(教職教養部分のみです)」、「新しい答申『幼稚園、小学校、中学校、高等学校及び特別支援学校の学習指導要領等の改善について』の解説付資料集(答申そのものをワタクシの判断で精選し、縮減したものに解説を少しだけつけたもの)」、などをおいています。
 なお、今年1月17日付の答申「子どもの心身の健康を守り、安全・安心を確保するために学校全体としての取組を進めるための方策について」もおいています。こちらは、解説2枚と「ふろく」を含め、30枚ほどに仕上げました。答申類は、安価にて提供します。
レンタルボックス・キャビン店内に連絡掲示板が設置されています。連絡掲示板にご要望を記入いただければ対応しますので、必要な資料あるいは問題集について簡単にコメントくださいませ。たとえば、現在、「平成17年夏実施大阪府過去問解答解説集」、「平成18年夏実施大阪府過去問解答解説集」、「シート式A」はおいていませんが、コメントがあれば、おきたいと思っています。そのほかは、こちらのページ(日程の下に資料の一覧表があります)、および、こちらのページを、どうぞご覧ください。よろしくお願いします。

各種資料ほかをご購入いただいた方々、ありがとうございました。お礼申し上げます。

日々旁午・表紙へ 浩の教室・トップページへ

深夜はワタクシの世界である。昼間に人びとが活動する時間にゆっくりし、深夜に活動するのが、この2ヶ月の生活スタイルであったといっていい。ぷかり、ぷかりと煙管に火を入れ一服するのも、この深夜である。そうした自由な時間を楽しんだ、夏との別れのときである。
 ぷかりとしながら深夜にテレビをつけた。そうしたら、昔懐かしい映画が放映されていて、驚いた。若きリチャード・ギア主演の『愛と青春の旅立ち』であった。懐かしすぎる。
 この映画をみたのは、18のときである。場所は、いまから20年以上前のミナミであった。道頓堀のキリン会館地下、そこに映画劇場があった。たしか、南海劇場であっただろうか。あるいは、南海会館の地下のキリン劇場であっただろうか。どっちがどっちであったか、もう忘れてしまった。鮮明に覚えているのは入館料のことである。100円で缶コーヒーを買い、900円を払って、ここで2本立ての映画をみるのがワタクシのひそかな楽しみであった。
 ひそかな、とは、こういう意味である。当時浪人生であったワタクシは、中ノ島の図書館に日参し、受験勉強をしていたので、禁欲的な生活をつづけており、遊びという遊びをしなかった。そうした勉強だけに打ち込んだ1年において、唯一の楽しみが、一人でみにいくキリン会館の映画だったのである。まわりは「アヴェック」ばかりであったのは、いうまでもない。そこに勇躍一人乗り込んでいった。ちょっと寂しかった。
 2本立てについては、ひょっとすればいまの若い方には説明を要するかもしれない。900円で映画が2本みることができたのである。『愛と青春の〜』の抱き合わせはなんであったのか、いわゆる『愛』シリーズの放映期間であったので、『愛と悲しみの日々』であったと思う。いうなれば、レコードのA面とB面の感覚で、この2本の映画をたった900円でみれたわけである。
 このときみた『愛と青春の〜』は、その当時でもリバイバルであり、キリン会館の最終上映であったと記憶する。最後の最後、フィナーレに、当時、若者に大変人気があったこの2本を上映したのであった。この上映を最後、映画館は営業を終了したわけである。
 現在ではキリン会館もなければ、松竹座の映画館もない。日本橋にあった名画シアターも、もうない。日本橋には、大学院時代、よくみにいった。深夜、煮詰まってくれば、単車を飛ばして映画をみにいったものである。だいたい映画は娯楽としては衰退している。もう生き残れないだろう。
 松竹座の前に、『ギャラリー香』というギャラリーがある。このサイトでも紹介している「美術の森」の陶芸作家が、昨日から23日までの間、個展を開いている。映画をみる代わりに、陶芸をみるのもいいものだから、紹介しておこう。
 ただし、深夜はやっていない。10時から19時までである。
 1年間あらゆることを禁欲し、教員採用試験に賭けてみるのも悪いものではない。スタートするのに最適な秋である。
 ところで今期の勉強会メンバーで、京都や奈良、香川の合格者からメールをいただいている。教採受験よりも、むしろ教員になってからの方が大変である。『愛と青春の旅立ち』だね。がんばってほしい。来年をめざす方々が集う10月期も、ほぼ満席になりました。みなさん、がんばりましょう。
 ぷかり、ぷかり。
(9/19)

日々旁午・表紙へ 浩の教室・トップページへ