日々旁午

2008



日々旁午・表紙へ 浩の教室・トップページへ

おしらせ今後、当サイト主宰勉強会にキャンセルがありましたら、この「旁午」欄においてアナウンスし、再募集をさせていただきます。再募集はの記号を用いまして表示いたします。開催日程はこちらです。ただし、キャンセルのあった当日朝にご連絡いただいても、連絡がとれません。ご了承ください。その意味では、極力キャンセルされる方は早めのご申告お願いします。
当サイト勉強会で使用している問題集や参考書ほかを、大阪駅前第2ビル地下2階で、いつでも購入することができるようになりました。地下2階にレンタルボックス・キャビン(06-6344-0509:営業時間/平日11:00〜19:30/土日祝11:00〜18:00)というお店に陳列しています。問題集のほか、しょうもない小物も置いていますのでご覧ください。合格お守りのキティちゃんも!
現在、「シート式A」、「シート式B」、「シート式C」、「平成19年夏実施大阪府過去問解答解説集(教職教養部分のみです)」、「新しい答申『幼稚園、小学校、中学校、高等学校及び特別支援学校の学習指導要領等の改善について』の解説付資料集(答申そのものをワタクシの判断で精選し、縮減したものに解説を少しだけつけたもの)」、などをおいています。
 なお、今年1月17日付の答申「子どもの心身の健康を守り、安全・安心を確保するために学校全体としての取組を進めるための方策について」もおいています。こちらは、解説2枚と「ふろく」を含め、30枚ほどに仕上げました。答申類は、安価にて提供します。
レンタルボックス・キャビン店内に連絡掲示板が設置されています。連絡掲示板にご要望を記入いただければ対応しますので、必要な資料あるいは問題集について簡単にコメントくださいませ。たとえば、現在、「平成17年夏実施大阪府過去問解答解説集」、「平成18年夏実施大阪府過去問解答解説集」、「シート式A」はおいていませんが、コメントがあれば、おきたいと思っています。そのほかは、こちらのページ(日程の下に資料の一覧表があります)、および、こちらのページを、どうぞご覧ください。よろしくお願いします。

各種資料ほかをご購入いただいた方々、ありがとうございました。お礼申し上げます。

日々旁午・表紙へ 浩の教室・トップページへ

折角、勉強会にお申込いただいても、ご返信が届かない方、つまり、ご案内のメールが戻ってきてしまうケースが増えております。とりわけボーダーフォンなのですけど、PCからのメールを受信できるように設定お願いします。このほかのアドレスであっても、不時着の可能性は否定できません。当方からのメールをお受取になられている場合は、お手数ですが、一度ご返信いただきたくお願い申し上げます。メールは、まだまだ不確実な意思疎通方法ですね。
 もう書かないといいましたが、大分の件についてはこちらをご覧ください。こちらも。トミーの口からコヤのことが… 教育長にも辞職期限を申し渡さなければならない。だが、問題は、一体誰が申し渡すか、である。ぼろぼろ出てくる。退職届は出すべきではなかったといえる。
 きょうは「救急」の日。
(9/9)

日々旁午・表紙へ 浩の教室・トップページへ

昨日、第195回勉強会にご参加いただいたみなさま、お疲れさまでした。本日試験をお受けになる方もご参加いただきました。家でくすぶったり、モンモンとしているよりは、よかったのではないかと思います。さて、1次以降、勉強会の報告が遅滞しております。その理由は、ひとつには、主催者ワタクシの怠慢です(いいわけするなら、1次、2次エントリーシート及び論作文添削が大量にありました…)。もうひとつは、勉強会当日、集団討論を実施せず、4時間ずっと個人面接をしつづけていたということが挙げられます。
 それゆえに、どういうように勉強会の報告をまとめるべきか悩んでおります。個人面接の内容は、ここにアップするわけにはまいりませんしね。
 ところで、9月27日の勉強会は、諸事情あり、不開催とすることを確定いたしました。お申込いただいた方には大変申し訳ないと思っています。すでにお申込者には、お詫びのご連絡のメールを差し上げております。ご確認ください。よろしくお願いします。
(9/8)

日々旁午・表紙へ 浩の教室・トップページへ

期限延期で是が非でも退職届がほしい大分県教委。もう言葉もない。
 7日に延ばしたことは、採用取り消し該当者の首を真綿で締める行為だろう。なんともいえない気持ちになる。そんなにイジメたいのだろうか。自分の非を隠し、スケープゴートを求めるのか。ダメだこれは。
 最低最悪の様相に気持ちが悪くなってきた。
 ということで、もう、この事件については書かない。書けば書くほど気分が悪くなるからである。少し距離をおいて観察し、地裁の報道等をこちらを参照しながら考えていくことにする。
 これでもみよう。

(9/5)

日々旁午・表紙へ 浩の教室・トップページへ

初公判を前にして、辞職を迫る。汚い大分県教委のやり方である。昨日、「それよりも、江藤元参事の公判がポイントである」とワタクシは述べたが、問題をウヤムヤにしたい姿勢がミエミエである。『毎日新聞』の報道によれば、「検察側は冒頭陳述でコネやカネを駆使した不正採用の実態を詳述し、県教委の腐敗ぶりを厳しく指摘」(『同紙』2008年9月4日付)したわけであって、その「腐敗」が白日の元にさらされない前に、「キミら〜、辞めろよ〜」といっていたわけである。
 矢野被告は、自分も反省しながら、そして、社会的制裁を懲戒免職という形で受けつつ、暴発気味ではあるが、自分がお世話になった伏魔殿の実態を告発する。「悪いのはもちろん承知していますが、不正に合格させた力とは何だったのかも併せて知りたい」(『同紙』)と全貌解明に協力的な発言をしている。この解明内容を聞いてから、採用取り消し該当者は態度決定したらいいのではないか。こうした判断をする余裕を与えず処分しようとするからこそ、冒頭に書いたように、「汚い大分県教委のやり方」なのである。文中の「不正に合格させた力」に、ワタクシたちは興味津々なわけで、県教委にとっては、絶対にライトアップされてはならない伏魔殿上層部と連なる秘部であり、恥部であるといわざるをえない。
 ところで、採用取り消し該当者である21人−1人=20人のうち、『同紙』の知らせるところによれば、12人が辞職届を所属校の校長に提出し、残りの8名は保留している。これをどう解釈するべきか。提出者12人は、校長にうまく丸め込まれたケースもあるであろうが、やましいところがあったと思われても仕方がない。天地神明に誓って、やましいところがないとするならば、自分から辞職を表明することなどありえない。
 教員採用試験は、大変な試験で、勉強に次ぐ勉強を重ねても、なかなか合格しないのに、それを3日や4日の間に「辞めますわ」とは、到底いえないものを持っている。それをものすごく簡単に辞める、あるいは、ものすごく簡単に辞めるようにみえるのであって、これは受験時になにか口利きがあったのだろうと想像されても仕方がない。
 ひょっとして、いわゆる「大人の判断」なのだろうか。校長から、「来年は合格できる、君の将来を考えれば、ここは辞職届を出しておいた方がいいよ。臨時講師として採用は確実だから」といった洒落にならない言葉があったのかもしれない。
 ところで校長たちは、大分県教育の再建のために、月5000円を供出するファンドを設立しているそうであるが、それがまた、上層部への商品券に化ける可能性がないとはいい切れないし、「使途不明金」がダラダラ問題化する躓きの石を、最初から用意しているようにも感ぜられる。
 残りの態度保留者8名はどうなのだろうか。この方たちは、本当に、なんにもやましいところがないといっていい。苦しみ抜いて合格したいまの立場をなんらの根拠も示されず辞めれるものか!であろう。
 当然である。
 「これまでの調べで、07、08年度の採用試験で二宮被告と富松審議監が江藤被告に対し、口利きを受けた計約60人を合格させるよう指示し、点数の改ざんで計35人を合格させたことが既に判明」(『同紙』)しているのであるから、07年度についても、これはやはり県教委は、08年取り消し者と同じように、採用取り消しを通告するべきである。そして、条件附採用の制度的な問題点があぶりだされることもワタクシは期待する。つまり、不正合格であろうと、初任者研修を受けて正式採用になった07年採用者が取り消しになるとすれば、正式採用をした県教委の責任が問われるわけであり、不正が1年間の試用期間で洗浄されるとの判断があると、もしも県教委が考えているなら、それが公判で吟味されるべきなのである。
 また、「県教委は08年度試験で不正採用が確認できた小中学校教諭ら21人(既に1人辞職)の採用取り消しを決め、自主退職の意思がない教員については5日にも採用を取り消す」(『同紙』)といっているが、採用取り消し根拠が、地方公務員法にあるとするならば、どういうように解釈しているのか、文面で採用取り消し該当者に手渡さなければならない。これをしないのはなぜか。なぜなら、8名の方が提訴するとして、その裁判の証拠書類となるのを、県教委は恐れているからである。
 汚い。まったく汚い。大阪には大和川という全国でも1、2を争う汚い河川があるが、同じくらい汚い。大分には、「鳥芥子川」が流れている。
 採用取り消し該当者の人権を無視する今回の措置に、あきれるほかない。大分県教委に人権擁護の意思なしと判断せざるを得ない。
 あのさあ、『産経新聞』さん、こうしたライブもいいけど、できたら大分のこともこうした記事だけでなく、「法廷から」中継してよ。タノム。
(9/4)

日々旁午・表紙へ 浩の教室・トップページへ

今日が期限である。自主退職か、それとも、採用取り消しか−。眠れない夜がつづく中で決断を迫られている該当教員たちの胸中を想えば、なにもしてやれないワタクシではあるが、怒号をここで挙げることくらいはさせていただきたい。
 無念だと思う。受かった教員は苦節何年の方もいらっしゃるのである。『朝日新聞』の記事を何から何まで信じることは避けなければならないが、「対象者の多くは、自分の得点が改ざんされていたことを『全く知らなかった』と話している」(『同紙』2008年8月30日付)のが正しいのだとすれば、県教委のやり方は断罪されるべきである。
 県教委は、判定にいたった証拠類を面談に来た採用取り消し該当者に示すべきであるし、口利きがあったかどうか、あったとすれば誰からあったのかを、「まったく知らなかった」その該当者に告げるべきである。
 これも当然の権利として、該当者は請求できるが、それよりも、江藤元参事の公判がポイントである。少なくとも、江藤元参事の公判が終了してから採用取り消し処分については行なうべきではないのか。公の場で、江藤元参事が新しい事実を反省的に述べる可能性があるし、どういう組織的汚職があったのか、あきらかにしてから、処分する態度を県教委は示すべきではないのか。つまり、江藤元参事の温泉気分で点数操作された可能性は否定できないではないか。
 江藤元参事が、「この人は受かっているけど落とした。来年は受かってほしい」などといって点数を低くした2007年採用試験の不合格者が、「あ、この人、今年も受けている。今年は合格させてやろう」という意味で2008年採用試験の合格となったケースもあるんじゃないのか。実際、こうした言葉を、新聞社がどこかで報道したはずである。そうした場合、2007年採用時に、相当実力があったわけであり、2008年試験結果の改竄は、「無効」と判断されていい可能性があるんじゃないのか。こうした操作を見逃すどころか率先した県教委こそ、解体的出直しが必要なのである。県教委は総辞職も迫られるべきであると、採用取り消し該当者の「そう思ってはいるが、声にできない」声を代弁したい。
 それを、ひとの苦労も知らないで、「あんたは取り消しや」では、該当者が納得できないのは当然である。県教委は、本当に反省しているのであろうか。人の一生がかかった大問題である。数日でやめるかやめないか決定せよとの物言いにもあきれる。地方公務員法の解釈の問題も含む公判請求が、問題解決への糸口になる。
 今回、自主的辞職勧告された教員は、最後の最後まで闘い抜いてほしい。証拠を示さない県教委の卑劣蛮勇行為に、首を縦に振る必要はない。ワタクシは、何名かの取り消し拒否者が連名で県教委を提訴することを願っている。県教委の採用責任をうやむやにし、自分たちが我慢すればいいとの姿勢は、今後の全国の教員採用事情にとっても健全な態度ではないと思うからである。採用責任が教育長にあるかぎり、そこを撃たねばならない。捕まったものだけが悪者ではない。
 該当者は、絶対に自ら退職をしてはならない。「あなたが退職届を出したんでしょ」と絶対に県教委はいう。
 20人以上の人間が人生を狂わされるようなことが、贈収賄で捕まっている奴らがいた県教委の魔手によって実施されていいのかどうか。断じて否である。これは、少なくとも高裁まで争う内容を持っている。最高裁まで争うかどうかは、今回の問題がどういう意味で憲法判断に伸びていくのか、ワタクシにはまだ判断がつかないのでなんともいえない。
 大分からの声が、日本全国の教員採用のあり方に衝撃を与え、各都道府県の教委に対しても、大きな警鐘になる。昔、新潟出身のある女性衆議院議員が、ある省を指して「伏魔殿」と形容したけれども、大分県教委も伏魔殿といっていいだろう。何年、何十年も採用人事を操ってきて、人の人生を狂わせる、県教委OBも不自然をTVで語っている。これを伏魔殿と呼ばずしてどうであろうか。
 たぎっている血の池地獄に無罪のまま、つからせられている採用取り消し該当者がいるのだから。
 採用取り消し該当者よ、「あなたとは違うんです」と県教委にいうべきである。
(9/3)

日々旁午・表紙へ 浩の教室・トップページへ

みなさま、10月期の勉強会にお申込ありがとうございます。順番に手作業でご返信を差し上げている関係上、時間がかかっております。申し訳ありません。本日の午前中までにはご返信を全員に差し上げることができるようにいたしますので、いましばらくお待ちくださいね。
 浩 拝
(9/1)

日々旁午・表紙へ 浩の教室・トップページへ