日々旁午

2011



■9月も中旬だというのに、まだまだ暑い日がつづきますね。
 ただいま来期をにらんで鋭意準備を進めています。まずは、過去問の検討の資料です。大阪府の1次問題を考察していく予定です。そして、まだ未定ですが、奈良の問題も掘り下げてみようかと検討中です。残念ながら奈良受験者の勉強会における割合が少ないです。しかし、奈良の1次問題は良問が多く、検討するに値すると思っています。1題づつ取り上げ、考察することは、府の対策としても重なり合うところがありますので、有効でしょう。奈良をめざす方、是非、勉強会にどうぞ。
 基本的に面接の対策は、どこの自治体でも同じです。これは私の信条です。府でほしい人材は、奈良でもほしいでしょうし、その逆も然りです。
 当勉強会におきまして、奈良の合格者は、細々ですけど毎年いらっしゃいます。奈良は私の里でもありまして、思い入れがあります。大和川でオタマジャクシやカエルを採ったのは、よい思い出。いっしょに遊んだ従兄弟は、いまでは歯医者になっちゃいました。あの頃から、昆虫採集セットの扱いがうまかったです。カエルも切り刻んでました。ハハハ〜
 イヌのトリマー養成はしておりませんし、カエルの解剖学者も養成しておりません。教員をめざす方の応援をしています。みなさまからのお申し込み、お待ちしています。
(9/13)

日々旁午・表紙へ 浩の教室・トップページへ

■昨日は、当サイト主宰、第8期勉強会の最終回でした。ご参加のみなさま、オツカレさまでした。ありがとうございました。第8期は、87回開催いたしました。来期もこの程度開催予定です。第9期は、10月1日スタートです。よろしくお願いいたします。
 すでにこの最終回には、来期をめざす方々もご参加いただきました。2次進出者の個人面接練習をご覧になって、いわば「最終形」がイメージできたのではないかと思います。1年がんばれば、必ずご覧になった2次進出者のようになります。
 本日また、第86回の水曜会には、この勉強会への参加のためだけに、遠く東京、香川、愛知からも来阪されました。いまとなっては、そのご足労に応えうる4時間であったかどうかが気がかりです。また機会あれば、いっしょに勉強できることを祈念しております。
 さらに、勉強会終了後の珈琲会には、現職教諭のT先生がご参加くださいました。この勉強会を側面から支えてくださっている先生方のおひとりです。いつもお世話になっています。ありがとうございます。今後もよろしくお願いいたします。
 これから2週間ばかし勉強会は開催いたしませんが、その間に来期の勉強会に必要な資料類の整理を行ないたいと考えています。
 第9期勉強会へのみなさまのご参加、お待ちしています。
(9/11)

日々旁午・表紙へ 浩の教室・トップページへ