日々旁午

2014


■長月も晦日になりました。
 先日の土曜に、当サイト主宰第12期第1回教採対策勉強会を開催いたしました。当日お集まりくださったみなさま、オツカレさまでした。いかがだったでしょうか。
 当日のプログラムは、当サイト主宰勉強会についてオリエンテーションをいたしました。今後どのようにすすめていくのか、勉強会をどのように活用していくのか、などです。
 つづいて、主宰者であるワタシの自己紹介をいたしました。専門の教育史のことを多少お話させていただきました。長くなりまして失礼いたしました。
 これにつづいて、勉強会の優先登録制度の説明をさせていただきました。はじめてのご参加で、まだどのような勉強会なのか手探りであると思いますが、継続してこの勉強会で一緒に合格をめざそうという方のために設けた制度です。かなり特典がありますので、有効かと思います。お渡ししたペーパーを熟読お願いいたします。30日現在、お申し込みがあります。ありがとうございます。
 このあとは、当サイト卒業生にして現職のK先生から、ご自身がどのようにして採用試験を乗り越えたのか、また、どういうふうに勉強したのか、などなど、体験報告をいただきました。お忙しい中、レジュメも作成してくださり、ありがたいかぎりです。そのレジュメにしたがって、先生からの報告のあとは、ワタシとK先生、そしてT先生も交えての話をみなさんに聞いていただくという形をとり、そこからでてきた質問に応答するという形式をとりました。T先生も、当サイト勉強会の卒業生現職です。第12期の初回ということで、駆けつけていただきました。お2人とも、お忙しいのに、また、土曜という休みでありながらお時間を頂戴いたしましてありがたく思っております。
 当日ご参加いただいたお2人の先生方のほか、卒業生の先生方は、今後も年間を通じて、イロイロとみなさんをサポートしてくださいます。ありがたいことです。こうしたところが当サイト勉強会のひとつの特色となっています。卒業生の先生方は、惜しむことなく、みなさんに協力してくださいます。是非、親しくなり、教えを受け、頼られるとよいかと思います。勉強する気があり必死なみなさんを卒業生は大好きであるといえるでしょう。卒業生は大阪府に現職として散らばっておりますので、みなさん、どこかで会っているかもしれませんね。
 このあと、こうした卒業生の現職の先生方が残していってくださった資料類を閲覧する時間を設けました。スピーチの原稿、模擬授業の指導案など、たくさんありすぎで、短い時間でしたから、ざっとしかみていただけませんでしたが、今後、ゆっくりみることのできる機会があると思います。
 そして、最後に、第11期のメンバーの希望があり、個人面接練習を、みなさんの前でしていただきました。第11期のメンバーということは、この1年間、一生懸命、面接対策ほか、勉強されていたわけであり、そして、今回、個人面接に挑まれた方は、2次試験を無事受け終わり、発表待ちの立場の方です。すなわち、この勉強会を活用して、まだ結果はでていませんが「最終形」になっている方です。
 かなりの圧迫面接をいたしましたけれども、たじろがずにしっかり応答されていたところなど、学ぶべきところが多かったのではないでしょうか。ある意味でモデルケースと捉えて、ないしは目標と捉えて、第12期のメンバーの方々はがんばっていただければと思います。
 さて、10月は4回開催いたします。継続は、力なり、といいます。しんどいかも知れませんが、継続して自分を磨いていくことが、試験突破においてなによりも大切なことです。今後も一緒にがんばって参りましょう。
Sep.30,2014
■きょうは秋分の日ですね。ほんとうに秋らしくなりました。採用試験の暦に支配されているワタシとしては、まためぐってきたスタートラインといった気持ちです。
 この冬は、何か新しい趣味を持とうとして、パイプを選びました。奥が深そうで楽しそうです。パイプ燻らす秋冬の一日もいいものでしょう。哀愁漂うスコットランドヤードです。ふふふ。
Sep.23,2014
■当サイト主宰勉強会、9月27日開催は、残り座席2となっています。みなさまからのお申し込み、お待ちしております。一緒にスタートダッシュいたしましょう。
Sep.21,2014

日々旁午・表紙へ 浩の教室・トップページへ