卒業文集2001−11

文集2001−10へ 卒業文集・表紙へ 浩の教室・トップページへ 文集2001−12へ


総合学習 投稿者:  投稿日:1127()234201

南紀しらはまさん>>はじめまして。レスおそくなりました。今後も歓迎いたします。どうぞよろしく。

 総合学習は、基本的には、体験学習ですね。指導要領では、総合で扱う大まかなテーマを列挙しています。それが国際理解とか、健康とか、福祉になるのですね。このことは、ゆさんがおっしゃるとおりです。そしてその結果を発表することになる・・・

 たしかに議論をする能力は大切です。言語環境の適正化もふまえ、また、若いときからのプレゼンテーション能力を磨くためにも、正しい理解のうえでの批判的な議論構築能力は必要です。

 それは、総合学習の時間が担うほか、従来教科でもやらなければならないことですね。

 しらはまさんがおっしゃるように、相手を罵倒するのではなく相手の立場を理解・確認したうえで議論をする、その結果、お互いに対する尊重の精神もでてくることでしょうね。そのためには、「議論は必ず3人以上でする」(カント)必要があるでしょう。

ゆさん>>NHKの番組は「社会科」の実践でしたか。ワタクシ、勘違いしてました。ご指摘ありがとう。


暇な夜は、領海侵犯 投稿者:南紀しらはま  投稿日:1125()025843

『東京の窓から日本を』石原慎太郎より
アメリカの小学校では一年生に入ったときに、
学校の先生が言うことが必ず三つある。
一、みんなで決めたら、自分は嫌でもちゃんとみんなと一緒にやろう。
一、街のお巡りさんが困っていたら、手伝おう。
一、親の言うことと先生のいうことが違っていたら、
   お父さん、お母さんの言うとおりにしなさい。
だそうです。
最後の一つは、親にも言って理解させることが必要でしょうね。

「総合的な学習の時間」についての一見解
中学・高校生レベルでは「論理的な思考能力」の養成が必要だと思います。
議論の議題は何でもいいです。
キーワードは、
「理に適っている」、「一貫性がある」、「関連性がある」などなどです。
やはり議論によって自分の考えが明確になってくるという要素もあるし、
ディベートの能力はとても大事なものだと思います。
相手を叩くのではなく意見をぶつけ合うことだとか、
他人に対するリスペクトの念も養われると思うのですが、
どうでしょうか?


たまごさん 投稿者:  投稿日:1122()232140

がんばろうね!!うかったら、吉野家の牛丼食べましょう(ビクビクしながら)


みましたよ、それ 投稿者:  投稿日:1122()231914

大きく更新されていますね!
最近、忙しくてPCを触っていませんでした。流れ星、綺麗でしたね!!!

先生さま>みましたよ。第一回目だけですが、NHKのやつ。だけど、あれは小学校の社会科の授業を名目として、商店街を回ってたと思うんです。「情報・環境・福祉・健康(でしたっけ?)」の範囲内ではなさそうです。「ものづくり・調査・研究・発表・討論(でしたっけ?)」あたりですか??また、小学生向けだとか中学生向け、問題校向け・・・多様なプランを持っていたほうがよさそうですね。


総合学習 投稿者:浩@管理人  投稿日:1122()034029

たまごさん、ゆさん>>「総合的な学習の時間」に何をするか。プランを立てるのも一苦労ですね。本格導入を前に学校現場は悩み深いようです。

 ところで、「実際どんなプランがあるのでしょうか」とのことですが、11月17日(土)、18日(日)のNHKスペシャルをみました?

 Nスペでは、横浜市の総合学習の取り組みを紹介していて興味深かったです。よくある「商店街の訪問」ですが、「古くから存続しているお店(老舗)の秘訣を子どもに自ら悟らせる」という切り口でした。再放送するでしょうから、録画忘れないようにしましょう。

 「芝生を植える」のはいいですねえ。実際に、兵庫県では、主婦の方がそうした運動を学校に提案し、実現に向かっているようです。(この件についてご存知の方はカキコください)

 国際理解、環境、健康・福祉などなどと、総合学習で何をするべきかの理念は示されていますが、実際の取り組みは、やはり、そうそう簡単ではないですねえ。新規採用される先生がすばらしい案を職員会議で提示されることを願います。はい。


文集2001−10へ 卒業文集・表紙へ 浩の教室・トップページへ 文集2001−12へ


8ヶ月で孵るたまご 投稿者:たまご  投稿日:1120()221538

 ゆ君、私もまた考えてみます!今は驚くようなおもしろいプランはまだ持ってません。
でも、また考えついたらカキコするねー。

 いよいよ今日から?始まった本格的なアカデミック生活。
ほんと、8ヶ月で孵るたまご目指してがんばります!
先生よろしくおねがいしまーす。


総合的な学習の時間 投稿者:  投稿日:1118()224638

実際、どんなプランがあるでしょうか??今日、ぼ〜っとしながら考えていたんですが・・。エネルギー問題とかって結構みんながやっていそうで・・。それこそ、グランドに芝生をみんなで植えようか!?芝生のつくりから、芝生の環境に対する影響・・そして実際植えて、昼寝をする・・。はあ、そんな事が出来たら面白いだろうなあ。独り言ですみません。どなたか、凄い案を持っていらっしゃるかたは、おられますか!?


いい案ですねえ 投稿者:浩@管理人  投稿日:1115()031123

ゆさん>>そうですねえ、この場をリアルタイムで「討論の場」に、しかも、24時間耐久とか(笑)で、できればいいですねえ。しかし大きな問題が!!カウンタが物語るとおり、参加人数がトホホ。今後の課題といたします。

 それにしても、CGIって、むつかしいね。perlとか、binとか、ひとつひとつがこれまたトホホです〜


HPについて 投稿者:  投稿日:1113()232012

先生さま>毎日かかさず拝見しております。私としては、とってもいいと思います。チャットcgiなんか入れてみてはいかがでしょうか??アカデミーのチャット大会・・・微妙ですか!?

たまごさん>大した事ないですよ。たまごさんファイトです。ファイトファイト!!いや、みなさんもファイト!!!あなたと駆け抜けた青春!


みなさまへ 投稿者:管理人  投稿日:1113()025026

 なんとかこのHPも出発して一月が過ぎました。みなさん、見にきてくださってありがとう。

 ご覧のように、少しずつ手を入れ、見やすいように改善しているつもりです。今後も、コンテンツの充実をはかりつつ、運営に努力したいと思います。

 「この背景は見にくい」とか、「こうしたほうがいいんじゃない」などと、アドバイスありましたら頂きたく、お願いいたします。

       管理人―――


文集2001−10へ 卒業文集・表紙へ 浩の教室・トップページへ 文集2001−12へ


ごめん、りょうさん 投稿者:  投稿日:11 8()050419

りょうさんへ>>大正2(1913)年、東北帝国大学総長であった沢柳政太郎は、京都帝国大学に転じ、学内の心機一転ための人事刷新を行おうとしました。そこで7名の教授に対し、辞表提出を出すよう迫り、免職にしたのです。ここに教育学講座担当教授谷本富(「とめり」と読む)がいました。大学教官が勝手に首をきられるようでは落ち着いて研究などできないでしょう。沢柳事件はそうした大学自治にかかわる問題です。
 ところで、なぜ谷本だったのかということですが、一言でいうと、沢柳は、谷本の「新奇なものをとりいれたがる性格」が嫌いだったからです。新田貴代『沢柳政太郎その生涯と業績』成城学園沢柳研究会発行、昭和46(1971)年に、「沢柳は切実に教育の進歩改造を望んでいたが、彼の目には谷本流の『新』しさは軽佻と映り、単なる無定見なる右往左往としか考えられなかった。すなわち、無定見なるが故に教育の根本義を見失って、社会の風潮や為政者の圧力に動かされる。自己に定見なくして外来思想を輸入することのできた谷本が、時流に迎合的であったのは当然の結果で、沢柳から痛烈に批判されるのは尤もなことと言えよう」とあります。
 今はこれをりょうさんに示すことができるだけです。上の新田論を検討する余地がまだあります。
たまごさん>>おはつです。こんごともよろしくね。


200番乗りおとこ。 投稿者:きむらりょう。  投稿日:11 8()020958

小原国芳の間違いじゃないですよ。京都帝国大学時代の谷本富が総長沢柳政太郎に
七卿落ちみたいな「7教授罷免事件」をくらったやつです。(*+。+*)


たまごの足跡 投稿者:たまご  投稿日:11 7()204543

 木村さんの「神戸校諸君、足跡残せよ!」に触発されて、
初めてカキコします!
 内容が教育的でおもしろいですね!
ゆ君なんか、質問をちゃんと教育史にからめてるあたりさすが!と思いました。
私もそのうち〜!!
では、私も冴えた質問ができるよう日々がんばりまーす(*^_^*)


集団活動 投稿者:  投稿日:11 6()014719

ぼくさん>>はじめまして。内容についてのコメント期待してます。

ゆさん>>確実にいえることは、アメリカの個人主義の源泉がその義務教育にあるということでしょう。集団活動を強制的に行なう学校行事はないのかもしれません。しかし、チームワークを大切にする精神はありますね。冷たそうに見えるけど、相互尊重の精神はあるように思えるんですね。大リーグ・ダイヤモンドバックスのランディ・ジョンソンのコメントを聞いてそんな気がします・・・


ぷよさん有難うございます 投稿者:  投稿日:11 4()190334

ぷよさん、先生>向こうの国はすごく義務教育期間が長いのですね。それからアメリカは儀式的な行事が少ないということになりますね。私としては、「朝の会、終わりの会」は短い時間でしたが、好きだったし、教壇に立った時、大切にしたいと思っています。当然、「日直」なんてないのでしょうね。「自分の事は自分で・・他人のことは他人で・・」いい意味でいうと、責任感が育まれるでしょうが、悪い意味で、なんか冷たい感じがします。
 いや、まてよ、だからアメリカ人は主体性がつよいのでしょうか???どっちが正しいのかな。


文集2001−10へ 卒業文集・表紙へ 浩の教室・トップページへ 文集2001−12へ


あら、身内ばっかり 投稿者:ぼく  投稿日:11 4()081939

絵、きれいですね。PhotoShopで加工ですか。
内容はまたゆっくり読ましていただきます。


みんなカキコありがとう 投稿者:  投稿日:11 4()025920

ぷよさん>>丁寧な解説ありがとう。やはり、実際見聞きしたご意見は力強いです。また教えてください。しかし、入学式・卒業式が合わせて2回しかないとは驚きです。特別活動の「儀式的行事」なんてほぼないわけですね。
うしくんさん>>いやいや、みんな「すねに傷を持つ身」ですよ。教員しながら受験勉強もしてる・・・がんばれ、がんばれ。
りょうくん>>「谷本富は、なんで沢柳政太郎に追放されたんですか?」の「谷本富」は「小原国芳」のまちがいではないですか?再度カキコ頼みます。


>ゆ さん 投稿者:ぷよ  投稿日:11 3()184819

今、アメリカンスクールに通っている子の所に家庭教師に行っているので聞いてみました。(日本人です)
どこまで、アメリカと同じなのかわからないし、又訊かれたことの答えになってないかもしれませんが

1年生から12年生までとりあえず、つながっていて、入学式は1年生の時だけ、
同じく卒業式は12年生の時だけだそうです。
で、学年によって呼び名が変わります。(我々が低学年・高学年と言う感覚らしい?)

1年生〜5年生が プライマリースクール  6年生〜8年生がミドルスクール
9年生〜12年が ハイスクール  その中で特に12年生をシニアクラス と言うこともある

プライマリースクールの間はクラスごとに教室があって、担任の先生がいて、
決められた1つの教室で担任の先生が授業をする。
ミドルになると、核となる教室も先生もなく、授業によってその教室に行く。
ホームルームを持たない代わりに、一人一人にロッカーが与えられる。
ただし、受けるべき授業はほとんど決められている。
ハイになると、選択科目が増え、学力ごとや、科目ごとに教室が分かれる。

 とのことです。 ミドル以上になると、日本の学校の様に「クラス」という観念はなくなるのだそうな。
  思わず、「朝の会とか、担任による面談とかないの?」と訊いてしまった。
  「は!?」という感じらしい。

長くなってしまいましたが、私の教えている子の学校はこうなっているようです。
少しでも参考になったでしょうか


はじめまして 投稿者:うしくん  投稿日:11 3()085629

HPではじめまして。
しかし、講師をやってると、
仕事が終わって勉強する元気は出ませんねえ〜。
過去問のページ見ましたけど、もう忘れてます・・・。


ヤンキース。 投稿者:きむらりょう。  投稿日:11 3()012858

過去問のページおもしろいです。
先生の言葉で書かれてあるから読んで満足できました。
というのは、森有礼に大苦戦したからです。
今日は質問があります。
谷本富は、なんで沢柳政太郎に追放されたんですか?
似たような教育方法を目指しているように見えるのですが。
神戸校諸君、足跡残せよ。「ここ」は「ここ」なんだぜ!


文集2001−10へ 卒業文集・表紙へ 浩の教室・トップページへ 文集2001−12へ


むつかしいなあ 投稿者:  投稿日:11 2()024255

ゆさん>>アメリカの義務教育制度は12年制なので、あなたのいうとおり、中学1年生は7年生に相当します。こうしたアメリカの、身近でありながらわかりにくいことに関して、下記のURLの「生活立ち上げ」が詳しく教えてくださいます。
りょう>>気兼ねなく、遠慮なく、いろいろ書き込んでください。「ここ」は「ここ」です。改まる必要なしです。君のHPのURLカキコしてくださいね。歓迎します。

http://www.yusui.com/index.html


こたえ。 投稿者:きむらりょう  投稿日:11 1()234249

ゆ>一生勉強しろということだろう。
ちょっと先生の掲示板に書き込むのはどう改まるものなのか困ります。
久しぶりに来ましたので、足跡残させてもらいました。
人物のやつ、これからも期待しています。


有難うございます 投稿者:  投稿日:11 1()194357

頑張ります。ところで、先生に質問なのですが、どうして、英語では中学1年生の事を「seventh grade」というんでしょうか?確かに、小学校6年生の次だから、7年生になるのでしょうが、どうして向こうの国では小学校と中学校が一緒になっているのかなぁ。教育史的になにか理由があったりするのでしょうか?私も調べてみようと思いますが、何か知っていらっしゃればご教授下さい。


文集2001−10へ 卒業文集・表紙へ 浩の教室・トップページへ 文集2001−12へ